ギターを始めるにあたり必要な小物とは?

ギターを始めにるあたって必要な小物

ギター小物は何が必要?

ギター本体は当たり前ですが、では他に何がいるのか見ていきましょう!

MEMO
各アイテムで私がレビューしている物は記事のリンクを張っておくのでチェックしてみてください

ギターと一緒に購入した方が良い物 (必須)

チューナー or 音叉

エレキギターの場合はシールドをつなげてチューニングしますが、アコギの場合はそれができません。
そのため、一定の周波数を出す音叉かチューナーが必要です。

音叉


ラ(A)=440ヘルツを合わせることがてきるU字の金属棒

デジタルチューナー


・クリップ式
・カードタイプ
・デジタル画面
・針式
・LED式
・スマートフォンアプリチューナー
楽器チューナー Tuner Lite

ではどれを選ぶ?
本来は音叉を使い、耳に覚えさせた方が後々よいのですが、初心者の方はデジタルチューナーを使った方が私は良いと思います。
クリップ式?カード式どっち?
初心者の方にはクリップ式がオススメかと思います。
ヘッドの先端に取り付けて振動を拾って合わせるタイプなので、周りの音を拾わず合わせるとことができるのが強みです。
カード式のマイクで拾うタイプだと他の人が音を出していると音を拾わないことが多々あるからです。

※スマートフォンをお持ちの方はチューナーアプリが便利
チューナーを忘れた場合や急に必要になった時に使えるのでギターを弾かれる方はダウンロードしておくと良いかと思います。
私は「楽器チューナー Tuner Lite」というアプリを使用していますが、感度もよく良い感じです。

ピック


形、素材、厚み、色、滑り止めありなどかなりの種類があります。

個人的にはオニギリ型で滑り止めが付いているミディアムのピックが使いやすいかと思います。
もちろんこれは完全に好みの問題なので色々試してみてください。

heavyは初心者の方には硬すぎてピッキングしにくいと思うのでオススメしません。

柔らかい(ソフト)は?
ストロークの練習にはなると思いますが、弾くたびペチペチ音がします。
ソロパート、単音弾きする際に弾きにくと思います。
私も最初はソフトが弾きやすく、ストロークが上手くなったような感覚になりました。
しかし、後に音の張りの強さというか、音の芯の弱さのようなものに気づきました。
そのため、最初は弾きにくとは思いますが「ミディアム」をオススメします。

カポタスト


曲のキーを変えるための道具です。
これを使うことでコードを弾きやすくすることもできます。

カポの選び方は自分の好きな形、色、メーカーを選んでください。
どれを使っても変わりません。

厳密に言えば音質は変わりますが、初心者の方はとりあえず好きなものを選んでください。
私のオススメはSHUBBというメーカーです。
SHUBBシャブ(SHUBB)カポタストをレビュー

以上
とりあえずこの3つあれば大抵のことはできます。

あると便利な物

※お金に余裕があれば上記の物と一緒に購入することをオススメします。

ニッパー

弦を交換した際に余分な弦をカットするために使います。
楽器屋にも売っていますが100均のニッパーで十分です。

ストリングワインダー


弦を交換する際にペグ(糸巻き)を回す道具です。
無くても手で回せばいいだけなので必須アイテムではないですが、あればかなり早く弦交換ができます。
物自体は安いので買って損はありません。

ギタースタンド


家でギターを置いておくのに必要ですが無くても大丈夫人によってはギターケースに収納しておく人もいると思います。

ギタークロス


汚れを拭き取ることができるので1枚は持っておきたいアイテムです。
ギタークロスMorris MCC-2(クリーニングクロス)

あとから揃えてもいいもの

※人によって必要、不必要がある物なので自分で見極めて購入してみてください。

メトロノーム


初心者の方にはいらないと思います。
もし欲しい方はアプリのメトロノームを使ってみてください。
無料のもでも十分使えると思います。

ギターケース


ギターによって種類は異なりますが付属してくると思います。
付属しない場合でも後からギター形状を考慮の上購入してもいいかと思います。
ソフトケース、ハードケースあるので自分のスタイルに合わせて購入してください。

ヘッドホン


エレキギター、サイレントギターを購入した方は必要です。
サイレントギターなどはスマートフォンに付いてくるイヤホンでも使用できるのですが、エレキギターはアンプとヘッドホンをつなく場合イヤホンではつなげないので注意してください。

ピン抜き


弦を交換する際にブリッジピンを抜く時に使用するものです。

ストリングワインダーに付いている場合が多いですが、専用のピン抜きの方が圧倒的に使いやすいのであれば便利です。

注意点
ピン抜きはテコの原理を使用して抜くのでギター本体に傷がつく場合があります。
私はMartinのD-28を所有していますが、普通に使用しています。
そこまで神経質ではないし、コレクターではないので!
ブリッジピン抜きブリッジピン抜き

弦(予備)


エレキギター弦だと切れやすいですが、アコースティックギター弦は太いので切れにくいと思います。
切れてから購入してもいいと思います。

※ちなみに初めて購入したギターには弦が張られているはずです。
ギターメーカーによっても搭載弦が異なりますし、楽器屋によっても異なると思います。

次張り替える時は「ELIXIR」というメーカーの弦をオススメします。

MEMO
ELIXIRとは?
他の弦より価格が高いので戸惑いますが、弦がコーティングされているので良い音がかなり長持ちします。
使用頻度にもよりますが通常の弦だと一ヶ月持ちませんが「ELIXIR」は数ヶ月持ちます。
人によっては嫌いという人もいますが、それは後から音がわかってきたら他の色々な弦を試してみるといいと思います。


エリクサー初心者におすすめのアコギ弦とは?

シールド


エレキギター、サイレントギター、エレアコを購入した方は必要です。
種類も豊富で価格もピンキリ!
とりあえず安いシールドで十分だと思います。

ストラップ


立って弾く方は必須です。

タイプも複数あります。
・ギターのヘッドに付ける物
・ギターのネックとボディのジョイント部分に付ける物

エレキギターの場合はストラップピンが必ず付いていますが、アコースティックギターの場合は付いていないことが多いです。

ゆずのお二人のようにギターのヘッドからストラップを付けるのであれば特に改造は必要ないのですが、最近のアーティストはピンを打って使用している方も多いです。

アンプ

エレキギターの方は必須です。
サイレントギター、エレアコの方は大きい音を出したいのであれば購入してください。

ポリッシュ


ギターの汚れを落とす物ですが、特に高級ギターだと塗装を傷めてしまう可能性もあります。

使用する場合は注意が必要です。

ギタークロスで十分汚れは落ちるので始めは無くてもいいと思います。
最初からきちんと管理したい人は以下のポリッシュがオススメです。
ケンスミス/ポリッシュケンスミス/ポリッシュ(Ken Smith Pro Formula Polish)使い方

わからないことあれば気軽に質問ください。
お問い合わせフォーム、TwitterからでもOKです。

2 COMMENTS

zizi

こんばんは

こういう視点で小物、アクセサリーを整理するのって
すごく大変だけど初心者の方にはわかりやすくて良い情報ですよね
音叉・・・
昔は良くこれで膝や頭をコーンって叩いたものでしたw
ギターを再開してからはクリップチューナーを使ってるので
出番はなくなりましたが、まだ引き出しの中で眠っております
でも、ライブとかでさりげなくコーン!するのも
意外にカッコイイ絵面になるかもしれないですね

返信する
もりそう

確かにクリップチューナーは当たり前になっているので、あえて音叉を使った方ができる男に見えるかもしれませんね 笑
やってみようかな 笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です