ギター購入場所の選び方とは?

初心者

ギターはどこで買う?

実際の楽器店

やはり1本目は楽器店に行き、実際に弾いて購入することが大事です。

ギターのタイプは様々です。
店員さんに相談するのがいいでしょう!

予算やどんなジャンルで使いたいかなど伝えると親切に教えてくれるはずです。

弾きにくい場合は弦高など弾きやすいように調整してくれます。

有名店

大都市に限りますが、ギターをやっている人は絶対知っている有名店が良いです。

やはり何と言っても扱っているブランドや本数が違いますし、専門知識を持った店員さんが対応してくれます。

楽器店によっても強みのブランドがあるので、選択肢が大幅に増えますし、店舗が複数ある所の方が競合店の価格争いで少し安く手に入るかもしれません。

全国チェーン店

私が住んでいる山形県の田舎だと楽器店が限られます。

イオンの中にある島村楽器になるかと思います。

島村楽器で扱っているのはMartin、Gibson、Taylor、YAMAHAなどアコギブランドの定番は置いてます。

ただいわゆる定番機種を5本程度しか置いていない場合な多いです。

その理由としては島村楽器のオリジナル「history」というブランドがあるからです。

こちらはソロギターしらべでおなじみの南澤大介さんが使用しているブランドの1つです。

ヴィンテージショップ

御茶ノ水などにあるヴィンテージを多く扱っているお店は初心者にはオススメしません。

いわゆる高級ギターが多いので、これからギターを始める方はやめておきましょう。

リサイクルショップ

価格は安いですが、自分の気に入ったものを探すのは難しいと思います。

担当者はある程度の知識かと思います。
管理が雑の場合が多いので避けたほうが無難です。

通販

初心者の方がネット購入するのはオススメしません。

理由としては、ギターのボデイサイズ、ボデイカラー、重さ、ネックの太さ、音の響きがわからないからです。

また店によっては調整がなっておらず、弦高が高すぎて弾きにくい場合やネックが反っている場合があります。

初心者の方はこれが普通なんだと認識し練習します。

しかし弾いているうちに弾きづらく練習が嫌になるはずです。
そんなトラブルがあることも覚えておきましょう。

通販はセット物が充実しており、チューナー・ケース・ワインダー・スタンド・カポタストなど様々付いてお得ですが後から揃えても問題ありません。

まずはギター本体を真剣に選びましょう!

例外

私のように山形県の田舎に住んでいる人で好きなアーティストと同じモデルが欲しいという方もいるはずです。
(ちょっとマニアックなモデルとか)

特に田舎になればアーティストモデルを扱っている楽器というのはあまりないです。
そういう場合はネットの力をフルに使いましょう!

ただし、購入時は自分が初心者であるのとを伝えた方がいいでしょう。

オークション・フリマ

確かに価格は安いです。
しかし初心者にはオススメしません。

個人が出品しているものは状態がわかりません。

説明書きがあっても実際届いてみないとわからないからです。

最後に

個人的には初心者の方は実際の楽器店で購入するのが間違いなくオススメです。

できればギターを弾く友達や知り合いに付き合ってもらえれば尚良いかと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です