音楽サイト「音マグ」に記事を寄稿しました。▶︎

初心者にオススメ弦とは?

初心者にオススメ弦

初心者にオススメの弦について

はじめに

初心者の方は弦を交換する際にどのメーカー、種類、太さにするか迷う方が多いと思います。

今回は弦について書いてみようと思います。

ポイント
弦はギターと同じで完全に好みの問題です。
とりあえず今回は私の1つの考え方として見てもらえればと思います。

結論

はじめに

YAMAHAギターにはYAMAHA弦
MartinギターにはMartin弦
GibsonギターにはGibson弦
という決まりありません!

自分の好きな組み合わせでOKです!

まずはこれが大前提であることを覚えておきましょう!

今回は最初に結論出します。

私が初心者の方にオススメするメーカーはElixir(エリクサー)です。

知らない方もいると思いますので簡単に説明しますね!

エリクサー弦はGORE社が発売した世界初のコーティング弦です。

コーティング弦の知名度、評価、愛用者シェアNo.1と言っても過言ではありません。

なぜ他のメーカーでもコーティング弦があるのにエリクサーなのかというと、コーティング弦の中でも弦の持ちがものすごく良いからです。

コーティング技術

弦が劣化する原因
そもそも劣化する原因はギターを弾いていくうちに巻き弦の隙間に汗や汚れが溜まっていくからです。

それを防ぐために弦の周りを丸ごとコーティングかけたのがエリクサー弦です。

ポイント
実は丸ごとコーティングする技術はエリクサーが特許を取得しているため、他のメーカーは使えないのです。

そのため、MartinやD’Addarioが出しているコーティング弦とは作りが違うことになります。
弦の構造上、巻線と巻線の間に隙間ができますが、この隙間を含め弦全体を覆ったのがエリクサーです。
他のメーカーは巻線のみにしかコーティングかけてないので隙間は覆われていません。

※ちょっと難しいので興味ある方はエリクサーのHPを見てみてください。
参考 エリクサーについてElixir® Strings: エリクサーストリングス ホームページ

使用感


コードチェンジなどに出るフィンガリングノイズ(キュッキュッというやつ)が少ない。

音がこもっているといわれますが、初心者の方はわからないと思います

価格と経済的

エリクサー弦は種類があり平均すると1400円〜1800円で購入できます。
※ネットの価格です。

実店舗になると2000円近くで販売しています。

高いと感じる
初心者の方は思うはずです!
高っ!
私も最初はそう思いました。
ギターを初めた学生の頃はお金もなかったので、とりあえず安い弦を購入していました。
S.yairiの弦(300円程度)ばかり使用していました。
安い弦はもちろんコーティングがなっていないので弦を張った瞬間から劣化が始まります。
夏場など汗をかく季節になればより劣化の進みは早いです。
コスパ
私は考えました。
では安い弦をたくさん購入し、弦交換の頻度をあげればいいのでは?
しかしこれはコスパが悪いことに気付きました。
①弦は劣化するのが早い
②弦交換の頻度が高くなる
(交換の時間ロス)
③また弦を購入する。
例えばですがエリクサー1500円の弦を購入したとします。

半年使えば一ヶ月あたり250円になります。
実はものすごく経済的で気持ちよく弾ける時間が長いのです。(あくまで極論ですが…)

※今回は初心者向けのに書いているので、ライブする人はまだいないと思いますが、1ヶ月の間に何度もライブする人、頻繁に弦を交換する人は逆に非経済的です

弦交換の時間ロス

初心者の方は弦交換になれていないのでかなりの時間がかかるはずです。

私はパパッとできますがそれでもめんどくさい…

だったら良い音が持続するエリクサーを張って弦交換回数を減らしたです。

私はたまにしか弾かないギターは全てエリクサーを張っています。

弾く頻度にもよりますが、1年くらい張りっぱなしですが弦は滑りますし音の劣化も少ない。

Polyweb or Nanowebどっちを選ぶ?

エリクサー弦は基本2種類
※正確にはエレキ弦にOptiwebがありますが今回は飛ばします。

結論:ナノウェブがオススメ!

ポリウエブ

コーティングが厚いのでナノウェブより音にこもりがありますが、暖かみのあるサウンド傾向です。

ナノウェブ

ポリウェブが発売された後に開発された弦です。

ポリウェブはコーティングが厚いこともあり、本当のギターファンには広まらなかったのかもしれません。

しかしコーティングの厚みを1/3にしたナノウェブはものすごく薄いコーティングなのでコーティングされていない弦に近いです。

この弦のおかげでエリクサーは爆発的に売れはじめたんだと思います。

ブロンズ or フォスファーブロンズどっちを選ぶ?


結論:演奏スタイルに合わせて選ぶ!

ブロンズ

銅、亜鉛、すずの合金です。
弦の見た目はキレイなゴールド色です。
サスティーンが短くストローク系(弾き語り)にオススメです。

フォスファーブロンズ

上の素材にリンが加わったもの。
弦の見た目はゴールドに少し赤みがかった色です。
高域性が強くサスティーンも良い!
煌びやかなサウンドになります。
ソロギター(インスト)にオススメです。
価格はブロンズより少し高くなります。

太さ(ゲージ)はどれを選ぶ?


ヘビー、ミディアム、ライト、カスタムライト、エクストラライトという種類があります。

※メーカーによって若干太さの表記が異なる場合があります。

ライト、カスタム、エクストラ

個人的にはライトが好きです。

太すぎず、細すぎず1番扱いやすいと思います。

私がギターを始め頃はエクストラライトを使用していました。

やはり細いので弾きやすいです。

しかし弾き込んでいくうちに音量の少なさ、パワーの弱さが物足りなくなってきます。

ギターが弾けるようになると必ず感じると思います。

そのため、初心者の方には始めからライトをオススメします。

もしくはその下のカスタムライトです。

ヘビーとミディアムは?

ライトより太くなるので扱いにくです。

メリットは音量が増える、音が太くなるなどありますが、逆にギター本体への負担も増すので初心者の方にはオススメしません。

ギターがある程度弾けるようになり、ギターの音が細いからそれを補うために使ってみようかなと試してみるのは良いかと思いますが、ギターは基本ライトゲージが推奨になっているはずです。

自分のギターのメーカーのHPでスペックを確認してみてください。

ちなみに私が知っているYAMAHAのFG−350という昔のギターがあるのですが、当時のカタログ上にヘビーゲージ仕様とあります。
ギター自体が頑丈に作られているものもあります。

最後に

以上のことを踏まえ導き出したのは以下の2つです。

  • PHOSPHOR BRONZE NANOWEB LIGHT
  • BRONZE NANOWEB LIGHT

共通するのはナノウェブでライトゲージということ。

注意
弦の箱(パッケージ)がほぼ同じなので購入する際はきちんと確認してください。

今回は初心者の方にオススメということで、迷わないように1つのメーカーに絞りました。

金銭面もあるとは思いますが色々な弦を試した方がいいです。

自分の好きなメーカー、太さ、感触を探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です