Maton Capo(MC001)

Matonカポ

購入理由

このカポはワタナベ楽器京都本店 2019年福袋に入っていたカポタストです。

正直、ネット上でも使用している方、レビューしている方がいなかったので自分から購入しようとは思っていませんでした。

やはりカポと言えばShubb、Kyser、Victorあたりがド定番なのでそちらを購入する方が多いと思います。

ネット上というかTwitter上の方が使用している人がいます。
私のフォロワーさんの中にもMatonが好きな方が多いです。

今回、手にして改めて調べてみたのですが、どこの楽器店の商品説明を見ても
“メイトンギターのネックに合わせて設計されているのが特徴”
というコメントがほとんどです。
むしろこれ以外のコメントが見つからない。

そのため今回は私が実際に使用した感想を書いてみよう思います。
興味がある方は参考にしてみてください。

Maton(メイトン)とは?
1946年に設立したオーストラリアのギターブランド。
ソロギタリストTommy Emmauelが使用していることで有名!
インスト音楽によく使われています。
使用ギタリスト
・西山隆行さん
・秦基博さん
・井草聖二さん
・龍藏さん
参考 Maton Guitars株式会社エースケー

仕様

Matonオリジナルのカポ
重さ:80g
上記にも書きましたがもう一度書きます。
“Matonギターのネックに合わせて設計されているのが特徴”

もちろん他のメーカーにも使えます。
今回は私が所有しているギター何本かに付けてみました。

・Gibson SJ-45 Deluxe
・Martin D-28 Custom
・YAMAHA FG-730ST

どれも問題なくハマります。

しかし、ネックの太さ、形状によっては多少スペースが生まれるようです。
もちろん問題は全然ありませんが、Matonギターだと完璧にフィットするのかもしれません。
私自身Matonは所有していないので確認できませんでした。

価格

平均相場は3000円前後
他の一般的に有名所のカポとそれほど変わらないです。
ネットだから安いということもないようです。
どこで購入してもこの価格帯のようです。

カラー

カラーはブラッククローム
(Matonのロゴマーク入り)

使用感

サウンド

重さがあるので低音が出るような気がします。
音がこもる感じもありません。
ただ他のカポと比べましたが劇的に音がかわるということはないと思いました。

たぶん私の経験不足もあるとは思いますが…
もし自分の所有するギターでもう少し低音欲しいなぁと思ったら使ってみるのも良いかと思います。

カポを使わない曲でもヘッドに取り付けておくことで先端が重くなり、音が変わるかもしれません。

付け心地

※ネジ式ではないので締め付け具合の微調整はできません。

重さ

とにかく重い!
私が所有するカポの中でも一番重いと思います。
そのため取り付けるとズッシリ重量を感じると思います。
私の場合、ローコードのB7など押さえるとどうしてもカポに触れてしまい、カポの種類によってはズレてしまうことがあります。
しかしMatonカポはそんな心配もありません。
これは個人的に良いポイント!

デザイン

とにかく見た目がカッコいい!
締め付け具合も強いのでいい感じです。

ギターを持った際にどうしてもカポの存在感(飛び出た部分)が視野に入ってくる。
個人的にどうしても気になってしまう…

バネの強さ

ここがポイント!
カポを使うときに洗濯バサミのように挟んで取付け締めますが、バネが強すぎる。
親指の腹部分で押しただけでは男性でも力が必要。
多分、女性やお子さんの力ではちょっと大変かもしれません。
そのため親指の付け根部分を使い取り付ける必要があります。

ヘッドに取り付け

上記でバネの強さに付いて書きましたが、そのことからヘッドに取付けた状態から指板に持ってきて演奏中に取り付けることは厳しい。
(転調する場合など)
出来なくはないですが、力が必要な分どうしても演奏よりカポに意識が飛んでしまう。

類似カポ

似ているのはKyserカポに近いかと思いますが、締め付け具合、重さなど考えると全くの別物でした。
個人的には取り扱いを考えるとKyserの方が万人受けすると思いました。


以前、Kyserカポについて書いた記事があるので参考にしてみてください。
カイザーカポKYSER KG6(カイザーカポ)

最後に

使った感想はとても良いカポだと思います。
固定の強さの安心感!
なにより見た目がメチャメチャカッコいい!

Matonギターをお持ちの方は是非手にしてほしいです。
というか「言われなくても買うわ!」と言われそうですが(笑)

Matonギター”を持っていない方でもオススメできます!
ただ上記に書いた“重さ”と“バネの強さ”だけ覚えておいてください。

残念な点?

強いて上げるなら、新品で開封したばかりなのにカポ自体に汚れ?
のような物が確認できる。
下の画像でも確認できますが表面が汚いのがわかります。
これはちょっと残念…

まぁ私は気にしません。
もちろん全ての製品がこのような事象があるとは言えませんが一応こういうこともあるようです。

今回、ワタナベ楽器京都本店の福袋の中に入っていたカポを紹介しました。
こういう機会がなければ手にすることはなかったと思います。
これをチョイスしてくれたスタッフさんに感謝です。
ワタナベ楽器福袋ワタナベ楽器京都本店福袋(2019年)
以上、Matonのカポレビューでした。
参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です