NS Capo Lite(PW-CP-07)

NSliteカポ

NS Capo Liteとは?

購入理由

サウンドハウスの「カポタスト」ページを開くと必ず1番最初に出てくるのがこれだったので興味がありました。

サウンドハウスで見る

正直、欲しくて購入したというよりはサウンドハウスのポイントがあったので試したく購入してみました。

仕様

スペック

素材:ABS樹脂製
ネジ込み式
ネットの写真で見ると黒で光沢があったので、安い割には高級感あるんじゃない?
と思いましたが、実物は値段相当の質感でした。
それほど光沢はなかった…
ただ写真で想像したよりはるかに軽かった
「超軽量」という言葉に嘘はなかったです。

MEMO
ABS樹脂とは?
・アクリロニトル
・ブタジエン
・スチレン
という3つの原料の略のようです。

弾力があることで曲げに強く、割れにくいので衝撃にも強いプラスチック。
身近な物だと学校で使用するリコーダーや車のエアロパーツに使われる素材のようです。

価格

ネットの最安値だと1000円前後で購入できます。
カポの中では比較的安い分類に入ると思います。

ポイント
これからギターを始める方やあまり機材にはお金をかけたくないという人にはオススメかと思います。
コストパフォーマンスは高いです!

使用感

付け心地

ヌルヌル

付けてるのがわからないくら軽いのでヘッド側が重く感じない。
そのため演奏性には優れていると思います。

ネジが大きく、かなり滑らかに回るので回しやすいです。

言葉で表現するのは難しいですがあえて言うなら「ヌルヌル」でしょうか?
見た目も小さく黒色なので目立ちにくいカポでもあります。

ヘッドには取り付け不可

弾き語りをする人はカポを使用しないときはギター先端のヘッドに取り付ける方も多いと思います。

しかし、この「NS Capo Lite」は取り付けできません。
画像を確認してみてください。

ヘッドにしっかりと固定されているように見えますがただ「乗っているだけ」です。

ギターとカポの設置部分は画像のマルを付けた所だけなので固定が甘いのがわかります。

ギターを横に向けただけで落ちます…
ネジの締め付けを一番キツくしてもダメでした。

※ギターのヘッドの厚みによっても違うのかもしれません。

もしライブでカポを多用するのであればKyzerやMatonタイプを使った方が良いと思いました。
カイザーカポKYSER KG6(カイザーカポ)MatonカポMaton Capo(MC001)

サウンド

私が所有するカポの中ではゴムの部分が硬い分類に入ると思います。
またカポの本体が軽いということでサウンドに重みがないように感じました。

他のネジ式カポと比較

他のねじ式カポで代表的に上げられるのが「Victor Capo」です。
ビクターカポJIM DUNLOP Victor Capo
2つを比べてみます。

重さ

圧倒的に違いがあります。

NS Capoは超軽量
Victor Capoは重厚

締め付け具合


使用してわかったのはNS Capoの方がねじを回す回数が多いということ。

ポイント
Victor Capoで3回まわして締まるところ、
NS Capoは9回まわさないと締まらなかった。

約3倍回さないと締まらないようでした。

逆に言えば締め付け具合をかなり微調整できます。

しかし、私はそこまで圧にこだわりがなく、むしろ早くカポを付けてギターを弾きたいので私には合ってないのかもしれません。

そのため、Victorの方がスピーディな取り回しが可能かと思います。

カラーについて

NS Capo Liteは黒のみ
Victor Capoは金のみ
好みで分かれますが黒の方がかっこいいように思えます。
Victorの金色が光すぎて目立ちすぎます。
ただ色が落ちつくといい感じにカッコイイと思います。

最後に

個人的には使用頻度は高くありません。

やはりVictor、Shubb、Kyzerを使ってしまいます。

ですがギターケースに1つ入れておくと安心かもしれません。
「無くしても良いカポ」
言葉に語弊があるかもしれませんが、上記の3つのカポから比べれば価格も安いので無くしてもまだ気が楽です。

ポイント
品質は他のカポと比べても引けを取らない。

コスパは良いと思います。

以上
NS Capo Liteの紹介でした。
気になった方は是非チェックして見てください。

2 COMMENTS

zizi

こんにちは!
SHのポイントってありがたいですけど、有効期間が短いので焦ってしまうのが玉に瑕ですねw

NSカポは3個使ってますが、確認したところLITEは無いみたいでした
でもパッケージから出すともう見分けがつかなくって、確実なところはわからないです(笑)
ちなみにNSカポProの重量は22~23gでしたw

カポって音の違いは確かにあると思うのですが、カポの特性なのか指板材の影響も受けているのか今ひとつわからないのと、違いそのものも結構微妙ということもあって、自分の中でも上手く整理できていないというのが正直なところです
ただ、構造的&物理的に考えてカポの押弦部の幅が狭いほど、指板への追従度が高いほど音程変化の度合いが小さいだろうということで、ペイジカポ、エリオットカポ、シャブファインチューンカポのような形態が望ましいのではと考えてますが、エリオットやファインチューンはよう買わずw、ペイジカポを比較的多用しています

でもNSカポも脱着しやすいく、音も変に感じたこともないので良いカポだと思います
ギターケースやポーチに入れておくには極上のカポじゃないでしょうか

返信する
もりそう

ziziさん
いつもありがとうございます。
NSカポ3つも持ってるんですか!?
実はProも試してみたいと思っていた所でした。
ただ、liteとどこまで違うのかわからず保留のままです。

正直、私もそこまで違いがわかる方ではありません。
しかし、以前エリオットを試したことあったのですがあれは他とは違うと感じました。
カポを付けているのに付けていなようなクリア感がありました。
なんとか今後手に入れたいと考えている所です。
問題は値段だけです…

ペイジカポは試したことないですね…
ネットで見ても意外と使っている人って少ないのはないでしょうか?
ziziさんが使用しているなら、これは購入してみる価値ありそうですね。
新たなネタありがとうございます(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です