ギタースタンド(CLASSIC PRO GST7)

ギタースタンド

複数のギターを置けるスタンド紹介

購入理由

以前までは各ギター1本につき1つのスタンドを使用していました。
※「ZENN GS1」というギタースタンド
ギタースタンドギタースタンド(ZENN GS1)
しかしギターの本数が増え、部屋の面積をかなり取るようになったので何本もまとめて置けるタイプを購入しました。

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

仕様

サイズ:87.5(W)×41(D)×75(H)
エレキギターは7本収納可能
アコースティックギターは4本収納可能
価格は3980円(税別)

使用感

開封

まずサイズ感ですが届いて意外と箱薄いなと思いました。

開封してみるとコンパクトに折りたたまっていました。
箱から出して確認すると、立てる部分を起こすだけなので組み立ての必要はありませんでした。

下の根元部に六角ネジがあったので、付属品の六角レンチで締めてみましたが完全には固定ならないようです。
力を入れれば前に倒せますが、通常時に勝手に倒れてくる心配はないと思います。

本体重力もそれなりあるので、安っぽさは感じません。

脚の部分には滑り止めのような物が付いているので、滑り止め効果もあり、フローリングにも傷つきにくと思います。

実際にギターを置いてみる

ポイント
エレキギターは仕切りに対して1本置けますが、アコースティックギターはボディ幅があるので仕切りを1つ開けないと隣のギターに接触して置けません。

また、ギターを置く角度を緩くしないと安定しませんでした。

結果、ギタースタンド自体からギターヘッドが飛び出すためギタースタンド自体を壁から少し離して設置しないとギターのヘッド部分が壁に接触します。

良かった点

一カ所にギターをまとめて置けるので見た目も、場所もスッキリして良い!

以前までは各スタンドが前後に設置してあることで、後ろに置いてあるギターを取るとき、前後左右のギターに当ててしまうことも多々ありました。

今回のスタンドも完全に当たらないわけではありませんが多少は解消できると思います。

残念な点

残念な点は特にありません。

あえて言うならば、ギター本体が横に向くため見た目が業務用?
うまく説明できませんが、ディスプレイ感はなくなります。
今までだとギターが正面を向いていたためギターが並ぶと良い眺めというか、見てるだけで満足感がありました。
それが無くなったくらいでしょうか。

注意点

ギターのネックを支える部分、ボディ下の置く部分の素材の問題上、ラッカー塗装のギターを置く場合はクロスなどを敷いた方が良さそうです。

ネックを支えている部分にストッパーがないので地震などによっては前に倒れてくる可能性があります。

そのため私は常に出しているギターを置くことにしています。

高級ギターを常時置くのは危険かもしれません。
ギターの置く場所によって隣のギターに接触する場合があります。

ネック部をギタースタンドの中心、左右に置く位置によって変わるというよりは、ボディ下部の置く位置によって接触するかどうか決まることがわかりました。
解決策は置く際に自分で気を付けるしかないようです。

最後に

購入する価値あり

設置前

設置後

写ってるギター本数は違いますがかなりスッキリしました。

ギターをたくさん所有しており、常に出しっぱなしにしているギターが多い方におススメです。

常にギターケースに収納してしる方はその都度ギタースタンドに置けばいいので不要かと思います。

コストパフォーマンスですが、3980円(税別)÷4本(アコギの場合)=1本あたり995円(税別)になります。

今まで使用していた「ZENN GS1」が680円(税別)なのでそれに比べれば割高になりますね。
しかし部屋の面積が少し広くなるので結果購入して良かったです。

他機種

今回購入した兄弟分もあります。

GTS3
・エレキギター3本収納
・アコースティックギター2本収納

サウンドハウスで見る

GTS4
・エレキギター4本収納
・アコースティックギター3本収納

サウンドハウスで見る


気になる方はチェックしてみてくさい。
注意
GTS4はメーカー説明にはアコギ3本とありますが、実際はアコギの幅によっては設置は難しいようです。
実際に検証してみました。

かなりギリギリなのがわかります。
この幅だとギターを取る際にぶつかる可能性大です。
購入される方は覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です