無印良品「自立収納できるキャリーケース」

無印良品キャリーケース

無印良品のキャリーケースとは?

購入理由

最近、無印良品にハマっているのですが、店舗に行った際にこれは使えそうと思い購入してみました。

仕様

サイズ:A4サイズ 縦28(持ち手含)×横33×厚さ7
素材:ポリプロピレン
カラー:半透明とホワイトグレーの2種類
価格:約900円

使用感

素材と機能面

注意
プラスチックなので落とすと割れると思います。
内部はクッション性がないので精密機械を入れるのはやめた方が無難です。
内蓋を外すこともできます。
入れる物・用途によって使い分けできます。


ケース内部には点々が付いています。

これは何かというと別売りのトレーを入れて使用する場合ズレにくくする効果があります。
※完全に固定化される訳ではありません。

別売りのトレー

これを使うことでより細かなアイテムを整理整頓することができます。

今回は3種類のトレーを買ってみました。

このケース用の専用トレーではないため完全にフィットしません。
画像のように若干の隙間ができてしまいます。

このスペースがもったいない…

しかし先ほど紹介した「点々」の効果によりトレーが動くことはあまりないようでした。

使い方


今回は記事を書くためとりあえずビシッと入れました。
私の使用方法としては2つです。

外に持ち出す

友達とギターで遊ぶ時に小物を持ち出すときのバックとして使用しています。
カポ、チューナー、クロスなど
このバックに必要アイテムがほぼ入るので遊びに行くときやライブに行くときはこれ一つにまとめていけるのが良い点かと思います。

保管・整理

ギター小物増えたり、使わなくてなった物を保管しています。

残念な点

・意外と入る量は少ない
本など入れるとすぐいっぱいになってしまいます。
内部にトレー入れると尚更収納容量は減ります。

・閉める固定部がちょっと心配


少し頼りたい作りなので何度も開け閉めするといつ壊れるんだろと不安になってします。

ただ価格と素材を考えればこんなもんだと思います。

最後に


今回使ってみてなかなか良いアイテムだと思います。

ポイント
私は完全にギターアイテムを運んだり、保管したりだけで使用していますが、他にも使い方はたくさんあると思います。

文房具、資料などを収納するのが一般的な使い方になるのではないでしょうか?

最初にも書きましたがクッション性がないので壊れ物は入れないのが無難です。

以上、無印良品の自立キャリーケースでした。

気になった方はチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です