これ1つで弦交換が完結する道具【時間短縮】

ワインダー・カッター・ピン抜き

これ1つで弦交換が完結する道具【時間短縮】

PRO WINDER/CUTTERとは?


PLANET WAVEES「PRO WINDER/CUTTER 」は弦交換時に役に立つアイテムが複数備わった便利アイテムです。

3つの機能

・ワインダー(ペグを回す)
・ピン抜き(弦を押さえてるピンを抜く)
・カッター(張替え後に余った弦を切る)

道具は必要ないという考え

弦を交換するときに最低限必要な物は”弦”です。

次に必要な物は”ニッパー”です。
新しい弦の先端が遊んでしまうので目に入ると危ないですからね。
しかし、これも弦先を丸めてしまえば必要ありません。

このように”弦”さえあれば弦交換は成立します。

道具を使うことで苦が減る

上記の通り道具なんて必要ないうという考えの人もいます。

しかし道具1つを使うことで弦交換の”めんどくささ”が減り手間が一気に楽になります。

なぜ弦交換がめんどくさいと感じるのか?

  • 弦を外すのがめんどくさい
  • ペグを回すのがめんどくさい
  • 弦の後処理がめんどくさい

道具を使うことで時間短縮

私の場合は弦交換の時間は”もったいない時間”と考えています。

もちろん弦交換のタイミングでボディの清掃や指板の保湿をやったりはしますが、できれば少しでも早く終わして曲の練習をしたと考えるからです。

ポイント
特に社会人になり、結婚し、子供ができると自由時間というのがかなり貴重になります。

そのため少しでも”ギターを弾く時間”を作りたいからです。

PRO WINDER/CUTTERの基本情報

素材と価格

素材:プラスチック
価格:1000〜2000円
アイテム材質がプラスチック製(カッター部分は除く)なのですごく軽いので持ち運びには向いています。

価格は実店舗とネットショップではだいぶ価格差があるようです。

私が確認したのはある楽器屋に行ったときに2000円近くで販売していました。
反対にネットショップ(サウンドハウス)だと1000円前後で販売されいます。

ギターのアイテムは物によっては実店舗とネットショップでほぼ価格差がない物もあります。

この差はなんなんでしょう…

実際に使ってみましょう

ストリングスワインダー機能


使う前にペグのハマる部分を見てみました。

画像で確認できるように十字に溝があります。

ペグの種類によってサイズが違いますが溝が大きい所しか使えません。

MEMO
私が所有するYAMAHAのFG−180はペグが小さい部類に入るので試してみました。
※画像はありません

ハマるにはハマるのですが力を入れて押し込むような感じになるので、十字に溝がありますが、ほぼ使える溝は太い所だけのようです。

実際に回してみる。

ここで普段使っているワインダーと違う所に気づきました。

画像の丸が付いている所を見てください。

普段使っているワインダー(青色)を見るとペグが完全にワインダーの溝内に隠れます。

今回紹介しているPRO WINDER/CUTTER(黒)を見るとペグの入りが浅いのがわかります。

ではこの入りが違うと何が起こるか?

入りが浅いことで、隣合うペグと持ち手部分との距離ができるため回した時に接触しなくなります。

※ペグの位置、ペグのサイズ、ワインダーの種類によっても異なるので必ず接触するとは限りません。

ポイント
安物ワインダーよりは持ち手の部分がカッター部とピン抜き部があるため握り心地は良いとは言えません。

ブリッジピン抜き機能

私が所有しているブリッジピン抜きの「Bridge Pin Puller」と同じタイプ
ブリッジピン抜きブリッジピン抜き

ピンを挟む所の形状はほぼ同じです。

以下の部分だけが違います。
※白い線で距離をわかりやすくしてみました。

今回紹介しているPRO WINDER/CUTTERは白い線が短い方になります。

この厚みが違うと何が起こるのか?

それはピンを抜くとにきちょっと力を入れるとピンが溝にハマる前にすり抜けてしまう。
※言葉足らずでわかりにいかもしれません。

ポイント
写真のように広げて使うとピン抜きの逆に付いているワインダー部分がボディトップに当たる。
かと言って閉じた状態ではピン抜きが機能しなくなるのでこれもダメ…
以上のことを考えるとピン抜きは使いにくいと感じました。

カッター機能

カッターの刃の部分は鋭利ではなく、「弦を折り曲げてカット」するタイプのようです。

そのため刃こぼれはしないのでは?
※今後、使用して観察していきます。

ポイント
ニッパーとは違い、バネがないので多少の不便さは感じますが、ワインダーの役割も考えると仕方ないのかもしれません。

逆にバネがあると常に開きっぱなしでペグが回しにくくなりますからね。
一応、そういう事も考えられているのだと思います。

最後に

この記事を書いて気付いたのは各部分の「ポイント」で良い所を言っていない…

その理由はやはり3つを1つに集約したアイテムなので個別の専用アイテムよりは使い心地が劣るような感覚があるからだと思います。

ですがとりあえずこの3つの機能があれば全てが完結します。

まとめ
個人的には外出先に持って行きたいですね。
出来るだけ細かいゴチャゴチャしたアイテムは自宅に置いて行きたいからです。
細かい物だとどこかに忘れてきたりすることがありますからね。
自宅では各個別のアイテムでもいいのかなと思ってしまいますが、価格も1000円前後なので1つ持っておくと便利なのではないでしょうか。
※実店舗によっては2000円前後で販売している所もあるので各店舗で確認してください。

2 COMMENTS

zizi

はい、栓抜きピンプラー仲間ですw

このようなワインダーってやっぱり常用と言うより
お出かけセットに馴染みますね
弦切れはいつどこで起こるかわからないし
そんなとき、これ一つあれば3役こなすしとっても省スペース
持ってて損はないと思います

返信する
もりそう

栓抜きピンプラー仲間(笑)

省スペースってのが良いですよね。
あとカッターが鋭利タイプではないのに、切れ味が良く驚きました。今使ってるニッパーは刃こぼれしたやつだったので尚更切れ味を感じました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です