楽譜収納術

楽譜収納

楽譜収納方法とは?

はじめに

データ化

皆さんはギターを練習するとき楽譜はどうしてますか?

  • 一般に市販されている楽譜を使う
  • ネット上でダウンロード販売している物を使う
  • ネット上の無料のうた本やTABを使う

人それぞれだと思います。

さらにここから分かれます。

ネット上からダウンロードした楽譜をデータで扱うか紙に印刷するかです。

現在は楽譜をデータ化してタブレットなどに入れて持ち運ぶ人や練習する人が多いのではないでしょうか?

私の場合

以前まではiPadに楽譜のデータを入れてギター練習していました。
(ネット上からダウンロードした物に限り)

やはり楽譜を何冊も持ち運ぶのは大変ですし、練習したい曲だけまとめたかったからです。

しかも、練習曲(音源)まで入れられるのでiPad持って行けばどこでも練習できるメリットがありました。

しかし私の持っているiPad airはそれほど画面サイズが大きくないので長時間使用していると目が疲れて来ます。

iPad Proの大きなサイズだと別かもしれませんが…
いや、サイズというよりはディスプレイの光の問題かもしれません。

そこで私には楽譜のデータ化は向かないと思い、楽譜は全て紙ベースで扱うことにしました。

レイメイ藤井 Brosビジネスシリーズ

購入理由

楽譜を収納するファイルをずっと探していました。

最初は100均の安いやつでもいいかと思いましたが、どうせ買うなら見た目がいいやつだと思いネットで探して購入しました。

なぜこのタイプにしたかというとファイリングした物に追加したり、抜いたり、順番を変えるのが簡単なのでこれにしました。

仕様

規格:A4サイズ 30穴
サイズ:W245×H320×D30mm
収容枚数:90〜110枚
素材:PVC=塩化ビニール=合成皮革
価格:A4サイズで2000円前後

他にもサイズ・カラーがあるので気になる方はチェックしてみてください。

使用感

合皮ですが安物のプラスチック製よりは触り心地はいい感じです。

ファイル自体を曲げてしまうと合皮に跡が付いてしまうので取り扱いは気を付けた方がいいかもしれませんが、本革ではないので気軽に使って大丈夫かと思います。

見た目も安っぽく見えないので私のように趣味で使うのも良いですし、学校や仕事でも使えるクオリティかと思います。

maruman L460F

クリアポケット

バインダー内に入れるクリアポケットです。

指紋や汚れが付きにくく、表面がザラザラ(オレンジピール肌)しているのでシート同士がはりつくこともなく、めくりやすいのが特徴です。

反射しにくいので楽譜を入れるには最適かと思い購入しました。

注意
写真などカラーの物は鮮やかには見えないので資料に使うのが良いかと思います
ポイント
今回購入したのは厚みがありしっかりした印象です。
100均にもクリアポケットリーフは売っているのですが、やはりペラペラです。
価格も50枚で800〜1000円くらいするのでなかなかいい値段しますがオススメです。

最後に

購入して失敗した点

上記の写真でも確認できるのですが、A4のファイルにA4のクリアポケットリーフを入れるとこうなります…

完全に失敗です…
ここまで考えていませんでした。

A4のファイルにA4の普通紙のリーフを収納するには問題ないのですが、ポケットリーフ自体のサイズが少し大きいのではみ出します

何事にもサイズを確認するのは大切だと改めて感じました。

面倒くさがりの人にはできない

楽譜をファイリングするために、欲しい楽譜をコピーしなければなりません。

ネットでダウンロード購入したものはそれほど苦ではないのですが、すでに持っている楽譜集から1ページ1ページコピーするのは意外とめんどくさい。

かと言って破いて入れるわけにはいきませんからね。
そういう作業が苦でない方にはオススメのやり方です。
この収納ファイルがあることでギター練習がいい感じになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です