アコースティックギター内部の清掃方法を解説

アコースティックギター内部の清掃方法を解説

はじめに

今回はエレコムの除電ブラシを紹介します。

本来はパソコンやテレビなどのディスプレイを清掃するアイテムになります。

しかし、今回はアコースティックギターの内部を清掃するアイテムとして使っていきます。

ギターメンテナンスと言えば指板やボディをクロスで拭く程度です。

ボディ内部まで清掃する方は少ないのではないでしょうか?

このブログではこういうマニアックなことをやっていきます(笑)

特にギターを常に出しっ放しだとホコリは日に日にたまります。

なぜギターの内部を清掃する必要があるのか?

アコースティックギターはボディが箱型でホコリが溜まりやすいからです。

ホコリが溜まるとどうなる?

ホコリは湿気を吸うのでギター内部に湿気が溜まります。
湿気はアコースティックギターにとって天敵です。

※記事内にゴミの少し汚い画像出ます。
ご了承ください。

除電ブラシの仕様


メーカー:エレコム
サイズ:幅70mm×厚さ70mm×高さ最小200mm(最大225mm)
毛材:帯電防止繊維、ポリエステル
重さ:30g
カラー:ブラック
価格:1000円前後
そもそも除電ブラシはギターの清掃用ではありません。

画像にあるようにパソコンのディスプレイやキーボードを清掃するものになります。

※画像はMacのキーボードのため隙間がほぼありません。
隙間があるキーボードだと効果あるようです。

毛先が柔らかいので様々な用途があります。

除電ブラシの使い方を解説

清掃のタイミング

ボディ内部を清掃するには弦交換のタイミングしかありません。

それは弦を全部外さないとブラシが入らないからです。

実際に使ってみよう

使い方はボディ内部に入れるだけです。

実際にやるとわかりますが意外と下まで手を入れるのが大変です。

注意
毛が柔らかいとは言っても力任せにギター内部をかき回さないでください。
内部は木がむき出しのため、傷付く原因になります。

実際にどれくらい取れる?

思ったより一回で取れる量はそこまで多くないです。

もちろんギター内部のゴミの量にもよります。

初めて使ったときは「えっ?これだけ?」
というのが率直な感想でした。

①ギター内部にブラシを入れる

②ゴミを取り出す

①②を繰り返す
ギター用ではないので、それなりゴミが取れるので良しとしましょう。

毛の色が黒なのも意味があります。

ネットで調べると他のメーカーで白毛の物も売られています。

しかし圧倒的に黒が売れています。

なぜか?
取れたゴミの量がわかるからです。

収納可能ブラシ

持ち手の部分を回すと硬めのブラシが出てきます。
今回は使いませんでしたが、ゴミをかき出すために便利な仕様になっています。

清掃前と清掃後の比較

今回はMartin D-28で試しました。
常にハードケース内で保管していますが、意外とホコリが溜まっているのが確認できました。

清掃前

清掃後

内部の清掃以外の使い方

ギターのヘッド周辺やブリッジ付近などクロスでは拭きにく箇所もこれを使えば楽にできます。

特にペグポスト凹凸があるのでクロスでは清掃しにくい。

これがあれば楽です!

不満な点

私が感じた点

ブラシが長くて柔らかすぎる

ブラシの毛が柔らかい上に長いため、画像のようになります。

ブラシという表現よりモップという方が正しいのではないでしょうか。

おそらくもっと毛が短い方が使い勝手いいという方もいるかもしれません。

これは人によって捉え方が違うと考えられます。

そのため、メリットでありデメリットである。

今回はギターの清掃に焦点を当てているので、これに関してはデメリットのかもしれません。

本来の使い方であれば良い点とも取れます。

難しい所です。

今後は毛をカットして使ってみます。
その時はまたこの記事を更新します。

ブラシのゴミ

使用しているとブラシのゴミ?
のような黒いものが確認できました。

ネットの声

持ち手の所に穴が無いのでフックやヒモでぶら下げることができない

というコメントが圧倒的に多かったです。

大きな不満はコレだけ!

最後に

今回はエレコムの除電ブラシを紹介しました。

ギターの清掃で使いましたが、確実にボディ内部からゴミを取り出す効果はあります。

一度に取れる量は多くないですが!

今回は常にハードケース内で保管しているギターで試しましたが意外とホコリはあります。

常に出しっ放しのギターはそれ以上に溜まることなります。

一度、ボディ内部を覗いてみてください。

また本来の使い方であるテレビやパソコンなど電子機器に使うとホコリが付きにくくなります。

この効果は高いです。

私はギターのためだけに購入しました。

しかし私はパソコン、テレビ、車のカーナビ、メーター周りなどにも使ってます。

ポイント
ギターの清掃の為だけに購入するのはちょっと…
と思うかもしれませんが、使える用途がたくさんあるのでそれを考えれば損した感じはありません。

1本持っておいて損はないアイテムです。

同類品

ネットを見ると他のメーカーからも除電ブラシは出ています。

「除電ブラシ」で検索すると出てくるのは以下のメーカーが多いです。

・エレコム
・サンワサプライ
おそらくこの2つで悩む方が多いはず!

私もどちらにしようか悩みました。

実際、除電防止効果は同じと考えられます。

そのため決め手は”売れている方”でした。

今回、紹介したエレコムの方がレビュー件数も多かったのでこちらに決めました。

購入後にわかったポイントは大きく2つです。

・毛の色
・持ち手に穴があるかないか
サンワサプライの方は毛が白いです。

そのため個人的にはエレコムの黒い毛の方が取れたゴミが見やすいと感じました。

除電ブラシは100均にもあるようです。
しかし毛がボロボロ抜けるとうコメントが多々ありました。
そのため100均は安くて良いですが、初めからメーカー品を使った方が良さそうです。

MEMO
ホコリの侵入を防ぐには以下のアイテムを使うと効果的です。
・サウンドホールカバー
・GUITAR BREATH2

本来の使い方とは違いますが、サウンドホールを蓋するような形になるので効果が期待できます。

特に梅雨の時期など湿気が多くなる前GUITAR BREATH2などで対策しておくとバッチリです。

まとめ

  1. ギター清掃に効果あり
  2. 毛が柔らかくて良い
  3. 毛が黒なので取れたゴミの量がわかる
  4. 傷が付かない
  5. 用途はたくさんある。
  6. 100均より圧倒的に良い
  7. 除電防止効果あり
  8. 1本あると便利
  9. フック穴が無いのが残念


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です