オススメの爪やすり教えます!「ゴクツヤシャイン」

爪やすり

ラッキーウィンク「ゴクツヤシャイン」とは?

はじめに


Twitterのフォロワーさんが使用しており、かなり良さげだったので購入してみました。

私は普段、Ez Flowを使っているのですが、新しい物は試したくなりますね。
爪ヤスリEz Flow(爪ヤスリ)

仕様

サイズ:W14×H120×D40mm
素材:ガラス
カラー:2種
価格:1500円前後

今回はピンクとブラック仕様の物を購入しました。


他にもフラワー柄仕様の物もあるようですが男性が持つにはちっと持ちにくいデザインかもしれません。

ネットで検索してみると「ピンクとブラック」を取り扱っている店舗が少ない印象です。
「フラワー」の方が多く出回っているようです。
注)もりそう調べです

使用感

用途


このヤスリのオススメポイント
それは用途が2つあることです。
①爪の長さと形を整える。
②爪の表面を磨ける。
極論、これ1つ持っておけば全て完結します。
爪切りは必要ありません。
※私はギターを弾くでの左手は短くします。
その時は、爪切りの方が圧倒的に早いです。

サイズ

画像見てもらえればわかると思いますがかなりコンパクトです。

冒頭に私が普段使用していると言ったEzFlowは長さがあるので、それに比べると短くて扱いやすいと思います。

これならバックに入っていても邪魔にならないので忍ばせておけます。

そしてデザインがオシャレですね。

削る感覚

実際に使ってみました。
使い方は簡単!
パッケージにあるように軽く磨くだけです。

指先で触るとザラザラ感があるのですが、実際に爪に当てると感覚が変わります。

ザラザラではなく…
表現が難しいですが、ヌルヌル感でしょうか?

Ez Flowの目の粗いものだと、ガリガリ、ガツガツ感がすごいので、まるで違います。

簡単に力いらず削れます。


この面は使えませんでした。

仕上がり

汚い爪で申し訳ないのですが参考ください。

確かにピカピカになりました。

がしかし…

フォロワーさんも言っていたのですが、
「ポリゴン感」を凄い感じました。

ポイント
ヤスリ自体はフラットなのですが、爪は完全なフラットではないのでどうしても表面の仕上がまばらになります。
※削る量や爪の形にもよるので一概に全ての人がこのようなポリゴン感の仕上がりになるとは言えません。

注意
もっとキレイしたいと思って削りすぎると爪が薄くなり爪自体が弱くなると考えられるので削りすぎ注意です。

使い終わったあとに洗えるので清潔に保管できる所も良いです。

耐久性

正直、表面の特殊加工がどれくらい持続するかは謎です。
ただ、本体素材がガラスなので割れることがあるようです。

取り扱いには気をつけてください。

最後に

このヤスリは爪を削る事もでき、表面を磨く事もできるのでオススメできるアイテムかと思います。

私自身はギターを演奏するために爪を削ったりするために使用しています。
そのため爪表面の光沢(ピカピカ)はそこまで求めません。

私が大事にしているのは爪の先端です。
実際に弦に当たる部分ですね。
そこはEzFlowのキラーホエールで最終仕上げをしています。

ポイント
普段生活する中で爪を綺麗にしたいという人、マニュキアが使えない人にはオススメかと思います。

特に学生には良いのではないでしょうか!

2 COMMENTS

zizi

はい、「ゴクツヤ」ブラザースですw

使用感はもりそうさんが書いておられるとおりです
ガラス製とは思えないほどぴかぴかになるのは確かですが
爪への追従性がないので、爪の先端~内側を磨こうとすると
ちょっと使いにくい面もありますね
しかし、強く押しつければ結構削れるし、
軽くスリスリするとピカピカにと言う、ちょっと不思議な商品ですね

返信する
もりそう

ziziさん
おはようございます。
わかりやすいコメントありがとうございます。
ziziさんが以前この爪やすりを記事にしているのも拝見しました。
「不思議な商品」まさにそうですね。
ギターを弾く人には使う人、使わない人わかれるかな?
って感じでしょうか…
女性の普段の生活使いであれば全然良い商品だと思いましたね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です