弦交換が楽にあるアイテム「ネックスタンド」を使ってみよう。※頻度が高い方必須

ネックスタンド

弦交換を少しでも楽に!

購入理由

このアイテムを知ったきっかけがDEPAPEPEの徳岡さんでした。

徳岡さんのTwitterを見ているとたまに弦交換の写真がアップされるのですが、その際にアイテムの1つとして写っています。

ファンの私としては同じものが欲しいと思い購入しました。

仕様

素材:プラスチック
形状:折りたたみ式
価格:1000〜1800円

作りは単純で安っぽさを感じます。

ネットショップと実店舗ではだいぶ価格差があるようです。

内側が空で軽量化
各接地部分には滑り止めが付いています。

ギターネックを支える部分
ネックをのせる部分はギターと完全にフィットするわけではありません。

とりあえず「乗せる所」と言った感じです。

使用感

持ち運び

軽く、折りたたみできるので持ち運びには最適です。

外出先で弦を張替えするときのためにバックに入れておくと役に立ちます。

安価なグッツなので壊れたり、無くしてもそこまで損失感はないと思います。

安定感

作りとして3点で支えられているので単独で安定感はあります。

ボディの浮き上がりはそれほどありません。
作業しやすい高さです。

Question?
素材が軽い「HEADSTAND」に重いギターを乗せると倒れないのか?
ボディには触れずにワインダーでペグを回してみました。

結果
問題なし!

滑り止め付きの効果は高いようです。

スタンドが倒れることはありませんでしたが、多少ぐらつきます。

使用する場合はギターネックやフレットあたりを軽く押さえた方が間違いなく安定します。

ギターと触れる部分

実際にネックに触れる部分が滑り止めになっていますが、この部分の素材がゴムだと思います。

ラッカー塗装のギターで長時間カポを使用する場合は注意が必要とされています。
塗装とゴムが化学反応して塗装が濁るからです。

以上のことを考えると同じ現象がこの「HEADSTAND」を使用した場合起こるのではないでしょうか?

注意
特にメーカーサイトや販売サイトには注意書きは無かったので化学反応が起こるかは不明です。
私はコレクターではないのでネック裏の塗装が濁っても別に気にしません。
それより効率性重視です。

最後に


弦の張替えはこのアイテムと使わなくても出来ます。

以下は私が実際に弦を交換する流れです。


手順1
弦を張る

新しい弦を箱や袋から出してブリッジピンで留め、ペグに通します。

手順2
ギターを持ち上げる

ネックを片手で少し持ち上げます。
床にギターを置いたままだとヘッド位置が低すぎてペグを回しにくいからです。

手順3
ペグを回す

ワインダーを使いペグを回していきます。

手順4
ギターを置く

1本の弦を張り終わったら一度ギターを置き、次の新しい弦を出します。

手順5
繰り返す

あとは1〜4の動作を全ての弦交換が終わるまで繰り返します。

文面では分かりにくいですが、作業してみると意外と大変です。

しかし「HEADSTAND」を使うと楽に作業が進みます。

ポイント
「HEADSTAND」を使うことで常にヘッド位置が固定されます。

無駄な持ち上げ作業が無くなるわけです。

「そんなのたいしたことないでしょ!」
という方もいるかと思いますが実際使うとかなり楽になります。

個人的には少しでも早く弦を張替え、弾きたいというのがあります。

私以外にも同じ考えの人はいるのではないでしょうか?

是非、興味がある方はこの使える便利アイテムチェックしてみてください。

2 COMMENTS

zizi

こんばんは~

弦交換の省力化は永遠のテーマですねw
僕は弦外しからネック&ボディのお手入れ、ブリッジに新弦装着までは、いすに腰掛けた状態の「お膝の上」で、
それ以降、ペグポストへのまき付けと巻き上げはギタースタンドに立てた状態でやってしまいます
なので、弦交換に関しては、このヘッドスタンドは不要なんですが、ピックアップの脱着とかの作業になると、ギターを安定させるために欲しいなあとずっと昔から思ってた商品でもあります
最近はもう下にタオル敷くくらいで作業することもおおいですが、今でも興味あります

返信する
もりそう

ziziさん
こんばんは!
確かに永遠のテーマですね(笑)
ziziさんの「ギタースタンドに立てかけて交換」というのは個人的に新しいです!
面白い…
今度やってみようと思います(^_^)
何か敷いて交換するというのは実はもっとも一般的で一番準備が楽でいいのかもしれませんね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です