Morris MCC-2(クリーニングクロス)

ギタークロス

Morris MCC-2とは?

購入理由

今回紹介するのはMorrisのクリーニングクロスです。

デザイン


上の写真を見て頂けると分かると思いますが、パッケージがカッコいいと思いませんか?
見た目高級感ありますよね?

紳士服売り場に置いてあっても違和感のないデザイン!(笑)
これを見た時に、ちょっとしたプレゼントにもオススメかと思いました。
是非、ギターを弾く友達にあげたら喜ぶと思います。
ギタークロスをは何枚あってもいいですからね!

価格

比較的どこでも手にいれることができ価格もお手頃です。
やはり実店舗よりネットショップの方が安く購入できるようです。

仕様

ベリーマX素材

※ベリーマX素材とは超極細マイクロファイバー
2〜5ミクロン(人の髪の1/200の細さ)

塗装面を傷つけずホコリ、指紋、手垢をキレイに拭き取ることができます。
ラッカー塗装などいわゆる高級ギターにも安心して使えます。


実際触ってみると表面と裏面の肌触りが違うことがわかりました。

表面

裏面


表面はきめ細かいですが、裏面は荒いのがわかります。
両面使えるという訳ではなさそうです。

使用感

サイズ

30×40cm


四つ折りにするとちょうどいいサイズで使いやすいです。
私は広げてギタースタンドの下に敷いて使ったりもしています。

ギタースタンドにもよりますが、スタンドのゴム部分とラッカー塗装が触れた場合塗装を傷めることがあるので、その解決策としてクロスを敷きます。
これまたちょうどいいサイズ感!
100円均一にメガネ拭きなども売っているので代用は効きますが、メガネ拭きはサイズが小さいので使いにくいです。

カラー

深い青色のみ。
高級感あるカラーですが、個人的にもっとカラーバリエーションがあると嬉しいです。

もしバリエーションがあればギターによって使いわけしたり、ポリッシュ用など液体類に使う用・乾拭き用と使い方ができそう。

薄く軽い

率直な感想は思ったより薄く軽い!

私は他にもクロスを所有しています。
BlueG、三木楽器、ドルフィンギターズ 店舗オリジナルクロスを所有しているのですが、それらのクロスに比べるとペラペラ感は感じました。
今後も他のメーカーや店舗のクロスを比較してみたいと思います。

耐久性

私はボディ以外にもギターを弾いた後に金属のペグや弦自体を拭きますが、毛羽立ちしなのいのが良いです。

太いアコギ弦を拭いてもボロボロにならないのが耐久性の高い証拠かと思います。
暑くなると指先は意外と汗をかくのでこのクロスで弦や指板を拭いています。

ポイント
何度も洗って繰り返し使えるということでコストパフォーマンスは高いと思います。

複数所有がオススメ

私はギターを複数所有していますが、それぞれに1枚ずつ使用しています。
ギターケースに一緒に入れておくのがオススメです。
出しっ放しにしておくとホコリが付いたクロスでギターを拭くことになりますからね。

その他

私はポリッシュは普段使わないので液体のノリは試していません。
ギター以外の楽器にも使えると思いますので楽器を演奏する方には本当にオススメのクロスです。

最後に

あえてダメな所あげるなら
上記に書いたように、価格・使い勝手を考えるとコストパフォーマンスは高くダメ所が見当たりません。

しかしあえてダメポイントを上げるなら…

濃いカラーであることで汚れ具合がわからない。

これを考えるとカラーはもっと明るい方がいいかも?



以上
ギタークロスについてでした。
是非チェックしてみてください。

4 COMMENTS

zizi

もりそうさん、こんばんは

これはやばいなあ、思わずポチしかけたじゃないですか~w
でも少々余分にあっても邪魔にはならないし・・・葛藤中です(笑)

返信する
もりそう

安いのでこればかり使っています。
ただ気になるのがセーム革です。
一度も使ったことないのでどうなのか全然わかりません。
サウンドハウスで扱っているHOSCO(ホスコ)とか高いですよね?
ziziさんは使用したことありますか?

返信する
zizi

おはようございます

クロスで葛藤してる人にセーム革は、なかなか(笑)
でも自分の使ってるクロスはみんなセーム革色なので
皮への憧れだけはもってるようです(^_^;)
セーム革いつか使ってみたいですね~

返信する
もりそう

失礼しました(^^;)
自分もなかなか手がでません。
実際問題、そのお金あったら他の小物買ってしまいますね…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です