5分で出来る普段のギターメンテナンス方法

ギターメンテナンス

弾き終わった後のメンテナンス方法

メンテはこだわればキリがない

今回は初心者の方に普段のギターメンテナンスの仕方について書いてみようと思います。

ギターのメンテナンスはこだわればキリがありません。

そのため今回はあくまで
段の弾き終わった後のメンテナンス
にポイントを絞って解説します。

難しく考える必要は全くありません。

5分で出来ます。

メンテナンスの必要性

なぜメンテナンスが必要なのか?

それは自分が演奏するギターを大切にするこで愛着が一層増します。
普段からギターの状態を確認することで、何かトラブルがあった時すぐに気が付くことができます。

そのためにも最低限のメンテナンスは必要です。

メンテナンスの方法

準備する物

必須
・ギタークロス
特に指定のクロスはありません。
100均に売っているメガネ拭きでも代用できますが、できればギター用クロスの方がいいです。
その理由は「サイズ」です。
メガネ拭きも傷が付かないようにきめ細かい素材ですが、サイズが小さいので拭きにくいです。
できればクロスは2枚あると便利。
理由は後ほど説明します。
おすすめのギタークロスを紹介【種類と選び方を解説】


ギターを拭くアイテムとして「セーム革」というものがあります。
動物の皮を使った天然素材なので、一般的な化学繊維のクロスよりはクリーニング効果が高いです。
私も実際に使っています。

ただし、セーム革は安価なギタークロスよりは高いので初心者の方は手が出しにくいのがあります。

お金に余裕がある方は使ってみてください。


HOSCOセーム革キョンセームクロス(革)の使い方【ホスコ/HOSCO】

あれば便利
・ギター用ポリッシュ
絶対必要な物ではありません
使うのであれば汚れ落し万能のポリッシュ「Ken Smith Pro Formula Polish」がオススメです。
どんな塗装でも使えるので初心者の方にも使いやすいポリッシュです。
ケンスミス/ポリッシュケンスミス/ポリッシュ(Ken Smith Pro Formula Polish)使い方

メンテナンス箇所の確認

私が特に大切だと思う箇所をマークしてますので参考にしてみてください。

ボディトップ・ピックガード

ペグ・弦・指板・ネックヒール周辺

ネック裏

ポイント
メンテナンス方法に決まりはありません。
今回紹介した方法を参考に自分なりのやり方を見つけてもらえればと思います。
今回は全て乾拭きです。

弦を拭く

まず弾き終わったら弦を拭きましょう。

特に夏場になれば手汗によって弦の劣化(サビ)が早くなります。
手垢も付くので普段からメンテナンスしておけば溜まることも少なくなります。

やはり弦を少しでも長く持たせたいというのは誰もが思うことです。

弦の表面だけでなく、弦の裏側もきちんと拭いてあげましょう。
裏面に付いた汗が指板に付く原因にもなります。

弦1本ずつ摘むような感じにすると裏まで拭くことができます。

もう1つの方法としてクロスを下に潜り込ませる方法です。

上の画像のようにすると弦の裏が拭きやすくなります。

ギタークロスは厚ての物もあるので弦と指板の間に入れるのは難しいです。
その場合は指板の一番ケツ部分、サウンドホール辺りから入れてやり、クロスをスライドすると簡単に入ります。

指板を拭く

手汗が指板に付きフレット周辺に手垢が溜まります。
手垢が溜まることで湿気を吸うので良くはありません。

弦交換するときはオレンジオイル等を使いますが普段はサラッとでOKです。

ボディを拭く

ボディ全体を拭きますが特に肌と触れる部分がポイントです。

夏場だと右腕や太もも部分などボディに触れる部分に汗がつきます。

上の画像は長袖を着ているのでボディは保護されている状態です。
半袖だとボディに汗や皮脂が付きます。

ちなみにソロギタリストの岸部眞明さんは夏場でも長袖を着てライブをすると言っていました。

ただ岸部さんの場合はボディ保護というよりは、汗をかくことでボディと腕の接着面で滑りが悪くなるからです。

汗が付いたままにしておくと塗装を傷める原因になります。
安いギターであればそこまで神経質になる必要はありませんが、ラッカー塗装など白濁したりするので注意が必要です。

ピックガードを拭く


そもそも傷からボディを守るための物です。
人によっては演奏する際に小指を付けて演奏に安定性を求める方もいます。
その場合、手汗や手垢が付きやすいのでサラッとでいいので拭いておきましょう。

ネック裏を拭く

ネック裏は常に触れる部分なので汗が残ります。
ここも拭き取ります。

ネックヒール周辺を拭く

ハードケースに入れて保管している場合はいいのですが、普段ギタースタンドに立て掛けておく方はこの周辺部分にホコリが凄く溜まります。
サラッとでいいので拭きます。

ペグを拭く

手汗・手垢が残るので拭き取ります。
使っていくと年々キレイだったペグが曇ってきます。

あまりにも酷いと落なくなることもあるので拭いておきましょう。

弦は緩める?緩めない?


正直、これに正解はないというか、人それぞれの考えがあります。

私は2つの考えを持っています。

  • 明日も弾くのであれば緩めない。
  • この先弾かないなぁと思うならペグを2〜3周回して緩める。

ケースで保管する場合の注意点

ケースで保管している方はここがポイントです。

今汗を拭き取ったギタークロスをケースにしまうと湿気が増えます。
これはギターによくありません。

そのため汗を拭きとったクロスは別管理しておくのがオススメです。

最初に「できればクロスは2枚あると便利」と書きました。

その理由がこれです。

もう一枚クロスを準備してサウンドホールの穴を塞いでおきます。

こうすることで湿気がボディ内部へ少しでも入らないようにするためです。

正直、自己満足のような気もしますがやらないよりやった方がいいです。

メンテナンスのおさらい

今回は最低限のメンテナンスを紹介しました。

特に難しい作業をしている訳ではありません。

  • 弦を拭く
  • ボディを拭く

これだけです。

ポイント
今回紹介したメンテナンスはほぼ「乾拭き」作業です。
弦とボディを拭く作業というのは5分もかかりません。
この少しのメンテナンスすることで大事なギターを長くキレイに保つことができます。

是非、弾き終わった後にはギターを拭くクセを付けておきましょう。

もしギターの汚れが酷くで乾拭きだけでは落ちない時はポリッシュを使ってみてください。

「Ken Smith Pro Formula Polish」は万能ポリッシュなのでオススメです。


ケンスミス/ポリッシュケンスミス/ポリッシュ(Ken Smith Pro Formula Polish)使い方おすすめのギタークロスを紹介【種類と選び方を解説】

2 COMMENTS

zizi

こんばんは~

お手入れの話は耳の痛い部分も多いです(笑)
自分は基本的に弦交換のときくらいしかお手入れをしてないですが
エリクサー化でその間隔も延びてるため、かなりの低頻度です
ただ、さすがに夏場だと右肘の当たる部分は汗が残るので、それを拭き取るくらいのことはします
オイルフィニッシュのギターを一台、汗で表面をガサガサにしてしまってるので(笑)

返信する
もりそう

ziziさん
こんばんは!
実際問題、めんどくさくてササッと拭くことも多々ありますね。
自分はノンコーティング弦を張っている物もあるので小まめにしています。
そうしないとすぐ劣化してしまうので(^^;)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です