梅雨時期の湿気対策(3つのポイント)

梅雨対策/湿気対策

梅雨時期の湿気対策(3つのポイント)

はじめに

今回は梅雨時期の湿気対策について考えていきます。

湿気によってトラブルが起きるとギターは弾きにくくなります。
結果、初心者の場合は挫折する原因にもなります。

そこで湿気によって起こるトラブルを知ってもらい、簡単な対策方法を解説していきます。

ギターの湿度管理についてはすでにブログ内に記事があります。
ギターの湿度管理 ギターの湿度管理【必要性と対策】
こちらは湿度管理について幅広く(乾燥・湿気)書いています。
※どちらかというと冬場の乾燥対策

今回は梅雨時期に合わせてより”梅雨時期用”に書きました。

以前の湿度管理と合わせて読んでもらえるとわかりやすいので是非!

湿気はどんなトラブルにつながる?

梅雨の時期が来ると部屋の中はジメジメしてなんか嫌な気分になります。

それはギターも同じです。

湿気を吸うとギターはどうなる?

  • ネックが反る
  • 金属パーツが錆びる


大きくこの2つだと考えています。

エレキギターの場合は金属パーツがたくさんあるのでサビ問題は大事です。

しかしアコースティックギターの場合は金属パーツが少ないので、サビよりネックのトラブルの方が問題です。

ネックトラブルには3つあります。

  • 順反り
  • 逆反り
  • ねじれ


この中で湿気によって起きるトラブルは「逆反り」です。

逆反りのメカニズムは?

ギターというのはほとんどの箇所が塗装でコーティングされています。

しかし塗装されていないのがローズ系の指板になります。

メイプルの場合はコーティングされていることがほとんどですが、アコースティックギターでメイプル指板はほとんどありません。

指板は木がむき出しなので湿気を吸うことで膨張します。

指板が乗っているネック裏はコーティングされているので湿気に強く膨張しません。

結果、指板だけが盛り上がり、音がビビったりする原因になります。

直す方法
ギターにはトラスロッドというものがネックに入っています。

ボディの内部を覗き込むとネック側にレンチで回せる金属のバーがあります。

これを回すことで調節できます。

注意
逆反りは湿気が抜けると指板の膨張が戻るため、もし調整するのであれば少しずつ様子見ながら行ってください。
回しすぎると正常な湿度の時に順反りになってしまいます。

梅雨時期の対策法(3つ)

1番の方法は除湿機を使うこと。

楽器店なら24時間稼働できますが、一般家庭でギターの為だけに稼働するはなかなか難しい…

または風通しの良い場所に置いておくこと。

簡単にできる対策方法とは?

  • ギタークロスで乾拭き
  • 指板保湿でコーティング
  • ボディ内に湿気が入らないようにする

ギタークロスで乾拭き


水滴がつくほど放置することはないとは思いますが、こまめにギタークロスで水分を拭き取ることが大切です。

特にライブ後や練習後は必須です。

ギター全体はもちろんですが、特に指板です!

これは梅雨時期だからするのではなく、”ギターを弾いたら拭く”ということを習慣にしておけば良いだけです。

指板保湿でコーティング


よく冬場の乾燥防止に使われるイメージですが梅雨時期でも活躍します。

指板が水分を吸う前に、オレンジオイルなどでコーティングしてしまいましょう。

レモンオイルは酸が強いので汚れ落し効果はありますが、保湿に関してはオレンジオイル島村楽器の指板オイルが効果が高いです。

指板保湿は弦交換のタイミングで十分です。

ボディ内に湿気が入らないようにする

GUITAR BREATH2

ケース内で保管

ギターを出しっ放しにするとボディ内にはホコリが入ります。

ホコリが湿気を吸うので、それを防ぐ方法としてハードケース内で保管が効果的です。

その際に乾燥剤を使うのもおすすめです。

乾燥剤アイテムは色々販売されており、多少の効果はあるとは考えられますが、絶大な効果があるとは言えません。

ハードケース内の湿度に関して検証した面白い記事を書いている方がいます。
私もよくブログを読ませて頂くのですがマニアックで読んでいて面白いです。
是非、読んでみてください。
参考 ケースの有無による温湿度変化の違いギターでハッピー!

常にギタースタンドにおいておく場合

常に出しっ放しの場合はサウンドホールカバーで穴を塞ぐことで対策になります。

私はGUITAR BREATH2というアイテムを使っています!

本来は乾燥防止アイテム(湿らせて使います。)ですがそのまま使えば湿気を吸ってくれます!

このアイテムはオールシーズン使えるのでおすすめです。

これの良い所はギタースタンドに立てた状態でも使えることです。

吊り下げ式のギタースタンを使う(可能であれば)


ギタースタンドは立てかけ式だとネックに負担がかかるので、吊り下げ式にしましょう。

吊り下げ式はギターヘッド付近で固定されているのでギターが真っ直ぐになります。

楽器屋さんで吊り下げでいるのはこういう問題が背景にあるからです。

ただし!
「吊り下げ式」と「立てかけ式」でどこまでネックへの影響に違いが出るか明確には説明できません。

吊り下げ式にしたからトラブルが起きないとも言えない。

立てかけ式がダメとも言えない。

あくまで理論上の話です。

ギタースタンド /GSH3(PLAYTECH)
created by Rinker
PLAYTECH

最後に

今回は梅雨時期の湿気対策について考えました。

正直、どんな対策を取ってもネックは反る時は反ります。

木は呼吸しているのでしょうがないです。

ポイント
今回紹介した対策も大事ですが、本当に大事なのはこの湿気に対する考えを「もっているか」、「もっていないか」だと私は考えています。

この意識があることでギターに対する接し方は間違いなく変わります。

私のブログ内のメンテナンス記事を書いた時、毎回言っていることがあります。

ギターを弾いてやることが1番のメンテナンスです。

おすすめのギタークロスを紹介【種類と選び方を解説】ギターメンテナンス5分で出来る普段のギターメンテナンス方法オレンジオイルの使い方(指板のお手入れ方法)島村楽器指板オイルヒストリー(HISTORY)/指板オイルの使い方【島村楽器】GUITAR BREATH2ギターブレス(GUITAR BREATH2)使い方を解説ギタースタンド(吊り下げ式)吊り下げ式ギタースタンド/ GSH3(プレイテック)レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です