ヒストリー(HISTORY)/指板オイルの使い方【島村楽器】

島村楽器指板オイル

ヒストリー(HISTORY)/指板オイルの使い方【島村楽器】

はじめに

今回は島村楽器オリジナルブランドであるヒストリー(HISTORY)の指板オイルを紹介します。

島村楽器のポリッシュ・オイルコーナーで見たことあるのではないでしょうか?

このアイテムはギターの指板を保湿をするものです。

特に冬場は乾燥するので、ひどい場合だと指板の割れ、歪み、フレットのバリなどの問題が起こります。

その前に乾燥防止対策が必要です。

しかしこのヒストリー(HISTORY)の指板オイルを使用している方は少ない印象があります。

それはなぜか?

  • 使い方がわからない
  • ネット上での情報が少ない
  • 島村楽器でしか取り扱いがない
  • 価格が他のオイルより高い

ヒストリー(HISTORY)指板オイルを使うことでメリットもあります。

  • 保湿能力が高い
  • 初心者におすすめの指板オイル
  • 大手楽器店ブランドで安心

今回はヒストリー(HISTORY)指板ネックオイルの魅力と使い方を解説していきます。

是非、参考にしてみてください。

ヒストリー(HISTORY)指板ネックオイルの基本情報

品番:HPO3
内容量:50ml
価格:1300円前後
効果:指板の保湿、艶出し、フレットの防錆
※ラッカー塗装対応
用途は指板専用です。

ラベルを見て気づいたのはローズウッドとハカランダって同じ分類じゃないですか?

私が勝手に感じたことなので軽く流してください(笑)

私が気になった点
それは成分です。
第4類/第3石油類/危険等級III(火気厳禁)

分類的には重油やグリセリンなどと同じ扱いです。

動植物油種ではないことだけはわかりました。
いったい何が入っているのか気になります。

最近のポリッシュは天然成分の物が多いです。

それは人間が使う物にも言えます。

食べ物・使う物など人工物より天然物が良いとされる世の中だからです。

ギターにも言えることなのかもしれません。

天然素材ではないので、ギターに与える影響はどうなんでしょう?

島村楽器がおすすめしているギターオイルなので成分的には問題ないはず!

できればもう少し説明が欲しい所です。

逆に言えば効果は高いのかもしれません。

MEMO
この製品はマイナーチェンジしています。
以前の品番はHPP3でミスト噴射仕様でしたが、現在は点眼仕様に変更されています。
形状は異なりますが内容量は50mlと同じです。

サイズ感を確認

SHUBBカポと並べて見ました。

かなりコンパクトなのがわかります。

小さなバックにも入る大きさなので、外出先で弦交換する場合にも使えます。

ヒストリー(HISTORY)指板ネックオイルの使い方

使用前の確認

注意点
ポリッシュ/ワックスを使う前に!
全てが当てはまる訳ではないですが、メイプルの指板には使用しないでください。
メイプル指板はコーティングなっているので中まで浸透しません。
主にローズやエボニー材質に使うと効果的です。
必ずポリッシュ/ワックスの説明を読み、自己責任でやってください。
容器を見ると液体が入っていない所は透明な部分が確認できます。

この鮮やかな青色は染料が使われているようで、その成分が底に沈殿することもあります。

オイルの使用量

容器を斜めにして軽く押してあげると少し液体が出てきます。

点眼ノズルのため一度に大量のオイルが出てくることがないので初めて使う方にも安心です。

クロスに2〜3滴落とします。
※テイッシュなどで代用してもOKです。

指板を拭く

画像が悪いですが、なんとなく違いがわかるはず。

塗った感じはベタつきもなくいい感じです。

次にブリッジにも使ってみました。

製品名がネックオイルですが指板とブリッジが同じ材なので大丈夫でしょう…

たぶん…

※もし指板以外で使うのであれば自己責任でお願いします。

拭き終わったらオイルが浸透するまで少し置きます。

待ってる間、時間がもったいないのでボディの清掃をします。

弦交換時にはサウンドホール部分が拭きやすくなるのでキレイにしていきます。

この時にボディ内部の清掃もやっておきましょう!

オイルを拭き取る

ある程度浸透したら指板上のオイルを拭きとります。

拭き取る時はオイルの付いたクロスではなく、別のクロスを準備して拭き取ってください。

これで指板の保湿は完了です!

あとは弦を張るだけです。

オレンジオイルと違いを比較

私は指板の保湿にはハワードのオレンジオイルを使用しています。

なぜオレンジオイルなのかというとやはり定番中の定番アイテムたからです。

ネット上で検索してもこのアイテムを使用している方はたくさんいます。

そのため初めて購入する方もとりあえず「これを選べば間違いない」というのがあるのかもしれません。

用途の違い

島村楽器オイル…指板保湿、フレット防錆
オレンジオイル…指板保湿、汚れ落とし

指板の保湿は同じなのですが、島村楽器のオイルには汚れ落し効果はありません。

汚れを落とすには「酸成分」が必要なのでオレンジオイルの方が効果があることになります。

保湿期間の違い

島村楽器オイル…約3ヶ月
オレンジオイル…1〜2ヶ月

島村楽器の指板オイルはオレンジオイルより粘度が高いとされています。

粘度が高いと保湿効果が高くなるので持続時間が長くなります。

島村楽器の指板ネックオイルはスタッフさんが言うには3ヶ月持つそうです。

オレンジオイルは1〜2ヶ月が目安でしょうか?

ニオイの違い

島村楽器オイル…無臭
オレンジオイル…柑橘系
島村楽器の指板ネックオイルは無臭です。

すぐ感じたの”におい”が無いこと。
無臭です。

それに比べてオレンジオイルは柑橘系のにおいが強いです。

蓋を開けた瞬間に香り、部屋中に充満するほど強いです。

そのため、においがキツすぎてダメな人もいるので好みがわかれます。

そんな方には島村楽器の指板ネックオイルはおすすめです。

内容量と価格の違い

島村楽器オイル…1300円前後(50ml)
オレンジオイル…1000円前後(118ml)

価格差はそれほどないかもしれませんが内容量が異なります。

1mlあたり
島村楽器オイル…約26円
オレンジオイル…約8円

約3倍の価格になります。
※価格は平均相場から算出しました。

違いのまとめ

比較表

島村楽器の指板オイルオレンジオイル
用途指板保湿、フレット防錆指板保湿と汚れ落とし
価格約1300円前後約1000円前後
内容量50ml118ml
価格約1300円前後約1000円前後
1mlあたりの価格約26円約8円
におい無臭柑橘系
粘度
ベタつき
保湿期間約3ヶ月約1〜2ヶ月
購入場所島村楽器店のみどこの楽器店でもほぼある

最後に

他のオイルと比較しても目で見て違いがわかる物ではないです。

アコギ弦自体1ヶ月程度で交換する方は多いのではないでしょうか?

コーティング弦を使えば別ですが…

そのため、こまめにメンテナンスする方であればオレンジオイルでも十分保湿できます。

しかし初心者であれば弦交換が苦手で頻度が減ります。

そこで保湿が長続きする島村楽器の指板ネックオイルを使うのがおすすめです。

すでにオレンジオイルやレモンオイルを持っている方でも組み合わせで使用するのもありです。

①レモンオイルで汚れを落とす。
②島村楽器の指板ネックオイルで保湿する。

2 COMMENTS

zizi

こんにちは

指板オイルもいろいろ試してみたいアイテムですよね
でも最近弦のほとんどをエリクサーにしたせいで
弦交換の間隔が長くなってオイルが減らない~w
お手入れするタイミングがなかなかやってこないというのも
エリクサーの弊害といえるかもですね
とはいえ、かたくなにエリクサー派ですけど(笑)

返信する
もりそう

ziziさん
試したいオイルはいっぱいあります。
次はレモンオイル各種行こうかと考えてます(笑)
まぁ極論どれでを使っても同じような気もしますが…

ziziさんはエリクサーにこだわりますね〜
今日あたりから3セットパックの2セット価格始まりましたね。
やはりこれはお得ですよね(^ ^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です