【ギタークロス】フリーダムカスタムギターリサーチ/Polish Clothをレビュー

【ギタークロス】フリーダムカスタムギターリサーチ/Polish Clothをレビュー

もりそう

今回はギタークロスの中でも最高峰に位置付けするフリーダムカスタムギターリサーチのギタークロス「Polish Cloth(SP-P-10)」を紹介するよ。
あまり聞いたことないメーカーだね。

ゆかめろ

もりそう

メーカーは知らなくても、このレモンオイルを知ってる人は多いんじゃないかな。
日本のギターメーカーで、メンテンス道具にも力を入れているんだ!

  • 高級ギタークロスって何が違うの?
  • メリット・デメリットは?
  • 実際の使用感はどうなの?

ギタークロスはメンテナンスを行う上で最重要アイテムです。

私はこれまで10種類以上のギタークロスを購入して試してきました。

今回の記事ではフリーダムカスタムギターリサーチのギタークロスの「メリット・デメリット」「使用感」を解説しています。

記事を読むことで、ワンランク上のギタークロスを使う理由がわかります。


メリット
  • 極細繊維でギターに傷が付きにくい
  • 帯電防止処理でホコリが付きにくい
  • ポリッシュ使用後の最終仕上げに最適
  • 洗えば何度も使える
デメリット
  • 価格が高い

Polish Cloth(SP-P-10)は高級ギターに使われるラッカー塗装に対応したギタークロスです。

ラッカー塗装とは?
正式名称:ニトロセルロースラッカー
特徴として塗装が薄いので音の鳴りが良いとされます。
手間がかかるためいわゆる高級ギターに使われることが多いです。
経年変化で塗装に割れが入るウェザーチェックが良い味を出します。
しかしとてもデリケートな塗装のため取り扱いが難しいとされます。
温度・湿度などで白濁したり、ゴムと化学反応を起こしゴム焼け(黒くなる)することがあります。

低度ならヤスリで削って磨けば対処できますが、重度になると素人では手が出せなくなります。

ラッカー塗装に対応したポリッシュは沢山販売されていますが、使用するのに躊躇(ちゅうちょ)してしまうことがあります。

ヴィンテージギターなら尚更です。

「ポリッシュ使って大丈夫かな…」と不安を抱くのであれば、Polish Cloth(SP-P-10)で普段から乾拭きするだけで、ボデイ塗装を傷から守ることができます。

もりそう

使うだけで「傷が付かない安心感」を得ることができるよ!

Polish Cloth(SP-P-10)の概要

メーカー:フリーダムカスタムギターリサーチ
サイズ:360mm×380mm
素材:ラッカー塗装対応
価格:約2300円
洗濯:可
用途:乾拭き・ポリッシュ/ワックス使用後の最終仕上げ

あなたの楽器を長い間良いコンディションに保つために、1番手軽なケアは「使用後の乾拭き」です。このPolish Clothは超極細繊維を織り上げることで実現した、非常に優れた柔軟性により、繊細なラッカー塗装製品、貴重なオールドギターの塗膜を傷つけずに磨き上げることができます。また、帯電防止処理を施すことで、チリやホコリ、通常のクロスでは残ってしまうポリッシュ・ワックス併用時の拭き取り粉からギターを守ることができます。

引用元:Freedom Custom Guitar Research

オススメの使い方
メンテナンスでポリッシュやオイルを使う場合は、Polish Cloth(SP-P-10)ではなく、他のクロスを用意して拭いたり、拭き取ったりすることをオススメします。
その後、最終仕上げにPolish Cloth(SP-P-10)を使うことで、メーカーが言っている“拭き取り粉”を残さず拭くことができます。

Polish Cloth(SP-P-10)の使用感を語る

生地の質感


生地の質感は「フワフワ」で柔らかく、超極細繊維を肌で感じることができます。

表と裏の生地が同じなのも大きな特徴です。

沢山のギタークロスを試してきましたが、良い生地が両面というのは意外と少ないです。

※安価な物は生地質が両面荒い物が多いです。

乾拭きする時に「どっちが使える面だっけ?」と確認する必要がないため、ストレスなく使えるのも良い点です。

拭きやすさ

【ボディを拭く場合】

使用感としては他のギタークロスと大きく変わることはありません。

一般的なクロスの拭き心地と一緒のイメージです。

私はキョンセームも所有していますが、拭きやすさはギタークロスの方が扱いやすいです。

キョンセームは独特の“滑りにくさ”があるからです。


【弦を拭く場合】

弦を拭いた後にクロスを見るとわずかですが弦の跡が残ります。

毛羽立ちはしませんが、何度も使うとボロボロになるスピードは早いと考えられます。

もりそう

できればPolish Cloth(SP-P-10)はボディ専用にして、弦は他のすぐ買い替えできるクロスを使うのがオススメ!

汚れ落しの効果

Polish Cloth(SP-P-10)の特徴でもある「帯電防止処理でホコリが付きにくい」効果ですが、正直あまりわからないです。

ホコリが小さいのもありますが、目に見えて「ホコリが全然つかない」感覚はありませんでした。

私は普段からギターケースに入れて、小まめにメンテンスしているため、効果がわかりにくのもあります。

他のメーカーとの比較

フリーダムカスタムギターリサーチ
  • 生地はフワフワで柔らかい
  • 表裏の生地が同じのため両面使える
  • 帯電防止処理あり
モーリス
  • 生地はフワフワだが、Polish Clothより柔らかさは無い
  • 表裏の生地質が違う
  • 帯電防止処理なし

ギタークロスはを様々試してきましたが、生地の質感が一番近いのはモーリスのクリーニングクロスです。

かなり似ているため、わざわざ高い「Polish Cloth(SP-P-10)」を買う理由ないんじゃないの?と言われると正直答えずらいのが本音…

モーリスのクリーニングクロスはPolish Cloth(SP-P-10)に比べて約半額で購入することができ、圧倒的なコストパフォーマンスが魅力です。

もりそう

正直、そこまでこだわらなければモーリスのクリーニングクロスでも十分と言えてしまう…
あとは1000円の価格差の中にある「ラッカー塗装対応」「帯電防止処理」「傷が付きにくい安心感」に価値を感じることができるかだね。

オススメの使い方(2枚体制)
メンテナンスでポリッシュやオイルを使う場合は、モーリスのクリーニングクロスで拭いたり、拭き取ったりすることをオススメします。
使用後は洗えるし、古くなったら手軽に買い替えできます。(価格が安いから購入しやすい)
その後、最終仕上げにPolish Cloth(SP-P-10)を使うことで、メーカーが言っている“拭き取り粉”を残さず拭くことができます。


こんな人にオススメ


  • ワンランク上のギタークロスが欲しい
  • ラッカー塗装のギターに使いたい
  • ヴィンテージギターに使いたい

ギタークロスの中には「超極細繊維」というのはPolish Cloth(SP-P-10)以外の製品でも見かけます。

他の製品に無いのが「ラッカー塗装対応」「帯電防止処理」です。

日本のメーカーで、リペアでも評価の高い「フリーダムカスタムギターリサーチ」ブランドには信頼性があります。

目に見える効果は少ないですが、Polish Cloth(SP-P-10)は「安心感を得る」アイテムと言えます。

MEMO
今回紹介しているPolish Cloth(SP-P-10)は一般的なクロスとキョンセームの間に位置付けしています。
キョンセームはサイズによっては5000円を超えており、手が出しにくい価格になっています。
Polish Cloth(SP-P-10)とキョンセームでは質感が全く違うため完全に比較ができませんが、価格だけを考えればPolish Cloth(SP-P-10)はコスパが良いと言えます。

ギタークロスの位置付け

安い

  • 一般的なクロス
  • Polish Cloth(SP-P-10)
  • キョンセーム革

高い

使用者の声(口コミ)


良い口コミ
・耐久性が良い
・価格は少し高いけど買う価値ある
・指紋がキレイに無くなる
・ヴィンテージギターは全てこれに切り替えた
悪い口コミ
・帯電防止処理の効果がイマイチわからない

もりそう

中には「キョンセームを使うまでも無い」「キョンセームの価格を考えると圧倒的にコスパが良い」という声をあったね。

Polish Cloth(SP-P-10)のまとめ


今回はフリーダムカスタムギターリサーチのギタークロス「Polish Cloth(SP-P-10)」を紹介しました。

メリット
  • 極細繊維でギターに傷が付きにくい
  • 帯電防止処理でホコリが付きにくい
  • ポリッシュ使用後の最終仕上げに最適
  • 洗えば何度も使える
デメリット
  • 価格が高い

高級ギターに使われているラッカー塗装に対応したポリッシュも沢山販売されていますが、使うのに躊躇(ちゅうちょ)してしまうことがあります。

「ポリッシュ使って大丈夫かな…」と不安を抱くのであれば、Polish Cloth(SP-P-10)を使い普段から乾拭きするだけで、ボデイ塗装を傷から守ることができます。

目に見えて効果がはっきりわかるものでもないですが、使っているだけで「安心感」を得ることができます。

もりそう

大切なギターを守るために、ギタークロスはちょっとこだわってみてね!


ギタークロスおすすめのギタークロスを紹介【種類と選び方を解説】キョンセーム革クロスの使い方を解説【ホスコ/HOSCOをレビュー】【ギタークロスの大定番】モーリス/クリーニングクロス(MCC-2)をレビューギターメンテナンス5分で出来る/アコギのメンテナンス方法【初心者必見】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です