TOMBOハーモニカ・ホルダー・ケース【ゆず使用】

MAJOR BOY

TOMBOハーモニカ・ホルダー・ケース【ゆず使用】

はじめに


今回は岩沢厚治さん(ゆず)のハーモニカ・ホルダー・ケースについて。

岩沢さんと同じ機材が欲しいけどわからないという方も多いと思いますので解説していきます。

TOMBOハーモニカ(メジャーボーイ)

基本情報を確認


メーカーサイトより引用

◆10穴20音
◆ 本体:樹脂製本体
◆カバー:ステンレスカバー
◆サイズ:W105 x H30 x D18mm
◆プレート厚:0.9mm
◆重量:63g
◆ポイント券対象(30P)
◆ケース付属
◆キー:メジャー15調子/マイナー12調子
メジャー:LF, LF#, G, A♭, A, B♭, B, C, D♭, D, E♭, E, F, F#, HG
マイナー:Gm, A♭m, Am, B♭m, Bm, Cm, D♭m, Dm, E♭m, Em, Fm, F#m
◆MADE IN JAPAN
特徴
有名ミュージシャンが使用する理由は品質です。
ライブでも埋もれない滑らかで輪郭のある音色と豊かな音量。
吹きやすさ、粘りあるリード、ステージで安心して使える耐久性。
樹脂本体にプレートを落とし込んだ設計は高い気密性を保ち、ベンド奏法を容易にしています。
メジャー、マイナーで27調子をラインアップ。
あらゆる音楽ジャンルに対応する本物のスタンダード10Holes。

引用元:TOMBO

キーの種類

2種のMAJOR BOY

ハーモニカにはキーという物があります。
曲のキーによって使い分けしなければなりません。

MAJOR BOYは大きく”メジャーボーイ”と”マイナーボーイ”2つに分けられます。

名の通りメジャーキー用とマイナーキー用です。

ゆず使用する曲のほとんどはメジャーキーなので”メジャーボーイ”を購入してください。

次に”メジャーボーイ”の中でさらにキーが分けられています

全12種類のキー

G |A♭ |A |B |B♭ |C| D♭ |D |E| E♭ |F| F♭

私自身、ハーモニカを始めたとき何も知らずキー(C)を購入しました。

しかし色々な曲を練習しようよ吹いてみると全然キーが合わない。

まさかキーが12種類もあるとは知りませんでした。

注意
購入する際は自分が欲しいキーであることを十分確認してください。

ゆず曲のキー(一覧)の記事もあるので参考にしてみてください。

メジャーボーイの使用感

素材に樹脂を使っていることもあり、本体が軽いことが特徴です。

私が最初に購入したものは違うメーカーのハーモニカでした。

岩沢さんがTOMBOのメジャーボーイを使用していることを知らなかったからです。

その違うメーカーのハーモニカは全体が金属で出来ていることもありズッシリ。
吹口も冷たい感じがしました。

それに比べメジャーボーイは吹口も樹脂のため口当たりがいいのが特徴です。

特にスライドした時の感覚も良いです。

有名アーティスト多数使用

岩沢厚治さん(ゆず)
TOMBOのMAJOR BOYを使用しています。
テレビやMVで確認できますが岩沢さんが使用しているものには「K.iwasawa」と表記なっているオリジナルモデルです。
作りは市販されている物と同じと考えられます。

10ホールハーモニカはスタンダードで世界中のアーティストが使用しています。

使用アーティスト
・長渕剛さん
・いきものがかり
・19
・山崎まさよしさん
・桑田佳祐さん
・吉田拓郎さん
・浜田省吾さん

購入したい方へ

私はゆずファンだったので全てのキーを購入しました。

ハーモニカ1本約3000円くらいです。

お金に余裕がある方はいいですが、全て購入するとけっこうな金額になりますので少しずつ集めることをおすすめします。

Cのキーだけ教則CD付きのセット販売があります。
これからハーモニカを始めたいという方にはおすすめです。

TOMBOハーモニカホルダー(HH-800)

MAJOR BOY専用ホルダー

ゆず・いきものがかり・19・長渕剛さんなど弾き語りスタイルをする場合はギター片手にハーモニカを吹かなければなりません。

そこで必要なのがハーモニカホルダーです。

HH-800は長渕剛さんが考案したTOMBO MAJOR BOY専用ホルダーです。

岩沢さんもこのHH-800を使用しています。

TOMBO MAJOR BOY専用とはなっていますが10ホールズブールハープであれば取り付け可能のようです。

ハーモニカホルダーの使い方を解説

金属プレートにハーモニカを挟みます。

大変なのはこのプレートに挟む作業です。

挟むには左右に付いている”バネ”を下げて無理やり差し込むことになります。

この”バネ”が思っているより硬いです。

女性の方は大変かもしれません。

ポイント
私の場合
取り付けの”コツ”としては左手でプレート左端を下に押してバネを下げます。
少し下がった所に右手に持ったハーモニカを入れて行きます。
ハーモニカ本体を使いさらにプレートを下げながら押し込みと入れやすいです。
新品のハーモニカを購入したばかりの時は無理やり押し込むことでハーモニカに傷付くのではないかという感情にもなりました。

ですがそれは最初だけ!

ハーモニカを固定するには押し込むしかないです!

ネットでは以下のような書き込みも

バネが硬すぎる。
逆に言えばそれが安定した固定を作り出しているとも言えます。

ホルダーを掛けてみる


※画像はハーモニカが付いていませんが、ハーモニカを取り付けてから角度調整してください。

この角度が重要!
実際に口元にハーモニカがくる角度にします。

これは実際に首にかけて調整します。

調整方法として自分の好みの位置に来たら左右に付いている蝶ネジで固定します。

耐久性

購入して10年以上経ちますがバネが弱くなることや角度を調節するネジのサビもありません。

今も普通に使えるので耐久性は物凄く良いです。

価格は1000円前後と10年前より価格も下がっていますので購入しやすいです。

TOMBOハーモニカケース(HC-1012)

ハーモニカが増えると1個1個管理したり、持ち運びが大変になります。

そこで私が購入したのがTOMBO 10ホールズブールハープ専用セミハードケース(HC-1012)です。


これもまた岩沢さんが使用しているので同じ物を購入しました。

以前放送していた「月光音楽団」という番組で使用しているのを確認できます。

ケース自体がコンパクトでハーモニカ12本を収納できるのですが、12本並ぶと圧巻です!

私はTOMBOのメジャーボーイ12本を収納していますが、他のメーカーのハーモニカでも10ホールズであれば収納できるようです。

現在は取り扱っている所はないようです。

再販してくてるといいんですが…

最後に


今回は岩沢厚治さん(ゆず)のハーモニカ関連を紹介しました。

最後にメンテナンスの話を少しだけ!

楽器全般に言える事ですが、使用後のメンテナンスは大事です。

・ハーモニカを吹い後はツバが水滴になり残る
・ハーモニカホルダーを使えばプレートにも水滴が残る
・ケースに収納する時に水滴が残るとケース内の環境が悪くなる
以上のことからハーモニカを使用した後は必ず水分を拭き取ってください。

その後必ずケースで保管する事が大事です。
出しっ放しにするとホコリがハーモニカの内部に入るため。

TOMBOのクリーナーなどを使うとより完璧です。

まとめ

  1. MAJORBOYは”メジャー”と”マイナー”がある
  2. キーは12種あるので購入時は注意
  3. 演奏後はきちんとメンテンスする





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です