Marshall AS50D

アコーステックギターアンプ

はじめに

今回はアンプを紹介します。
ただし生産完了品のため新品では購入することができません。
こんなアンプもあるだなぁくらいで見てもらえればと思います。

私は他にもRolandのAC-60というアンプも所有しているのでそれと比較しながらレビューしたいと思います。
アコースティックギターアンプROLAND AC-60-RW(アンプ)

購入理由

私が購入した理由は単純です!
見た目(デザイン)がカッコイイから!
これぞ「Marshallアンプ」
私はロックも好きでどこかでMarshallアンプに憧れがあったのかもしれません。

MEMO
Marshallとは?
エレキギター、エレキベースアンプのブランドです。
このブランドはアンプとスピーカー部分が独立したもので2段積み、3段積み仕様にしたものが特徴です。
ロックギタリストが自分の後ろに置いているのをテレビやライブで確認できます。

仕様

550W×415H×255D
50W

Marshallと聞くとエレキギターのイメージが強いですが、実はアコースティックギター用アンプも発売していました。
しかしアコギ用はMarshall歴史からすればかなり近年のアンプになります。
※現在この機種は生産終了しています。

メーカーサイトより引用

コンパクトなボディが魅力のAS50D。
ピエゾ/マグネティック・ピックアッ プなど、トランスデューサー付の楽器のためのチャンネル1、ボーカルまたは楽器用のマイクロフォンのためのチャンネル2 には、MP3 プレイヤー等が接続できるAUX 入力も用意されています。
リバーブ、コーラスやパラレル・エフェクト・ループはもちろん、ハウリングを防止するフェイズ・スイッチやノッチ・フィルターも装備。内部リミッターにより、ディストーションを防止しながら50 ワットの出力を最大限まで押し上げることも可能です。
ピエゾ・ツィーター[高音用スピーカー]も搭載し、極めて繊細なサウンドが得られます。

参考 MarshallAS50D

限定カラー
カラーは基本写真にあるような感じですが、実は他のカラーも存在します。
外周部分が緑仕様(ASD50G)赤仕様(ASD50R)の物があります。
共に日本数量限定で各12台、計24台存在するようです。
もちろん現在は全て完売しており入手するのは難しいと思います。
本当に欲しければ中古で出てくるのを気長に待つしかないでしょう。

使用感

エフェクト

リバーブ、ディレイ
ツマミ類はかなり滑らかに回るのでストレスなく調整できます。
あくまで簡易というか、そこまで細かく設定できないので普段はこのエフェクトは使用していません。
特に最近人気のソロギタースタイルだと音作りにこだわりを持つ方が多いので、そのような方には物足りないと思います。
そのような方は自分好みのエフェクターをお持ちだと思うので、そちらを使うことが多いのではないでしょうか
それはこのアンプに限ったことではないと思います。

弾き語りスタイルであれば十分使えますし、ボーカルなどで使用するのもオススメ!

使う人がどこまでのクオリティーを求めるかで変わると思います。

音の広がり

パワーは50WということでAC-60から比べると本体サイズが大きい割にW数が低いです。
しかし本体の横幅がある分、音の広がりがあるように感じました。

AC-60はコンパクトサイズの中にスピーカーが入っているので凝縮された音の様なイメージです。
しかしAD50Dは多少横幅がある分、音の広がる角度があるように感じました。

サイズ感

RolandのAC-60と外観・サイズを比較してみます。

Marshallの方が大きいことがわかります。
これではまだサイズがわかりにくいのでギターも並べてみました。

この画像を見る限りだとそれほど大きくないのがわかります。
自宅で使うにはちょうどいいサイズかもしれません。
ただとにかく重いです。

持ち運びは不向き

AC-60から比べると大きいです。
それに伴い重量もかなりあるので持ち運びには向きません。
自宅で使用するか、もしくはライブで使用する際は車で運ばないと大変かと思います。

後継機種

現在は上記の機種が生産完了しているため、同じような機種を購入するには後継機種を購入するしかありません。

それがAS100Dというものです。

Marshall AS100D アコースティックギター用アンプ

ライブ向け?
製品名からは分かるように100W相当のパワーがある機種になります。
私が所有しているのでAS50Dは50Wなので、倍のパワーを持っていることになります。
正直、自宅や小さなステージだったらAS50Dでも全然問題ないので、AS100Dは完全にライブ向けかと思います。
自宅で使用するだけなら完全にオーバースペックだと思いました。
購入したい方へ
今回、このブログを書くにあたって改めて調べてみましたが、そもそも扱っている店舗があまりないようです。
またスペックが上がった分価格も倍のようです。
以下にメーカーサイトを載せておくので興味あるがある方はチェックしてみて下さい。
参考 MarshallAD100D

最後に

自宅で使用するには十分すぎるスペックのアンプだと思います。
さすがMarshallブランド!
サイズが大きいので部屋に置いた時の圧倒的存在感!
(逆を言えば部屋が狭いと邪魔になる)
ギター好きの方には最高のインテリアにもなると思います。

ポイント
そこまでギター機材にお金をかけたくないのであれば、他の安いアンプでも十分だと思います。
アコースティックギターアンプは他のブランドもたくさんありますからね。
言葉が合っているかわかりませんが、Marshall信者の方や一生モノのアンプを探しの方が買うアンプだと思います。

2 COMMENTS

zizi

もりそうさん、こんにちは

マーシャルのアコギアンプ、一時(とっても)ほしかったですが、AC-60に比べてそんなに大きいとはちょっと想定外でした
でも、大きい&重いで、どのみち持ち出さないということになるなら、簡単なリバーブ付きのミキサー+パワードスピーカーで簡易なPAを常設する手もありますね
費用の割にいい音が出ますよ~(笑)

返信する
もりそう

ziziさん
こんにちは!
私もPAを設置することも考えたことあったんですが、小さなアンプで満足してしまいました。
というかなかなかアンプから音を出す機会が減ってしまいましたね。
やっぱりそっちの方が音いいんですね^_^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です