SONY MDR-CD900ST(プロ愛用ヘッドホン)

SONYヘッドホン

プロの現場で定番のヘッドホン

はじめに

密閉型スタジオモニターヘッドホン

皆さんも一度はどこかで見たことありませんか?

数多くのレコーディングスタジオで使用されているプロフェッショナル仕様のヘッドホンです。

アーティストのMV・レコーディング風景でかなりの高確率で使用されています。

注意
今回紹介するヘッドホンはあくまでモニター用です。

DTMなど音楽制作する場合に使われますが、普段音楽を聴くの場合はヘッドホン選びはまた別かと個人的には思います。

購入理由

ヘッドホンは世の中に数多くの種類があります。

基本は自分の好みで選ぶのが一番です。
・音質
・デザイン
・付け心地
・価格

ポイント
私がこれを選んだ理由は…

どのヘッドホンを買ったらいいかわからなかったから!

楽器店のホームページを見ると数がありすぎて迷います。

そこで、ネットでこれを買えば間違いない!
っというのを検索しこれに行きつきました。

仕様

メーカーサイトより引用

“アーティストはこの音で聞く”
世界の最先端技術を誇るソニーと、音創りを熟知するソニー・ミュージックスタジオが共同開発した完全プロフェッショナル仕様のモニターヘッドホン、それがMDR-CD900STです。
原音をそのまま再現する音質、研ぎ澄まされた輪郭と音像。
1989年の発売以来、数多くのレコーディングスタジオで愛用されている事実が、高い評価と信頼を証明しています。

歴史
もともとは、CBSソニー信濃町スタジオ(現:ソニー・ミュージックスタジオ)で使用することを目的として開発されたMDR-CD900STが、スタジオユースの業務用として販売するに至り、数多くのレコーディングスタジオで愛用されています。
またスタジオ関係者のみならずアーティストからも絶大な信頼を得て、TV・ラジオ・雑誌などでも数多く取り上げられ、その結果、一般の方からの購入希望が殺到し、その要望に応えるべく1995年より消費者向けに販売も開始、現在に至ります。

モニタリングに適した分解能
独自開発のドライバーユニット採用により、モニタリングに必要な分解能(検知限界)も大幅に向上。
音の輪郭から定位、エコーの広がり感などの微妙な違いをつぶさに再現し、”本物の音”を耳に伝えます。

原音イメージそのままのどこまでもピュアな音質
レコーディングスタジオやポストプロダクション、放送局など、プロの世界で求められるクオリティと耐久性を徹底的に追求し、独自に開発したドライバーユニットを採用。
これによって歪みの少ない原音イメージそのままのクリアな音質の獲得に成功しています。

あらゆるスタジオユースに対応
耐入力(最大入力:1,000mW)やフレーム・カバーの強化により、音のクオリティを重視するとともに、レコーディングスタジオや放送局などでの使用に耐えうる耐久性・安定性を実現しています。
さまざまな条件をプロの立場から追求することにより、スタジオエンジニアやミュージシャンからの高い評価と信頼を得ています。

引用元:SONY MDR-CD900ST

使用感

サウンド

昔、MTRで遊ぶ際に安物(1500円)のDJヘッドホンをネットで購入した事がありました。

それと比較すると
・色付けされてないクリアな音?
・クセのない音?
だと思います。

やはりスタジオで使用することを目的に作られているので原音を忠実に再現します。

着け心地


装着の締め付け具合も細かく調整(11段階)できるので、キツすぎる、緩すぎるといったことはないです!


耳にあたる部分も柔らかく、つけ心地も良いので長時間モニターしても大丈夫です!

ケーブルは2.5mで自宅で使用する場合は余裕だと思います。

変換プラグ


注意
このヘッドホンは主に業務用に作られたものなので、先端はステレオ標準プラグです。

スマートフォンやiPodなどはミニステレオプラグなのでそれらで使用したい場合は変換プラグが必要です。

ステレオ標準プラグ⇔ステレオミニプラグ
ただし、メーカーによっては相性が悪く、ノイズや音がでないといったトラブルもあるようです。

私はSONYのPC-233S(現在販売終了)というプラグを購入し使っています。

ただMDR-CD900ST自体のプラグが長いため、変換プラグを付けることでさらに長さが増します。

そのため外出先で音楽を聴く場合などに向かないかと思います。

価格

1万3000円~1万7000円くらいの間で購入できます。

高いヘッドホンは2万〜3万する物もあるのでそれから比べたらお求めやすい価格かかと思います。

またこのヘッドホンは消耗品のイヤーパッドや他の交換パーツも充実しているので、長く使うのであれば決して高くはないと思います。

最後に

初心者の方はどのヘッドホンを買うか迷うはずです!

上記にも書きましたが最初は安いヘッドホンを買いました。

しかし使っていくうちに耳に直接触れる部分のイヤーパッドがボロボロになりました。

もちろんこのMDR-CD900STを長期間仕様知ればボロボロになるとは思いますが、それでも早かった。

以上のことを考えるとケチって安い物を買うなら最初から品質が良いものを購入した方がいいと思います。
価格と品質価格と品質は比例するのか?


以上
少しでも参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です