マーチン弦/スーペリア・パフォーマンス(Superior Performance)をレビュー

マーチンスーペリア

マーチン弦/スーペリア・パフォーマンス(Superior Performance)をレビュー

マーチン弦/スーペリア・パフォーマンス


今回はマーチン弦スーペリア・パフォーマンス(Superior Performance)を紹介します。

AUTHENTIC ACOUSTIC Superior Performanceとは?

2018年にマーチン弦のラインナップがリニューアルされました。

過去マーチン弦はたくさんのシリーズを出していましたが、リニューアルしたことで3種類に集約されました。

3種類の違いと見分け方は以下の「マーチン弦/スーペリア・パフォーマンスの基本情報」で解説しています。

今回紹介するマーチン弦/スーペリア・パフォーマンスシリーズは以前の「ACOUSTIC SP」シリーズになります。

MA540(ライトゲージ)はMartin MSP-4100の後継

MEMO
ネットを見ると旧シリーズもまだ在庫がある店舗は販売しているようです。
一部では逆に貴重になり値上がっている所もあるようです。

この記事でわかること

  • マーチン弦/スーペリア・パフォーマンスについて
  • マーチン弦/スーペリア・パフォーマンスのレビュー

マーチン弦/スーペリア・パフォーマンスの基本情報


ブランド:マーチン
原産国:アメリカ
弦の種類1:フォスファーブロンズ
弦の種類2:ノンコーティング弦
6弦用:エクストラライト/カスタムライト/ライト/ライトミディアム/ミディアム(5種)
12弦用:エクストラライト(1種類)
価格:800〜2100円

Martin Authentic Acoustic SP®弦のなかで最もベーシックになるスーペリアルパフォーマンスシリーズはプレイヤーにとって最高のパフォーマンスを求めて作られました。
これまでのマーティン弦よりも強度のある芯線、耐食性の高い巻線を採用しブロンズとフォスファーブロンズのラインナップがあります。
Martin Authentic AcousticSP®の弦は、優れたチューニング安定性、耐食性、そして優れた演奏性を提供します。

引用元:Guitars Martin Club Japan

冒頭、マーチン弦は2018年にリニューアルしたと書きました。

以下の3種類になります。

青パッケージ
スーペリア・パフォーマンス

緑パッケージ:マーキス・シルクド
ボールエンドに柔らかいシルクラップを追加
ヴィンテージギターを使用している方にオススメです。

赤パッケージ:トリートメント・ライフスパン
マーチンブランドのコーティング弦


リニューアルしたことで弦の種類が集約したことは良かったのですが問題も…

それは何か?

ゲージ(太さ)の見分けがつかない
(わかりにくい)

リニューアル前
パッケージカラーでゲージ(太さ)が確認できた。
リニューアル後
パッケージカラーでゲージ(太さ)が確認できなくなった。
結果
ネットショップを見ると今回紹介しているブルーパッケージが10種類を超えて、非常にわかりにくことに…

ゲージ(太さ)は商品名/商品番号で確認する必要になります。

購入する時はゲージ(太さ)を間違わないように注意してください。

ゲージ(太さ)


エクストラライト:
.010、.014、.023、.030、.039、.047
カスタムライト:
.011、.015、.023、.032、.042、.052
ライト:
.012、.016、.024、.032、.042、.052
ライトミディアム:
.0125、.0165、.0255、.0335、.0435、.055
ミディアム:
.013、.017、.026、.035、.045、.056
エクストラライト(12弦):
010/010、.014/014、.023/010、.030/012、.039/018、.047/027
品番確認しておきましょう
MA530:カスタムライトミディアム
MA535:エクストラライト
MA540:ライト
MA545:ライトミディアム
MA550:ミディアム
MA500:エクストラライト(12弦)
MEMO
今回はフォスファーブロンズを紹介しています。
スーペリア・パフォーマンスには「80/20ブロンズ弦」もあります。
80/20ブロンズ弦はゲージ(太さ)と品番が異なります。

マーチン弦/スーペリア・パフォーマンスの使用感を語る

弦をレビューするにあたって
弦はギターの状態や個人の捉えて方によって感じ方は異なります。
あくまで「目安」程度に読んでください。

内袋

マーチン弦と言えば昔からパッケージの中に入っている内袋は紙になります。

最近では安い弦も機密性が高い袋に入っていることが多いです。

そんな中でマーチン弦は一貫して紙袋で貫いています。

エリクサー弦も紙袋ですがコーティング弦なので状況が異なります。

パッケージから出して気付いた小さなこと。

この上の写真はパッケージからそのまま出した状態です。

上下バラバラに入っいていました。

特に品質に関係しているわけではありませんが、大手ブランド「マーチン」の管理はこんなものかと感じてしまいます。

さすがアメリカンブランド…

サウンドと耐久性

サウンド

・中音域〜低音が鳴っている
・音量がある
・高音がキンキンしない
・ノンコーティングならではの「抜け感」が良い
弦によって「弾き語りに向いている」、「ソロギタースタイルに向いている」とよく言われます。

どんなスタイルでもOK!!

ただ、ピックやフィンガーでストロークする際にある程度強くピッキングしてやらないと「こもり感」「モコモコ感」になるように感じました。

耐久性

ノンコーティング弦なので「弦の持ち」は良いとは言えません。

弾く時間にもよりますが1ヶ月は持ちません。

他のノンコーティング弦と同様に2週間前後で張り替えが必要です。

弦交換を早い周期で交換する方であれば問題ないです。

弦の持ちは良くありませんが、弦の滑りは意外と持続する印象でした。

その他

この弦を実際に弾いて感じたことは「手が汚れない」

通常、弦を張り替えたあとは指先が黒く汚れる物です。

しかしこのマーチン/スーペリア・パフォーマンスは汚れません。

これは過去一と言っても過言ではありません。

これは驚きました。

おすすめの使い方

ライブやレコーディングなど「その場」「その時」で良い音で演奏する場合に向いています。

ノンコーティング弦らしいキレイなサウンドは魅力的です。

マーチン弦/スーペリア・パフォーマンスの不満点

やはりパッケージ上のゲージ(太さ)が確認しにくい!!

その一点!!

使用者の声(口コミ)


良い口コミ
・定番だけあって安定の品質
・とりあえず迷ったらこれ
悪い口コミ
・リニューアル前と変わらない

最後に

今回はマーチン弦スーペリア・パフォーマンス(Superior Performance)を紹介しました。

マーチン弦は「弦のスタンダード」です。

以下の方におすすめです。

  • どの弦を買うか迷っている
  • ノンコーティング弦を使いたい
  • 弦のスタンダードを試したい

この弦はどこの楽器店でも売っています。

弦選びに迷ったら一度使ってみてください。

2 COMMENTS

zizi

こんばんは

マーチン弦はサウンドハウスで見ても50以上種類があって
「なんだかよくわからん」って思ってましたが
3種類に統合されてたんですね~~~
ライフスパンはすきな弦だったから残って良かったです(笑)

返信する
もりそう

ziziさん こんばんは!
サウンドハウスでライフスパン確認したら全部で10種ありました。
ブロンズ、フォスファー、それに各ゲージ全部同じパッケージなのでわかりにくいのが難点です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です