御茶ノ水楽器店巡り

御茶ノ水楽器

御茶ノ水の楽器店を回ってみました

はじめに

御茶ノ水の楽器店はたくさんありどの店舗に行けばいいか悩むはずです。

今回は私が巡った店舗を紹介したいと思います。

アコースティックギターがメインになります。

注意
実は今回3回目の御茶ノ水でした。
御茶ノ水によく行く人からすれば「それ違う!」という意見もあるかもしれませんが、大目に見てください。(笑)
もし何かあればブログやTwitterにコメント頂けるとありがたいです。
また滞在時間が約4時間という制限があるなかで回ってきたので御茶ノ水の楽器店全てを回ることはできませんでしたが、これから初めて御茶ノ水に行く方に少しでも参考になればと思います。

BlueG(ブルージー)

店舗情報
住所:東京都千代田区神田小川町3-1須田ビル501号
HP:http://www.blue-g.com
営業時間:平日AM11:00 ~PM8:00
日祝AM11:00 ~PM7:00
定休日:毎週月曜日

主な取り扱いギター

ヴィンテージ、新古品、委託品がメイン
店内のフロアの1/3はヴィンテージMartinギターで高価な物が多数。
その他人気のGreven、pre-war guitars、Somogyi、Merrillなど海外ルシアー物や国内ルシアーも多数取り扱っている。

オススメポイント

居心地の良さ

大通りに面しているビルの中にあるが、それを感じさせない静かな店舗。
ギターを試奏する時は心地の良いソファに座って弾けるのでいつまでもいられる居心地の良さがあります。

スタッフの気遣い

またどんな高級ギターでも気軽に弾かせてくれるのが嬉しいです。
以前、クラプントンがアンプラグドで使用していた1930年代のMartin OOO-42やGibson 初期のJ-200など500万円オーバーのギターも弾かせてくれます。

以外と大事なポイント
スタッフの方がたぶん2人は常駐していると思われるのですが、試奏しているときは自由に弾かせてくれます。
楽器店によってはスタッフの方が常に目の前にいる所もありプレッシャーを感じたことがある人も多のではないでしょうか?
ここはそういうこともありません。
もちろん質問するするとサッと来て回答してくれます。

また「こんなギターもありすよ。弾いてみませんか?」
と勧めてくれるのも嬉しいです。

その他

カポ界のロールスロイスと呼ばれるエリオットカポの正規代理店なので、店舗に行って実際に試せる所も嬉しい所です。

初心者の方は…

敷居が高い

扱っているギターはどれも高級ギターなので、これからギターを始める方にはあまりオススメしません。

Hobo’s(ホーボーズ)

店舗情報
住所:東京都千代田区神田小川町2-12信愛ビルB1F
HP:http://www.hobos-g.com/
営業時間:平日11:00~19:30
日祝日11:00~19:00
定休日:水曜日

主な取り扱いギター

Martin、Gibson、海外ルシアー、国産メーカー、国内ルシアーなど新品、中古など取り扱いジャンルはかなり幅広いと思います。

御茶ノ水でもあまり扱いがないAyers、Furch、ASTURIAS、Terry’s Terry なども

以前、押尾コータローさん10周年記念に作られたM-Factoryギター(沖田ギター)などもいち早く置くなどアーティストモデルも取り扱いがあるのが嬉しい。

オススメポイント

まず店舗がある地下への扉を開けるとものすごい木の香りがします。

高級ギターからお求め安いギターまであるので、かなり面白い店舗かと思います。

店内はちょと狭く、その中にかなりの本数が所狭しと並べられてあります。
壁掛けでは面積が足りないようで、いわゆる高級ギターなども床にギタースタンドで置かれてあります。

試奏スペースは3箇所ほどに椅子があります。
結構狭いですが、ギターに囲まれている感じで嫌な気分は全然ありません。

スタッフの方は1人?
たぶん店長?

ギター試奏の時も常に目の前にいることはなく、プレッシャーなく弾けます。

立地的にウッドマンとほぼ隣といっていいほど近いのでできれば1セットで回るのがオススメです。

Woodman(ウッドマン)

店舗情報
住所:東京都千代田区神田小川町2-10宇野ビル2F
HP:http://www.woodman.co.jp
営業時間:11:00~20:00
定休日:毎週水曜日

主な取り扱いギター

Gibsonのヴィンテージがほぼ半分を占めてると言っても過言ではない。
そのため御茶ノ水の楽器店の中でもGibsonのヴィンテージを探すならここがオススメ!

オススメポイント

入り口入ってすぐ目の前にGibsonコーナーが展開されている。

試奏も常に目の前にスタッフの方が付くことはないのでプレッシャーなく弾けます。

クロサワ楽器 お茶の水駅前店


店舗情報
住所:東京都千代田区神田駿河台2-2-2
HP:http://www.kurosawagakki.com/sh_ocha/index.html
営業時間:11:00~20:00
定休日:年中無休

主な取り扱いギター

新品Martinギターがメイン、委託品もあり

オススメポイント

なんと言ってもMartinギターの品揃えが豊富です。
レギュラー品、カスタム品などとにかく御茶ノ水でMartinの新品を探すならここ!
また同じモデルのギターが数本あるこもあるので弾き比べもできると思います。

またMartin日本総代理店ならではの品揃え、知識をもったスタッフが常駐しています。

ギタープラネット アコースティック館

店舗情報
住所:東京都千代田区神田駿河台2-4-5・1F
HP:http://www.guitarplanet.co.jp/sp/lis/sho/shop_info.cgi?sid=1002
営業時間:11:00~20:00
定休日:年中無休

主な取り扱いギター

ほぼ新品。中古や委託品も多少あり
Martin、Maiton、ローデンの品揃えが豊富
初心者の方が購入しやすいギターもあります。

オススメポイント

御茶ノ水に楽器店の中でもMaitonとローデンの品揃えが良いと思います。
この2大ブランドのギターを探している方はまず行ってみてください。
他にもMartinのレギュラーモデルの品揃えも良いです!

クロサワ楽器 G’CLUB TOKYO

店舗情報
住所:東京都千代田区神田小川町3-8
HP:http://www.kurosawagakki.com/sh_g_club/
営業時間:11:00~20:00
定休日:年中無休

主な取り扱いギター

Gibson専門店
ヴィンテージ、新品、中古あり
1階:エレキレギュラー
2階:カスタム品
3階:セミアコ
4階:アコースティック

オススメポイント

私はアコギフロアしか見てこなかったのですが、とにかくギブソンが欲しい方は是非行ってみてください。

ギブソンの新品ならエレキ、アコギ共に欲しいのが見つかると思います。
それほどギブソンの品揃えが豊富です。

アコギフロアに関しては新品とヴィンテージが半々といった所でしょうか?
上記で紹介したWoodmanもギブソンが豊富と書きましたが、こちらの店舗は新品(カスタム品)も取り扱っているので珍しい物もあります。

また個人的に感じたのは、ヴィンテージ、中古は状態が良いもの、良くないもの(見た目)バラバラです。

他の店舗はやはり見た目がキレイな物が多いのに対し、ここは見た目はあまり気にしていない印象。

私が試奏してきたEpiphoneのTexanはかなりボロボロでした。
私含めて、ボロボロの方が味があって好きな人は多いと思います。
そういう味のあるギターにも出会える店舗かと思います。

とりあえずギブソンが欲しい方はまずここ!

最後に

※あくまで個人的見解です。

ヴィンテージギターやルシアーギターが欲しい方は御茶ノ水駅を降りて直行するのはBlueG、Hobo’s、Woodmanがオススメ!この3店舗は御茶ノ水駅から若干遠いですが歩きで十分回れます。

これからギターを始める方は御茶ノ水駅からすぐのクロサワ楽器やギタープラネットがオススメかと思います。

正直、御茶ノ水の全店舗を回り、試奏するとなると1日かかります。

本当は渋谷の楽器店まで足を伸ばしたかったので無理でした。

効率よく回るポイント
都内在住の方はいいですが、私のように地方から遊びに行き、時間制限があるなかでいかに効率よく回るかが大切です。
私は事前に店舗の場所を確認し、試奏したい在庫情報を確認して行きました。

また実際に楽器店に行くとネットのHPにはまだ掲載されていないようなギターに出会うことあることもあります。
実際、回ってみて「あれこれあったっけ?」

帰宅して数日後HPに掲載されていることも。

そんな出会いもあるので楽器店を回る楽しさもあると思います。

やっぱり楽器店は楽しいです!

4 COMMENTS

deiqun

自分も最近 茶の水 いってマーチン 弾いてきました 最初にRIMSHOT 素晴らしい優しい店員さんでいい店です、イシバシ楽器店も好きなんですが、en guitar は 必ず行きます、ギター馬鹿にやさしくて、国産の名機もたくさんあり大好きです。鳴るマーチンにはなかなか出会えないという結論に達し 近所のハードオフでバカ鳴りしてるほとんど未使用のce-800T買いました イシバシ楽器で売ってた55万のce-2500 よりいい音で心地よいです。もちろんマーチンよりいいです、僕の耳では、、

返信する
もりそう

deiqunさん
コメントありがとうございます。
ecは国産のCAT’S EYESですよね?
私は弾いたことないのですが、国産ヴィンテージと言えば必ず上がるメーカーですよね。
私はYamahaのFG-180を所有しているのですが、海外メーカーにはない国産の魅力は必ずあると思います。
RIMSHOTとenguitar行ったことないので御茶ノ水行く機会あったら行ってみようと思います^ ^
情報ありがとうございます!

返信する
deiqun

RIMSHOTはオーナーさんがアリスの方だったと思います。買ったキャッツアイは、80年製造なのに未使用で弾かれてこなかったくせにバカ鳴りしてる奇跡の個体だったので買いました、初期のものも素晴らしいのですが、ネックが細くストローク向きで、理想は1200Tが欲しいのですが、まず出会えないらしいです、当然アタリハズレあって5本中1本くらいしかアタリはないと思います。でもピックアップつければ鳴らなくてもいいような気がしてきました。ギター選びは難しいデスネ

返信する
もりそう

その年代でほぼ未使用は奇跡ですね!
しかも鳴るとは!
当たり引きましたね(^_^)
同じ品番のギターでもなんであんなに音がかわるのか!特にアコギだとモロに違いがでますよね!
それがギターの面白い所だと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です