吊り下げ式ギタースタンドの種類【プレイテックとハーキュレスを比較】

ギタースタンドの比較

参考 ページタイトルサイト名

吊り下げ式ギタースタンドの種類【プレイテックとハーキュレスを比較】

吊り下げ式ギタースタンドの種類

今回はギタースタンド(吊り下げ式)2種類を比較します。

比較するのはコスパが良い「プレイテック(GSH3)」と品質が良いと評判の「ハーキュレス(GS414B PLUS)」です。

  • どっちを買えばいいの?
  • どっちがお得?
  • 両者の違いは?

この2種類で悩んでいる方は多いです。

なぜなら見た目・スペックがほぼ同じなのに価格差が約2倍だからです。

私は実際に両方を購入してこの記事を書いています。

今回の記事では両者の「仕様」を解説しています。

この記事を読むことで「プレイテック(GSH3)」と「ハーキュレス(GS414B PLUS)」の特徴をまとめて知ることができます。


【結論】

正直、普段使いで大きな差はないです。

違いはネックを固定する部分の作り込みやギタースタンドの高さ調整方法など本当に細かい所になります。

ギタースタンドの安定性もほぼ一緒で両方ともラッカー塗装には対応していません。

小さなスペック差に2倍のお金を 「出せる」「出せない」で決まります。

以上を考えるとプレイテック(GSH3)は凄くコスパが良いギタースタンドと言えます。

プレイテックはこんな人にオススメ

  • ブランドにこだわりがなくコストを抑えたい方
ハーキュレスはこんな人にオススメ

  • 価格が高くてもブランドと品質にこだわる方

ギタースタンド /GSH3(PLAYTECH)
created by Rinker
PLAYTECH

ギタースタンドの仕様を比較


左(プレイテック)/右(ハーキュレス)

ハーキュレス製品は黒の部品にワンポイントで黄色が入っているのが特徴です。


【基本情報】

プレイテック
  • オートクランプ
  • 重量:1.5kg
  • 1850円(税込)
ハーキュレス
  • オートクランプ
  • 重量:1.9kg
  • 価格:3480円(税込)

※1 本体サイズは公表しているデータでの比較が難しいため省略。

※2 価格はサウンドハウスを参考。

ハーキュレスはショップによっては高い場合があります。


実際にギターを設置すると見分けがつきませんが細部が異なります。


稼働部の違い

吊り下げ式スタンドで一番重要な部分です。

吊り下げ式の場合はネックを挟むとギターの重量でホールドされる仕組みです。

プレイテックとハーキュレスではクランプ部の構造が違います。

構造の違い

プレイテック

ハーキュレス

稼動部の違い

重い

画像を見ると違いがわからないくらい微妙に動いています。
指で押しても下がっている感覚が少ないです。

軽い

指1本で下がります。
画像を見ると銀の留め具が動いているのがわかります。
ギターを置いた時に「カシャ」と音がするため“固定された”安心感があります。

稼働部の動作が「重い」とどうなるか?

ギターを設置してもゲート(シャッター)部が開きっぱなしになることがある。

ギターを下に引っ張ってあげると最後まで閉まりますが、軽く乗せるとこのような状態になります。

※「ゲート(シャッター)部が開きっぱなしになる」と書きましたギタースタンドに固定されない訳ではありません。

ゲート(シャッター)部は「飾り」程度に考えてください。


素材と拡張性の違い

ハーキュレスギタースタンド

素材と拡張性
プレイテックハーキュレス
ゴム素材

柔らかい

現在、使用中で問題ないですが、長年使うと劣化してくる可能性あり。
ゴムというよりスポンジの様にも感じます。

硬い

プレイテックとは真逆で耐久性は良さそうです。

拡張性

なし

一般的なギター・ベース用になります。
ウクレレなどを使用しない方は問題ありません。

あり

ウクレレなどの細いネックに対応できるようにアタッチメントが2個付属しています。
ナット幅:28mm~52mmに対応

高さ調整方法の違い

高さ調整方法の比較

プレイテック

ハーキュレス

ハーキュレスギタースタンド

構造の違い

ネジ式

画像ではネジ完全に外していますが、多少緩めるだけで調整が可能。

プッシュ式

プッシュ式なので押すだけ。

調整部の位置

プレイテックは後ろにネジがあるため手を回さなければならないのが不便。

プッシュボタンが前にあることで圧倒的に使いやすい。

高さの微調整

完全自由

支柱を上下させて完全に好きな位置で固定できます。

複数の指定箇所あり

プッシュ式のボタンを離して支柱を上下させると「ガチャン」と完全に固定なります。
そのためプレイテックのようにどこでも完全自由な位置では固定できません。
決まった位置があります。

三脚の違い

プレイテック
  • 床に接地するゴムが柔らかい
  • 床に接地するゴム面積が少ない
  • 脚回り強化フレームなし
ハーキュレス
  • 床に接地するゴムが硬い
  • 床に接地するゴム面積が多い
  • 脚回り強化フレームあり

プレイテックは床面に接地するゴム形状が角ばっているため接地面積が少ないことがわかります。

ハーキュレスは丸みを帯びているため接地面積がやや多いです。

少しの差ですが全体のグリップ力(安定性)はハーキュレスの方が良いです。


【強化フレームの有無】

画像の矢印を付けた所を見てください。

強化フレームがあることでより固定が強くなり安定性が増します。

強化フレームが無いプレイテックはどうなるか?

ギター設置時は全く問題ないですが、ギタースタンドを持ち上げると後の脚が勝手に折りたたまれる。

ギタースタンドを移動させたいとなった時に脚の1本が完全フリーになっていると全体のバランスが悪くなります。

移動後も脚を気にして置かなければなりません。

強化フレームの有無は意外と大事なポイントになります。

吊り下げ式ギタースタンドのまとめ

比較してわかったことはプレイテックのコスパが素晴らしい。

ハーキュレスと比べればホールド部、高さ調整部、脚まわりにおいて劣るのは確かです。

価格を考えた時にハーキュレスの約半額であれば購入する価値はあります。

5年、10年と長く使えば不具合が出てくる可能性もありますが、使用頻度によっても変わるため断言はできません。

プレイテックはこんな人にオススメ

  • ブランドにこだわりがなくコストを抑えたい方
ハーキュレスはこんな人にオススメ

  • 価格が高くてもブランドと品質にこだわる方

ギタースタンド /GSH3(PLAYTECH)
created by Rinker
PLAYTECH


オススメのギタースタンドオススメのギタースタンド紹介(ランキングベスト3)ギタースタンド(吊り下げ式)吊り下げ式ギタースタンド/ GSH3(プレイテック)レビューハーキュレスギタースタンドギタースタンド/ハーキュレス(GS414B PLUSの使い方)【HERCULES】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です