初心者でもできるオススメのギターフレット磨き【ベスト3】(プレート紹介あり)

もりそう
もりそう

今回はオススメのフレット磨き「ベスト3」を紹介するよ。

ゆかめろ
ゆかめろ

ギター初心者でもできる?

もりそう
もりそう

もちろん!

フレットを磨くと演奏性も上がるから、やった方がいいよ!

  • どんなフレット磨きがあるのか知りたい
  • 効果が高いフレット磨きを知りたい
  • 初心者でも使えるフレット磨きを知りたい

フレット磨きは難しそうだし、どれを使ったらいいか分からない人は多いのではないでしょうか?

今回の記事では、私が実際に使用した「フレット磨き」ベスト3を紹介しています。

プロの現場でも使用されている製品です。

記事を読むことで、各フレット磨きの特徴を知ることができ、自分合った製品を見つけることができます。


フレットバターMN104スクラッチメンダー946
使いやすさ簡単不便不便
効果普通やや高い高い
価格
(コスパ)
約1200円約1100円約1200円
評価
販売サイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
サウンドハウス
※横にスクロールできます
もりそう
もりそう

誰でも簡単に使えて、効果があるのは「フレットバター」だよ!

フレットバターは研磨剤が入っていないため、指板を保護する必要はありません。

結果、作業時間を大幅に短縮できるのが最大の魅力です。

約20回使うことができ、コスパも良いです。

ゆかめろ
ゆかめろ

これなら私にもできそう

もりそう
もりそう

フレットバターを塗って、クロスで拭くだけだから本当に簡単だよ

第3位/ミュージックノマド:MN104

MN104の評価
使いやすさ
 (3)
汚れ落ち効果
 (4.5)
価格(コスパ)
 (2.5)
総合評価
 (3)

メリット

  • フレットバターより効果がある
  • 石油不使用

デメリット

  • 指板の保護が必要
  • 内容量が少ない
  • 価格がやや高い

フレットクリーナー「MN104」の特徴は、内容量が少ない割に価格が高いことです。

成分は「石油不使用」ですが、フレットを保護する必要があります。

正直、他のフレット磨きと比べて、飛び抜けて効果が高い訳でもなく、作業性が良い訳でもありません…

ミュージックノマドはニッチなメーカーでもあるため、「MN104」を使っている人は少ないです。

「汚れ落とし効果」「価格」が中途半端だと感じます。

こんな人にオススメ

・ギター好きにプレゼントしたい人

※ミュージックノマドには今回紹介した「MN104」を含めた、クリーニングセット品があります。

もりそう
もりそう

可もなく不可もなくと言ったところだね!

価格を下げるか、内容量を増やさないと、使う人はいないかも…

第2位/フェルナンデス:スクラッチメンダー946

スクラッチメンダー946の評価
使いやすさ
 (3.5)
汚れ落ち効果
 (5)
価格(コスパ)
 (5)
総合評価
 (4.5)

メリット

  • フレット磨きの定番で信頼性がある
  • 効果はフレット磨きの中で1番!
  • 内容量が多い

デメリット

  • 指板の保護が必要
  • 作業時間が必要

スクラッチメンダー946の特徴は、フレット磨きの大定番であり、信頼性がある製品になります。

実際に使ってみると、酷いサビを落とすことができました。

なぜランキングを2位にしたのか?

理由は研磨剤が入っているため、指板を保護する必要があり、作業時間を多く必要とするからです。

新しい汚れであれば、スクラッチメンダー946を使うまでもなく、フレットバターで対応できます。

こんな人にオススメ

・長年の汚れを落としたい人

・フレットバターを試したけど、汚れが落ちなかった人

・時間をかけて作業ができる人

もりそう
もりそう

作業時間はかかるけど、汚れ落とし効果は間違いなく1番だよ!

第1位/フレットバター

フレットバターの評価
使いやすさ
 (5)
汚れ落ち効果
 (4)
価格(コスパ)
 (5)
総合評価
 (5)

メリット

  • 簡単に使える(時短が可能)
  • 「磨き」と「保湿」2つの効果
  • プロの現場でも使われる品質と効果

デメリット

  • ニオイが独特で好みが分かれる
  • 酷いサビには効果がイマイチ
  • メイプル指板には使えない

初心者〜プロの現場まで、誰でも簡単に使えるのが特徴です。

研磨剤が入っていないため、指板を保護する必要がありません。

指板のメンテナンス効果もあるため、一石二鳥の製品になります。

注意点として、エレキギターに多い「メイプル指板」には使えません。

こんな人にオススメ

・初めてフレット磨きを使用する人

・時間をかけずに、簡単に汚れを落としたい人

もりそう
もりそう

現在、フレット磨きの中で最も使われているよ

おまけ/フレット保護アイテム

「MN104」と「スクラッチメンダー946」を使う際に、指板を保護する必要があります。

なぜ?

フレットのサビを落とす能力が高い製品には「研磨剤」が含まれているため、指板を傷つけてしまうからです。

保護するアイテムとして主に2つです。

  • 金属プレート
  • マスキングテープ

どれを使っても良いですが、時間があるならマスキングテープを使うのが一番安心です。

プレートを使う場合は、研磨剤の出す量に注意してください。

多すぎると、プレートの隙間から漏れて場合があります。

メリット

  • 使い方が簡単
  • 洗えば何度も使える
  • 安い

デメリット

  • 手が汚れやすい
  • 研磨剤の量が多いと隙間から漏れる
  • プレートの厚みがある部分(フレットの根元)のクリーニングができない

メリット

  • 使い方が簡単
  • 洗えば何度も使える
  • 手が汚れにくい

デメリット

  • 価格が高い
  • 研磨剤の量が多いと隙間から漏れる
  • プレートの厚みがある部分(フレットの根元)のクリーニングができない

メリット

  • 指板を完全に保護できる
  • テープの厚みが薄いため、フレットの根元までクリーニングできる
  • 安い

デメリット

  • 指板全てに貼るのが大変
  • 幅の種類を持っていないと、作業性が悪い
  • 使い切り

まとめ(検証あり)

フレット磨き

使用したギターは、約50年間メンテナンスしていない個体の一番汚れが酷い所で行いました。

検証結果

研磨剤が入っている製品の方が汚れは落ちています。

フレットバターはサビが落ちていないように見えますが、あくまで汚れが酷い場所なので、普通はもっと簡単に落ちます。

実際、フレットの場所によってはキレイになっています。

※「フレットバターの使い方【徹底解説】」より

フレットバターMN104スクラッチメンダー946
使いやすさ簡単不便不便
効果普通やや高い高い
価格
(コスパ)
約1200円約1100円約1200円
評価
販売サイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
サウンドハウス
※横にスクロールできます

「汚れ落とし効果」「作業時間」を総合的に判断するとフレットバターが一番オススメ。

指板を保護せず、使えるのが最大の魅力です。

もりそう
もりそう

初めてフレット磨きをする人でも簡単に使えるから、是非、使ってみてね!

フレットバターの使い方【徹底解説】(50年分の汚れ落としてみた) ギターフレット磨きクリーニングセットをレビュー【ミュージックノマド/MN124-Fret Polishing Kit-】 【フレット磨き】スクラッチメンダー946/サーフェスプロテクター956の使い方(フェルナンデス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。