フレット磨き/WCSスクラッチメンダー946+サーフェスプロテクター956の使い方(フェルナンデス)

フレット磨き/WCSスクラッチメンダー946+サーフェスプロテクター956(フェルナンデス)

スクラッチメンダー946とサーフェスプロテクター956


今回はフレット磨きで使用するフェルナンデスのWCS「スクラッチメンダー946」「サーフェスプロテクター956」の2つを紹介します。

※メインは「スクラッチメンダー946」です。

フレットが汚れていると生じるトラブルとは?

  • 演奏性(スライド・チョーキング)が悪くなる
  • 音(サスティーン)が悪くなる
  • 見た目が悪い

フレットを磨くにはどんな方法があるの?

主に3つの方法があります。

  1. マスキングテープで指板を保護し研磨剤で磨く
  2. フレットボードガードで指板を保護し研磨剤で磨く
  3. 指板とフレットを同時に磨ける「フレットバター」を使う

今回は①「マスキングテープで指板を保護し研磨剤で磨く」を解説します。

これまでフレット磨きのアイテムとして「フレットバター」「ミュージックノマド/フレットクリーナーMN104」を紹介しました。

結論
上記2アイテムより準備がめんどくさいですが、効果抜群です。

この記事でわかること

  • フェルナンデス/WCSの使い方
  • フェルナンデス/WCSの使用感
  • フェルナンデス/WCSの口コミ



スクラッチメンダー946の基本情報


メーカー:フェルナンデス
製品名:スクラッチメンダー946
効果:金属パーツの汚れ落とし、サビ落とし
価格:約1000円前後


メーカー:フェルナンデス
製品名:サーフェスプロテクター956
効果:フッ素皮膜で保護(キズ・汚れ防止)
価格:約1000円前後

スクラッチメンダー946の使い方


注意
スクラッチメンダー946は「ゴールドパーツ」には使えません。
メッキが剥がれるので注意してください。


手順1
準備する物


・スクラッチメンダー946
・サーフェスプロテクター956
・ギタークロス(研磨用)
・ギタークロス(仕上げ用)
・マスキングテープ

ギタークロスですが、2枚準備してください。

「研磨用」は使用後に処分してもいい物を使うことをオススメします。

理由は予想以上に真っ黒になるからです。

MEMO
フレット磨きは力を入れる作業になります。
ギターが安定する場所で行なってください。
ネックスタンドを使うと安定するのでオススメです。
ネックスタンドオススメのギターネックスタンド【ランキングベスト3】


手順2
マスキングテープで保護する

「スクラッチメンダー946」は研磨剤が入っているため、フレット以外に付着すると傷めます。

そのためマスキングテープで指板を保護する必要があります。

注)マスキングテープによっては粘着力が強く、剥がす時に指板に残ることがあるようです。

心配な方は自分の服などに一度貼って、粘着力を若干弱めてから使ってみてください。

MEMO
今回、使用したマスキングテープは「3M(24mm)」です。
リペア現場では定番のマスキングテープです。
私は「24mm」しか持っていませんが、複数の幅を持っていると便利です。
その理由はハイフレットなると「24mm」では幅広く、フレット間に収まらないからです。
今回はテープを切って使用しています。



手順3
スクラッチメンダー946を使う


ギタークロスに「スクラッチメンダー946」を出します。

中身は意外と硬いので一気に飛び出ることはありません。

硬さは歯磨き粉に違いです。


実際に磨いていきます。

ある程度、力を入れて磨く必要があります。

「スクラッチメンダー946」が足りない場合は追加して繰り返し磨いていきます。

結果、ギタークロスが真っ黒に…

「スクラッチメンダー946」はここで終了です。


手順4
サーフェスプロテクター956を使う

注意
サーフェスプロテクター956はマスキングテープを貼った状態で使用してください。
メーカーに確認した所、「指板に染み込むと汚れが発生し易くなる」と回答頂きました。

「サーフェスプロテクター956」は中身がやわらかいです。

出しすぎることがあるため、ゆっくり中身を押し出します。

あとは磨くだけです。

磨き終わったらマスキングテープを剥がします。


手順5
仕上げ

最後にキレイなギタークロスでフレットを拭いて終了です。

手順6
完成

フレットがピカピカになり滑りも良い感じになりました。



スクラッチメンダー946の使用感を語る

【効果】
今回、使用したギターは約50年間メンテンナンスしてこなかった個体です。

約50年分のフレット汚れは手強いです。

しかし研磨剤が入っている「スクラッチメンダー946」は効果抜群でした。

  • フレットバターでは落ちない頑固な汚れもキレイになる
  • フレットカードを使うよりフレットの際(キワ)までキレイになる


【作業のしやすさ】
マスキングテープを貼る作業がめんどくさいように感じますがそこまで苦ではありませんでした。

むしろ、丁寧にマスキングテープを貼ることで安心してフレットを磨くことができます。

今回は「24mm」幅のマスキングテープを使用しましたが、もっと細い幅があればもっと楽に作業ができたとわかりました。

【おまけ】

金属パーツに使えるということで「ペグ」に使用してみました。

施工前はペグ表面がザラザラでしたが、施工後はツルツルになりました。

細かい傷は多少残っていますがキレイになったのは一目瞭然です。

※フレット意外に使用する場合は使っていい箇所なのか各自で確認してください。

不満点

「スクラッチメンダー946」に不満はありません。

「サーフェスプロテクター956」は効果が謎です。

フレット自体が簡単に錆びるものでもないので、どれくらいの期間キレイに保てるのかは正直難しい所です。

今後、施工ギターを増やして検証していきます。

使用者の声(口コミ)


良い口コミ
・ピカピカになる
・想像以上にキレイになる
・中古で購入したギターがピカピカになる
・チョーキングがしやすくなった
・感動する
悪い口コミ
・期待ハズレ

【期待ハズレ】
ネット上を調べると9割以上が良い口コミですが、一部で「使えない」などのコメントを見ます。

どんな良い製品でも必ず批判する方はいます。

この「スクラッチメンダー946」に関しては効果は間違いなくあります。

最後に

今回はフレット磨きで使用するフェルナンデスのWCS「スクラッチメンダー946」「サーフェスプロテクター956」の2つを紹介しました。

新しいギターであれば「フレットバター」などで簡単に落とことができます。

古いギターの頑固な汚れはフレットバターで落とせない汚れがあるのも事実。

その時は「スクラッチメンダー946」を使ってみてください。

「サーフェスプロテクター956」は単体で弦の交換時に使用するのもオススメです。

まとめ

  1. スクラッチメンダー946は効果抜群
  2. フレットが新品のようにピカピカになる
  3. ピカピカ=ツルツルで演奏性が向上する
  4. マスキングテープを貼る作業はそこまで苦ではない
  5. マスキングテープは数種類あると便利
  6. サーフェスプロテクター956は効果がわかりにくい





フレット磨きセットギターフレット磨きクリーニングセットをレビュー【ミュージックノマド/MN124-Fret Polishing Kit-】フレットバターフレットバターの使い方【徹底解説】(50年分の汚れ落としてみた)ネックスタンドオススメのギターネックスタンド【ランキングベスト3】ギタークロスおすすめのギタークロスを紹介【種類と選び方を解説】ミュージック・ノマド/ワークマットミュージック・ノマド/ワークマット(MUSIC NOMAD)

2 COMMENTS

zizi

もりそうさん、こんにちは

これはすごいですね~~
フレットバターではとれなかった14フレット以上、見事にピカピカ!
ペグもピカピカ、すばらしいです
サーフェスプロテクターはもっと興味津々です
ぜひ「その後」をお聞かせくださいね!

返信する
もりそう

ziziさん
こんばんは!
サーフェスプロテクターのようなアイテムは正直、自己満足感が強いアイテムかと…
効果がわかるには時間が必要なのも、なかなかギタリストに広まらない理由なのかもしませんね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です