ギターフレット磨きクリーニングセットをレビュー【ミュージックノマド/MN124-Fret Polishing Kit-】

フレット磨きセット

ギターフレット磨きクリーニングセットをレビュー【ミュージックノマド/MN124-Fret Polishing Kit-】

ミュージックノマド/フレットクリーニングセット

今回はミュージックノマド/フレットクリーニングセット(MN124-Fret Polishing Kit-)を紹介します。

フレットが汚れていると生じるトラブルとは?

  • 演奏性(スライド・チョーキング)が悪くなる
  • 音(サスティーン)が悪くなる
  • 見た目が悪い

フレットを磨くにはどんな方法があるのか?

主に3つの方法があります。

  1. マスキングテープで指板を保護し研磨剤で磨く
  2. フレットボードガードで指板を保護し研磨剤で磨く
  3. 指板とフレットを同時に磨ける「フレットバター」を使う

今回は②「フレットボードガードで指板を保護し研磨剤で磨く」を解説します。

フレットバターは簡単にフレットの汚れを落とすことができる人気アイテムですが、酷いサビに対しては効果がイマイチでした。

そこで今回はそのリベンジとして研磨剤が入っている物を使いどこまでサビを落とせるか試してみました。

フレットバターについては以下の記事を参考にしてください。
フレットバターフレットバターの使い方【徹底解説】(50年分の汚れ落としてみた)

この記事でわかること

  • MN225(フレットボードガード)使い方
  • MN104(フレットクリーナー)使い方
  • 研磨剤入りクリーナーの効果

フレットクリーニングセットの基本情報


内容物

MN225(フレットボードガード)
MN104(フレットクリーナー)
・マイクロファイバースエードクロス

MN225とMN104
上記2アイテムに関しては単体でも販売しています。

※マイクロファイバースエードクロスは単体では販売していません。

セットを購入すると「クロス」と「収納のケース」が付いているのでお得です。

収納ケースと言ってもただの筒ですが…

MN225(フレットボードガード)

特許出願中のグリップガードMN225は、フレット磨きなどのフレット作業を遥かに楽にします。
MN225は、非磁性、耐腐食性、耐熱性を備えた高品質のステンレススチールを使用し、非常に滑らかに仕上げられています。
綿密に計算し、設計されたカーブは、すべてのフレットボードのRにフィットします。
人間工学に基づいたハンドルは、握りやすく、フレットの作業をより簡単かつ迅速に行える高い操作性を実現します。
スモール、ミディアム、ジャンボフレット用の3種セットで、ギターだけでなく、ベース、ウクレレにも使用可能です。

・あらゆる指板のRに対応
・高品質ステンレススチール使用
・あえてカーブを付けることで、指板にフィット
・高い操作性を実現する人間工学に基づいたハンドル
・スモール、ミディアム、ジャンボフレット用の3種セット

引用元:MUSIC NOMAD 正規輸入代理店 キクタニミュージック株式会社

フレットボードガードの存在感価値

フレットを磨く際には指板を保護するためにマスキングテープを使用することが多いです。

しかしこのマスキングテープを貼る作業がめんどくさい…

そこで誕生したのがフレットボードガードです。

フレットボードガードを使うことでめんどくさかったマスキングテープを貼る手間がなくなります。

作業時間が短くなるのが一番のメリットです。

ミュージックノマド製品の特徴

3種類のフレットの太さに対応するため、ほとんどのギター・ベースで使えます。

ポイント
他のメーカーからも同じ様なアイテムが販売されていますが、ミュージックノマド製品の特徴は手持ちハンドルが付いていること。
素材はステンレスなので耐久性には優れていることです。

手持ちハンドルは賛否両論あるようです。

良い口コミ
・長いハンドルは使いやすい
・テンレス製で耐久性がある
悪い口コミ
・あまり使い勝手は良くなかった
・価格がちょっと高い

フレットボードガードは3本あるとガシャガシャして置く場所に困ります。

単体で購入する場合は何でもいいので収納ケースを準備することをオススメします。


MEMO
ちなみに以下がハンドルがないタイプになります。
価格は安いですが、フレットサイズが2種しかありません。
素材に関しても調べましたがメーカーサイトにも記載ありませんでした。

MN104(フレットクリーナー)

クリーンでスムーズなフレットは、チョーキングやビブラートを楽にするだけでなく、弦の寿命をも長くします。
本製品には、酸化汚れおよび油分を安全かつ迅速に除去する微細な研磨剤が含まれています。
本製品を使用すれば荒いクリーナーと汚れたスチールウールの手間をかけずに、スムーズで光沢あるフレットに仕上がります。

・演奏性と弦の寿命を向上
・なめらかで輝くフレットに
・酸化を効果的に除去
・すべての金属製のフレットワイヤーで安全に利用可能
・石油不使用

引用元:MUSIC NOMAD 正規輸入代理店 キクタニミュージック株式会社

内容量が30mlと少ないように感じますが1本あれば当分使えます。

フレット磨きの定番である「フェルナンデス スクラッチメンダー946」よりは割高です。

どうしてもミュージックノマド製品は価格が高めです。

良い口コミ
・人気も知名度も少ない商品
・クリーニング後は滑らか
・びっくりするぐらい汚れが取れる
悪い口コミ
・なし

注意
MN104(フレットクリーナー)を単体で購入する場合
「MN104」と近い品番にほぼ同じデザインで「MN106」という物があります。
購入する際は「MN104」「MN106」間違わないように気をつけてください。
MN104:フレットの研磨剤
MN106:チューニングを安定させる潤滑剤

マイクロファイバースエードクロス

特に特別なクロスというわけではないのです。

マイクロファイバーという割にはそこまで決め細い感じがしませんが、金属(フレット)を磨くにちょうどいいのかも。

ギターフレットの磨き方を解説

実験用のギターはモーリスのW-20です。
(約50年間メンテンナンスしていないギターです)

冒頭にも書きましたが、フレットバターで落ちない箇所で試していきます。

フレットを磨くにはそれなりの力が必要です。

ギター本体を安定させるためにもマットやネックスタンドを使うと快適になります。


手順1
フレットボードガード(MN225)を選ぶ


3種類の中から所有しているギターフレットに合うフレットボードガードを選びます。

ほとんどのギターは「中サイズ」で合うはずです。

余裕を持って大きいサイズを使うと隙間からクリーナーが入り込む可能があるため、きちんとサイズが合う物を使います。


手順2
フレットクリーナー(MN104)を使う

付属のクロスにフレットクリーナーを押し出します。

ポイント
出す量は少ないくらいでOK


手順3
フレットを磨く


実際に磨いていきます。

あとはひたすらキレイになるまで磨きます。

クリーナーが足りなくなったら追加してさらに磨きます。

注意
クリーナーの出す量は少ないくらいでいいと書きました。
多すぎると以下の様になります。

フレットボードガードの隙間に入り込みクリーナーが指板についてしまう。


手順4
完成

磨き終わったフレットを比べると一目瞭然です。


手順5
片付け


フレットボードガードにはクリーナーが付着しているため、使用後は拭き取ってください。

フレットクリーニングセットの使用感を語る


フレットクリーニングセットを使用してわかったことはフレット表面とフレット側面一部しか汚れを落とせない。

理由としてフレットボードガードの厚みがフレット側面を隠しているからです。

マスキングテープを使い、指板を保護すればフレットの付け根部分までキレイに磨けます。

ただし冒頭にも書いたようにマスキングテープをするのがめんどくさいのも事実。

演奏性だけを考えればフレットの表面だけキレイになっていれば十分という考えもあります。

見た目にこだわり、フレット全体(上から下まで)を磨きたいのであればフレットボードガードは使わずマスキングテープを使用した方がいいです。

フレットクリーニングセットの不満点


このセット自体に不満はありませんが、フレットボードガードは必要か言われると正直難しい所があります。

手軽に保護できるのはいい点です。

しかしマスキングテープのように指板を完全に保護できるわけではありません。

使う人がどちらに重点を置くかによって変わります。

手軽さを取るか、指板の安全を取るか

最後に


今回はミュージックノマド/フレットクリーニングセット(MN124-Fret Polishing Kit-)を紹介しました。

フレットボードガードは確かに便利ですが、クリーナーを多く使いすぎると指板に付着する可能性があることを覚えておいてください。

以上を考えると使い方が簡単で指板に付着しても影響のない「フレットバター」は改めて便利なアイテムだと感じました。

フレットバターでは落ちない汚れを落としたMN104(フレットクリーナー)の効果も実証できました。

使い分けが必要です。

  • 比較的新しいギターやこまめにメンテナンスしているギターはフレットバターを使う。
  • あまりに酷い汚れの場合は研磨剤が入っているMN104(フレットクリーナー)を使う。

まとめ

  1. MN225(フレットボードガード)を使えばマスキングテープを貼る作業がなくなる
  2. MN225(フレットボードガード)を使うとフレット表面と側面一部しか磨けない
  3. マスキングテープで保護した方がフレット全体を磨ける
  4. MN104(フレットクリーナー)の効果は高い






フレットバターフレットバターの使い方【徹底解説】(50年分の汚れ落としてみた)ネックスタンドミュージックノマド(MUSIC NOMAD)/ネックサポート(MN206)をレビューミュージック・ノマド/ワークマットミュージック・ノマド/ワークマット(MUSIC NOMAD)ギターメンテナンス5分で出来る普段のギターメンテナンス方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です