オススメのギター/ベースチューナー(ランキングベスト3)

オススメのギター/ベースチューナー(ランキングベスト3)

オススメのギター/ベースチューナー

ランキング
今回はギター/ベースチューナーをランキング形式で発表します。

  • どのチューナーを購入したら良いかわからない
  • 安くて機能が良いチューナーを知りたい
  • 見やすいチューナーを知りたい

私はこれまでチューナーを10個以上購入して比較してきました。

今回の記事では実際に使用したチューナーの「メリット・デメリット」を解説しています。

この記事を読むことで「各チューナーの特徴」をまとめ知ることができます。


【結論】


「Tc.electronic/UniTune Clip」を選べば間違いなし。

各メーカーが様々なチューナーを販売していますが現在“最も売れている”チューナーです。

プロギタリストも多数使用しており、チューナー精度が抜群に良い。

購入して後悔することはありません。

3位 BOSS/TU-05

メリット
  • 電池の残量がわかる
  • 電池を購入する必要がない
  • 使い終わった電池を捨てる必要がない
  • 液晶画面が大きく見やすい
  • 液晶画面の可動域が広い
デメリット
  • 充電を忘れたら使えない
  • 将来、バッテリーの持ちが悪くなる可能性ある
  • ボタンが小さく多少押しにくい
ポイント
一番の特徴は内蔵の充電式バッテリーで動作すること。

「BOSS/TU-05」の問題点は電池を使用しないため、急にバッテリーが無くなったら充電が完了するまで2時間かかることです。

電池式であればコンビニやスーパーにも売っているため緊急時でも対応できますが、「BOSS/TU-05」はできません。

将来、バッテリー持ちが悪くなり、スマホなどである「いきなり残量が残りわずか」のようなことも考えらます。


私が使用してきたチューナーの中で“過去一番”と言って良いほど「液晶画面の視認性」が素晴らしい。

フルカラーディスプレイで文字が大きくて見やすい。

液晶画面の稼働域が広いため、見やすい所に希望通りに配置することができます。

TU-05はこんな人にオススメ

  • 新しい物が好きな方
  • チューナーに“見やすさ”を重視する方

2位 D’Addario/Eclipse Tuner

メリット
  • 豊富なカラーバリエーション
  • 液晶画面の可動域が広い
  • 視認性が良い
  • コスパが良い
  • 簡単操作
デメリット
  • カラーによって安っぽく見える
ポイント
D’Addario Eclipse Tunerの特徴は液晶画面が大きいだけでなく、中の表示自体も大きいので見やすさ抜群でコスパも良い。

操作が簡単でチューニング精度も問題なし。

価格が約1500円前後と手頃な価格帯なのもポイントが高いです。

私が所有している「グリーン」は蛍光色が強く、ヘッドに取付けた時に目立ちます。

少し安っぽさが出るため、気になる方は「ブラック」をオススメします。

豊富なカラー(全6種類)

Eclipse Tunerはこんな人にオススメ

  • チューナーに“見やすさ”を重視する方
  • チューナーのカラーを自由に選びたい方

1位 TC/UniTuneClip

メリット
  • チューニング精度が高い
  • 高精度のストロボモード(±0.02セント)
  • プロギタリスト多数使用
デメリット
  • 液晶画面が回転しない
  • ドッド表示がやや見にくい
ポイント
特徴は高精度のチューニングモード

現在、クリップチューナーで最も売れているのが「UniTuneClip」です。

使用者の中には精度の高いチューニングを行うことでギターの音が変わったいう声も多々聞かれます。

チューナーの精度は「セント」で表します。

多くのチューナーの精度は「±1セント」が多いです。

UniTuneClipの精度

クロマチックモード:「±0.05セント」
ストロボモード:「±0.02セント」

いかにUniTuneClipの精度が高いのがわかります。

チューナーで迷ったUniTuneClipを買えば間違いありません。

UniTuneClipはこんな人にオススメ

  • チューナーで迷ったらコレ一択
  • チューナーに“精度”を求める方

ランキング外

D’Addario/NS Micro Tuner

メリット
  • 持ち運びしやすい
  • ギターに付けても見えにく
  • プロギタリストも愛用
デメリット
  • 小さすぎる
  • 固定力がやや弱め
  • 低音弦の反応が不安定

「D’Addario/NS Micro Tuner」の特徴はとにかく本体が小さいことです。

ギターヘッド裏に隠すように取り付けると、自分以外の人には見せません。

ライブで使用するとあたかも自分の耳でチューニングを合わせているように見えます。

ただし、小さすぎて見にくいという声もあります。

NS Micro Tunerはこんな人にオススメ

  • ライブでチューナーを隠したい方
  • チューナーを持ち運ぶことが多い方
MEMO
私がレビューしている「NS Micro Tuner」は生産終了しています。

現在の新しいモデルは液晶が「フルカラー」仕様になり見やすさが向上しています。

KORG/ピッチクリップ2

メリット
  • コスパがいい
デメリット
  • チューニングで表示されるアルフベットが見にくい

1000円前後で購入できるため「価格が手頃で機能もそれなり」

良くも悪くも“普通”のチューナーです。

希にコラボ仕様が発売されることがあります。

以前はポケモンとコラボしたこともありました。
※ポケモン仕様は販売終了しています。

ピッチクリップ2こんな人にオススメ

  • 価格を抑え機能もそれなりで良い方

PLAYTECH/CLIPTUNER

メリット
  • とにかく安い
  • チューニングモードが豊富
  • 液晶の文字が大きい
デメリット
  • 安っぽく見える
  • チューニングの感度がやや遅い
  • 初期不良が希にある

PLAYTECH/CLIPTUNERの最大の特徴はワンコイン(500円)で買える安さです。

確かに見た目は安っぽさ感じますが意外と機能が豊富。

プレイテック/クリップチューナーには9つのモードが搭載されています。

Chro:クロマチック(他の弦楽器でも使えるモード)
Guitar:ギター
Bass:ベース
Ukule:ウクレレ
Violin:バイオリン
Bj:バンジョー
F:ホルン
B♭:トランペット/サックス
E♭:サックス

ギター以外の方にも使えます。


【オート・パワー・オフ機能】
3分間の操作がないと電源が自動で落ちます。

500円の価格を考えるとこの機能自体が付いていることに驚きます。

CLIPTUNERこんな人にオススメ

  • とにかくコストを抑えたい方
  • チューナーを沢山準備しなければならない方
PLAYTECH ( プレイテック ) / CLIP TUNER
created by Rinker
PLAYTECH

BOSS/TU-12EX

メリット
  • 針があるため見やすい
  • 電池持ちが良い
デメリット
  • 周りの音に影響を受けやすい
  • 本体が大きい
  • ライブでは使いにく

BOSS/TU-12シリーズはBOSSを代表する針式チューナーです。

現在は販売が終了しているため手にするには中古を探すしかありません。

私は何個もチューナーを所有していますが一番使用頻度が高いチューナーです。

デジタル式に比べて、針が物理的に反応するためとにかく見やすい。

ただし、音を拾って反応するため、自分以外の人がチューニングすると反応が悪くなります。

エレアコであればシールドをつなぐことでより精度の高いチューニングが可能となります。

MEMO
ソロギタリストの岸部眞明さん(TU-12H)、下山亮平(TU-12EX)さんは現在でもメインのチューナーとして使用しています。
BOSS/TU-12シリーズは「BOSS TU-12(3機種)を比較」を参考にしてください。

TU-12シリーズはこんな人にオススメ

  • クリップチューナー(デジタルチューナー)が好みでない方
  • 直感的にチューニングの反応を見たい方

KORG/DT-7

KORG DT-7

メリット
  • チューニング精度が高い
  • バズ・フェイトン・チューニング・システム(BFTS)を搭載
デメリット
  • 本体のサイズが大きい

KORG/DT-7の特徴はバズ・フェイトン・チューニング・システム(BFTS)を搭載していることです。

バズ・フェイトン・チューニング・システムとは?
バズ・フェイトンという人物が作り出したものです。
ギターには「ナット」というパーツがあります。

バズ・フェイトン・チューニング・システムを搭載したギターはナットが通常の位置よりブリッジ側に配置されている仕様になります。

ナット位置が異なるので通常のチューナーでは合わせてることができません。
※やり方によってはできる方法もあるようです。


KORG/DT-7はクロマチックモードも搭載しているため通常のギターでも使用することができます。

アコースティックギターデュオ「DEPAPEPE」の徳岡さんはメインでKORG/DT-7を使用しています。

DT-7はこんな人にオススメ

  • エフェクターボードに組み込みたい方

チューナーのまとめ

まとめ

今回は私が実際に所有しているギター/ベースのチューナーをランキング形式で紹介しました。

ランキング外のチューナーも人によって合う物もあれば、場面によって必要な物もあります。

正直、各チューナーの精度はそこまで大きさ違いはありません。

チューナー選びは自分好みのデザインで見やすい物を選べばOKです。

是非、自分にあったチューナーを見つけてみてください。

もし迷ったら「Tc.electronic/UniTune Clip」一択です。

2 COMMENTS

zizi

もりそうさん、復帰お待ちしておりました!

チューナーってなぜか次々欲しくなる魅惑のアイテムですが
私もUNITUNEの購入以来、新しいものは買っていません
それだけ気に入って使ってます
他には何もいらないなあって思わせるのは
考えてみればすごいチューナー、ってことですね

返信する
もりそう

ziziさん
こんばんは!
かなり久しぶりの投稿になりました(苦笑)
そう言えば所有しているUNITUNE壊れました…
電池交換しようと思ったら留め具?ゴールドのパーツがポキ、ポロ…
また購入しようか迷っている所です。

本日、約3ヶ月ぶりくらいにギター弾きました。
指は鈍って動かないし、運指は忘れてるし、指は痛いし…
今後は徐々にギターもブログも再開できそうです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です