UniTuneClip(ユニチューン)チューナー【使い方を徹底解説】

UniTuneClipチューナー

UniTuneClip(ユニチューン)チューナー【使い方を徹底解説】

UniTuneClipが人気の理由

今回はt.c.electronicのUniTuneClipチューナーを紹介します。

現在販売されているクリップ式チューナーの中でダントツに売れているチューナーです。

その理由は?

  • チューニング精度が高い
  • 本体デザインが良い
  • プロギタリストが多数使用
  • 性能を考えればコスパが良い
  • 使用者の評価が高い

実際に使ってわかったこと。
当分、このチューナーを超える物は現れない。

機能が良いチューナーは他にもたくさんありますが「機能」「デザイン」「価格」を総合的に考えるとUniTuneClipチューナーのクオリティは高いです。

この記事でわかること

  • UniTuneClipの使い方
  • UniTuneClipの使用感
  • UniTuneとPolyTuneの違い
MEMO
実際にUniTuneClipを購入して記事を書いています。

UniTuneClipの基本情報

測定モード:クロマチックモード、ストロボモード
ピッチ検出:ピエゾ(振動で音を拾う方式)
対応周波数:435〜445Hz
ボディカラー:1色のみ
価格:3000円前後
取扱説明書:付属していますが全て英語です。

UniTuneClipの使い方

内容物


・本体
・取扱説明書
・電池

取扱説明書は全て英語ですが、操作は簡単なので見なくても使えます。

準備(電池を入れる)

電池品番:CR2032

最大18時間使用可能。

電池を入れる際にクリップ部分を上げて入れます。

ほぼ180°開くので入れにくということはありません。

ボタンを確認

UniTuneClipには3つのボタンがあります。

・電源ボタン
・モード切り替えボタン
・周波数切り替えボタン

電源ボタンを入れてみましょう。

電源を入れると緑のマークが液晶に映ります。
※スタンバイ状態を表しています。

ギターに取付け

ギターのヘッド表面、裏面どちらにも取付けて使うことができます。

注意
ギターとの接着面がゴム素材なのでラッカー塗装の場合は長時間の取り付けは気をつけてください。
ラッカー塗装とは?
正式名称:ニトロセルロースラッカー
特徴として塗装が薄いので音の鳴りが良いとされます。
手間がかかるためいわゆる高級ギターに使われることが多いです。
経年変化で塗装に割れが入るウェザーチェックが良い味を出します。
しかしとてもデリケートな塗装のため取り扱いが難しいとされます。
温度・湿度などで白濁したり、ゴムと化学反応を起こしゴム焼け(黒くなる)することがあります。

低度ならヤスリで削って磨けば対処できますが、重度になると素人では手が出せなくなります。

プロのギタリストは裏面に隠している場合が多いです。

その場合でも音を表すアルファベット表示が自動で反転してくれる機能があるので便利です。

周波数の設定

周波数の切り替えボタンを一度押すと画像のように数値が表示されます。

購入時の初期セッティングは通常「440Hz」になっていますが、まれに違う数値が入っている場合があるようです。

440Hz(ヘルツ)とは?
チューニングする際に基準の音が必要になります。
ギターは440Hz=A(ラ)が世界基準になります。
※ギターの場合だと5弦の開放弦の音。
では他の数値は何で使うのか?
生ピアノ、バイオリン、管楽器などクラシック音楽で442Hzを使います。
そのためギターを弾く方は440の数字だけを覚えておけばOKです

購入して初めて使う場合は一度確認してください。

数値を変更する場合は「チューニングモード変更ボタン」と「周波数ボタン」で上下できるので試してみてください。

ちなみに435〜445Hzの範囲で変更が可能です。

チューニングモードを選ぶ

UniTuneClipには2つのチューニングモードがあります。

・クロマチックモード
(精度:±0.05セント)
・ストロボモード
(精度:±0.02セント)
セントとは?
1セント=半音の1/100
人間は5セントまでしか聴き取れないとされています。

MEMO
ブログ内「チューナー(記事一覧)」には他にもチューナーのレビュー記事がありますが、ほとんどが「±1セント」仕様です。
ちなみに、販売価格が約8000円のBOSS/TU-12EXは±1セント仕様
価格が高ければ必ずしも精度が高いわけでありません。
いかにUniTuneClipの精度が高いのかがわかります。

どっちを使えばいい?

結論
「クロマチックモード」が使いやすい。

多くのチューナーは「クロマチックモード」が多いため、他のチューナーからの買い替えでも違和感なく使えます。

「ストロボモード」はチューニングの精度は高くなりますが慣れないと時間がかかります。

クロマチックモード

緑のマークがチューニングの基準です。

縦線(ドット)が現在の音の位置になります。

・音が合っていると上の液晶表示
・音がズレていると下の赤色線で表示

右に出ているアルファベットが現在の音になります。

ストロボモード

ストロボモードは画像だけでは説明が難しいですが参考にしてください。

画像の◯を付けた所がポイントです。

横線(ドット)が常に動いている状態です。

弦を弾いて動きがゆっくりになるようにチューニングしていきます。

「±0.02セント」精度はプロの現場で使われるレベル。

正直、普段使いで「ストロボモード」は使いにくです。

♯はアルファベットの隣に表示

かなり小さく表示なって見にくいですが、♯の時は赤い点が出るんだと覚えておけばOKです。

便利機能(自動パワーオフ)

自動パワーオフ機能が付いているため3分経過すると電源が切れます。

クリップチューナーは便利なのですが、液晶画面ということで電池(ボタン電池)の消耗は早い。

私は普段、BOSSの針式チューナー(単四電池)も使用していますが、それに比べたら明らかに早いです。

MEMO
現在は充電式のチューナーも販売されています。
電池を購入する手間・捨てる手間がなくなるので便利です。
詳細記事
ボス/チューナーの使い方【BOSS/TU-05】

UniTuneCliの使用感を語る

チューンング精度

UniTuneClipチューナー

チューニング精度は「良い」の一言!

チューナーの反応スピードも申し分ないのでストレスなくチューニングができます。

これがUniTuneClipの「売れる理由」「指示される理由」です。

取付け強度(クリップ力)

クリップ力が強くないのでヘッドに取付けた状態でボタン操作を行うと本体がズレます。

おそらくヘッドを傷つけないようにするために「強すぎないクリップ力」だと考えられます。

液晶が回転しない

画像にあるように一定方向の動き(約180°)しかできません。

見やすい位置にするにはヘッドにあえて斜めに取り付ける必要があります。

UniTuneClipは液晶を回転させることができないのが残念な所です。

MEMO
液晶の回転はチューナーの見やすさを大きく左右します。
私が所有している「D’Addario Eclipse Tuner」や「BOSS/TU-05」はかなり自由度の高い回転ができます。
見やすさ重視の方にオススメです。
【詳細記事】
ダダリオ チューナーの使い方【D’Addario Eclipse Tuner】
ボス/チューナーの使い方【BOSS/TU-05】

アルファベット表示が見にくい

液晶表示がドットなので見にくいと感じることが多々あります。

画像は正面から見た時の「B」ですが、実際にギターを抱えたときに角度によって「D」と見えてしまうことがあります。

UniTuneとPolyTuneの違い

今回紹介した「UniTuneClip」と見た目が同じチューナーがあります。

PolyTune Clip」と呼ばれるチューナーです。

違いは「ポリフォニック・チューニング機能」の有無だけです。

ポリフォニック・チューニング機能とは?
一度に全部の弦を弾いて一気に確認することができる機能です。

1つの機能の違いだけで2000円前後の価格差は高い印象を受けるため、機能がない「UniTuneClip」の方が売れています。

UniTune
  • ポリフォニック機能なし
  • 液晶のUniTune文字
    (赤色)
  • 約3000円前後
PolyTune
  • ポリフォニック機能あり
  • 液晶のPolyTune文字
    (青色)
  • 約5000円前後

使用者の声(口コミ)

良い口コミ
・とにかく精度が良い
・反応のレスポンスが素晴らしい
・ストロボモードが良い
・1ランク上のチューニング精度
・ギターの音が良くなる
悪い口コミ
・画面の可動の悪さ(回転しない)
・電源が落ちるのが早い(3分)

UniTuneClipのまとめ

UniTuneClipチューナー

UniTuneClip」はプロの現場でも使われているので、チューナー選びに迷ったらをこれを買えば間違いありません。

ギター初心者にもオススメのチューナーです。

ブログ内「チューナー(記事一覧)」には他にもチューナーのレビュー記事があるので参考にしてみてください。

まとめ

  1. プロの現場でも使われている
  2. チューニングの精度が高い
  3. 液晶ドットが明るい
  4. サイズが小さいのでベッド裏に隠せる
  5. ベッド裏に取付けても表示が反転する



4 COMMENTS

zizi

もりそうさん、おはようございます

知りませんでした、ユニチューン・・・
ポリチュ-ンが発売された頃、結構あこがれて調べてみたんだけど
①ソロギでよく使う変則チューニングに対応できるんだろうか?
②仮に対応できてもチューニングの数だけ購入、なんてことにならないか?
③どうやら①はクロマチックモードがあってなんとかなりそうだけど
 それならポリフォニックでなくてもよかないか?
みたいな感じでTCのポリチューンは自分には向かないと結論を出していて
似たような写真を見ても「それはダメダメ」とすり込まれていたので
ユニチューンはまるでノーマークでした(笑)

しかしもりそうさんの記事で俄然興味がわきました
良いきっかけを与えていただいて感謝です!
ただ、お手頃価格といっても3000円超え・・
ちょっと勇気も必要ですけどw

返信する
もりそう

ziziさん
こんばんは!
価格は確かに他のメーカーや機種に比べれば高いですね。
最近の物は1000円前後でも良い物がある印象なので…
個人的には今後、t.c.electronicがどんな進化版を出してくるのかも楽しみです。
多分、今後もチューナー買い漁ると思います(笑)
結局私はBossのTU-12に戻るとわかっておきながら(笑)
どうしてもアナログ人間なので針式からなかなか抜けれません。

返信する
鈴木道生

初めて投稿させて頂きます。PolyTune Clipの黒に惚れてそっちを買いました。はっきり言って鬱陶しいし必要ないと思います。さて電源に関してなんですが、日本語取説には電源を入れると3分でOFFになりますと書いてあります。チューニングが終わってそのまま弾き続けてチューナーに音が入力し続けても確かに3分で電源が落ちます。まあこれって省エネ?コルグなんかではずっとONのまま完全に音の入力がないと自動でOFFになります。これに慣れてるのでAmazonに返品交換しましたが結果は同じでした。チューニングが終わってすぐOFFにすればこの違和感はないのですが、使われていていかがでしょう?肝心の性能はピカイチだと思います。私も首を振ってくれると言うとこなしだと思います。特にテレキャスターなんかにはちょっと使いにくいです。

返信する
もりそう

鈴木道生さん
コメントありがとうございます。
PolyTune Clipは購入して試そうかと思っていた所でした。
辞めようかな…
コメント頂いた電源の件ですが気にしたことなかったです(苦笑)
検証したい所ですが実は所有しているUniTune Clipの電池を入れる部分の金具が折れて壊れてしまいました。
私の電池を入れる際の不注意なのか、不良品なのかは謎ですが…
「テレキャスターなんかにはちょっと使いにくいです。」とはどんな理由ですか?
私はアコギ専門なのでエレキのついて教えてもらえるとありがたいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です