G7TH ( ジーセブンス )  Newport Capoをレビュー

G7THカポタスト

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

もりそう
もりそう

今回はG7TH「Newport Capo」を紹介するよ。

  • G7TH「Newport Capo」の特徴を知りたい
  • 使い方を知りたい

私はこれまで、10種類以上のカポタストを試してきました。

今回の記事では、G7TH Newport Capoの「使い方」「使用感」を解説しています。

この記事を読むことで、Newport Capoの特徴を知ることができます。


G7TH Newport Capoの評価
着脱
 (5)
ピッチの安定
 (4)
価格(約5,200円)
 (3)
総合評価
 (4)

メリット

  • ワンタッチ取り付けできる
  • 圧力を調整できる
  • 重量が軽い

デメリット

  • カラーによって価格が高い
  • ヘッド先端に取り付けできない

G7TH「Newport Capo」はワンタッチで取り付けることがで、圧力の調整もできるのが特徴です。

機能性はもちろん、デザインが美しいのが魅力です。

アコギのカラーバリエーションは3種類ですが、カラーによって約1,000円の価格差が発生します。

こんな人にオススメ

・圧力を調整できるカポタストが欲しい人

・Victor Capoと似ているカポが欲しい人

G7TH Newport Capoの概要

製品ラインナップ
  • アコスティックギター用
  • クラシックギター用
  • バンジョー用
  • 12弦用
  • ドロップD用
  • ショートカット用
アコギ用のカラーバリエーション
  • ゴールド(約5,200円)
  • ブラック(約4,500円)
  • シルバー(約4,000円)

アコースティックギター用のみ「黒」「ゴールド」があります。

店舗やカラーによって、約1,000円の価格差が発生します。

もりそう
もりそう

サウンドハウスが比較的安くてオススメだよ。

G7TH Newport Capoの使い方

ネジを回して幅を調整

ネジを回すことで、取り付け部の幅(開き加減)を調整することができます。

上から挟み込む

上から挟み込んだら、レバーを内側に倒してやるだけです。

再度圧力調整

最初にある程度の圧力調整を行なっていますが、取り付け後も調整できるのが「Newport Capo」最大の特徴です。

締め付けが緩いと、音がビビる原因になるため、適度に締めてください。

補足

ソロギタリストの岸部眞明さんは、演奏中に締め直す(調整)ことがよくあります。

私も演奏中に「もう少し締めたい」と感じたことがありました。

他人にはわからないけど、自分の中では「何か気持ち悪い感覚」です。

ヘッドには取り付け不可

Newport Capoはヘッドに取り付けできません。

結果、曲中に転調できないことを意味します。

ギターに取り付けたい人へ

ヘッドではなく、ナットの上あたりに挟めることで取り付けができます。

G7TH Newport Capoをレビュー

着脱・圧力調整

記事内で何度も記載していますが、圧力調整が自由にできるカポタストです。

ギターとカポタストの相性は存在します。

ネック・指板の太さによって、弦への当たりの強さが変わります。

当たりが強すぎるとフレットを無駄に削り、緩いと音がビビることになります。

ピッチ(サウンド)

圧力調整をうまく使いこなすことで、安定したピッチが実現します。

もりそう
もりそう

逆に言えば、ギター初心者には扱いにくことになるね。

重量

カポタストの中では、比較的軽い分類に入ります。

重量が軽いことで、ギターが重くならず演奏に集中できます。

参考(代表的なカポタストの重さ)

・NS Capo Lite:18g

・Kyser kg6:41g

G7th Newport :45g

・G7th Performance:53g

・Greg Bennet:53g

・Shubb C-1:54g
・Victor capo:56g

・Maton:80g

不満点

不満点はありません。

1つ気になるのは、取り付ける時にレバー付近から「カチッ」と音が鳴ることです。

なんか壊れそうな音というか、安っぽい音というか、うまく伝えられませんが、そんな音がします。

使い続けてどうなるか、要経過観察が必要です。

他製品との比較

G7THVictorNS Capo Lite
タイプネジ式・レバー式ネジ式ネジ式
圧力調整可能可能可能
着脱ネジを回す回数が少ないネジを回す回数が少ないネジを回す回数が多い
転調不可不可不可
重量約45g約56g約18g
価格約5,200円販売終了約1,400円
評価
販売サイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
販売店なしAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
※横にスクロールできます

私がG7TH Newport Capoを購入した理由は、Victor Capoのような物が欲しかったからです。

残念ながらVictor Capoは販売が終了してしまい、手に入れるのが難しくなりました。

ソロギターを演奏する人であれば、欲しい人は多いはずです。

ネジ式は「NS Capo」などもありますが、見た目が異なります。

もりそう
もりそう

圧力調整できるカポタストが欲しいなら是非検討してみてね。

まとめ

G7TH Newport Capoの評価
着脱
 (5)
ピッチの安定
 (4)
価格(約5,200円)
 (3)
総合評価
 (4)

メリット

  • ワンタッチ取り付けできる
  • 圧力を調整できる
  • 重量が軽い

デメリット

  • カラーによって価格が高い
  • ヘッド先端に取り付けできない

G7TH「Newport Capo」はワンタッチで取り付けることがで、圧力の調整もできるのが特徴です。

機能性はもちろん、デザインが美しいのが魅力です。

アコギのカラーバリエーションは3種類ですが、カラーによって約1,000円の価格差が発生します。

こんな人にオススメ

・圧力を調整できるカポタストが欲しい人

・Victor Capoと似ているカポが欲しい人

オススメのカポタスト オススメのギターカポタスト(ベスト3)【選び方を解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です