【D’Addario/Planet Waves】NS Capo Lite(PW-CP-07)をレビュー

NSカポタスト レビュー

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

もりそう
もりそう

今回は「NS Capo Lite 」について解説するよ。

  • NS Capo Liteの特徴を知りたい
  • 使い方を知りたい

私はこれまで、10種類以上のカポタストを試してきました。

今回の記事では、NS Capo Liteの「使い方」「使用感」を解説しています。

この記事を読むことで、NS Capo Liteの特徴を知ることができます。


NS Capo Liteの評価
着脱
 (3)
ピッチの安定
 (3.5)
価格(約1,400円)
 (4)
総合評価
 (3.5)

メリット

  • とにかく軽い
  • 価格が安い
  • 気軽に使える

デメリット

  • 曲中に転調できない
  • ヘッドに取り付けできない
  • ネジを多く回さないと取り付けできない

NS Capo Liteの特徴は、本体がとにかく軽く、価格がお手頃なことです。

個人的に紛失しても、そこまで落ち込まないので、外に持ち出すカポタストとして1つ持っておくのもありです。

使用感は「可もなく不可もなく」といった所が正直な所です。

ギターヘッドが重くなるのが嫌な人は、試してみてください。

こんな人にオススメ

・コスパが良いカポタストが欲しい人

・軽いカポタストが好みの人

使い方を解説

ネジを緩める

ネジ式カポタストの中では、ネジが大きく、回しやすいです。

開く幅も大きいので、太いネックでも対応できます。

挟み込む

ネックの上から挟み込んで、ネジを締めていきます。

取り付け完了
ヘッドに取り付ける場合

NS Capo Liteはヘッドに取り付けできません。

ゴム部分をヘッドプレートに押し付けると、裏側が浮ます。

ヘッドにしっかり固定されているように見えますが「乗っているだけ」です。

ギターを横に向けると落ちます…

ネジの締め付けを一番キツくしてもダメでした。

NS Capo Lite をレビュー 

着脱・圧力調整

ネジを回して取り付ける必要があるため、簡単にワンタッチ取り付けとはいきません。

NS Capo Liteは圧力調整が可能です。

現在、圧力調整できるカポタストは少ないので、貴重なカポタストです。

NS Capo Liteはネジが大きく、かなり滑らかに回ります。

言葉で表現するのは難しいですが、あえて言うなら「ヌルヌル」です。

他のカポタストには無い、回しやすさがあります。

ピッチ(サウンド)

弦を押さえつけるゴム部分は硬い分類に入ります。

ピッチの安定性も悪くないと感じました。

価格を考えると、コストパフォーマンスは高いです。

不満点

不満点は特にありません。

価格が安いので、「素材」「見ため」に安っぽさを感じます。

他製品との比較

NS Capo LiteVictor
タイプネジ式ネジ式
圧力調整可能可能
着脱ネジを回す回数が多いネジを回す回数が少ない
転調不可不可
重量約18g約56g
価格約1,400円販売終了
評価
販売サイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
販売店なし
※横にスクロールできます

NS Capo Liteと近い製品は「Victor」カポタストです。

一番の違いは「ネジを回す回数」です。

例えば、Victorカポタストで3回まわして締まる所、NS Lite Capoは9回まわす必要があります。

取り扱いは、Victorカポタストの方がいいです。

もりそう
もりそう

Victorカポタストの生産終了は本当に残念…

まとめ

NS Capo Liteの評価
着脱
 (3)
ピッチの安定
 (3.5)
価格(約1,400円)
 (4)
総合評価
 (3.5)

メリット

  • とにかく軽い
  • 価格が安い
  • 気軽に使える

デメリット

  • 曲中に転調できない
  • ヘッドに取り付けできない
  • ネジを多く回さないと取り付けできない

NS Capo Liteの特徴は、本体がとにかく軽く、価格がお手頃なことです。

個人的に紛失しても、そこまで落ち込まないので、外に持ち出すカポタストとして1つ持っておくのもありです。

使用感は「可もなく不可もなく」といった所が正直な所です。

ギターヘッドが重くなるのが嫌な人は試してみてください。

こんな人にオススメ

・コスパが良いカポタストが欲しい人

・軽いカポタストが好みの人

オススメのカポタスト オススメのギターカポタスト(ベスト3)【選び方を解説】

2 COMMENTS

zizi

こんにちは!
SHのポイントってありがたいですけど、有効期間が短いので焦ってしまうのが玉に瑕ですねw

NSカポは3個使ってますが、確認したところLITEは無いみたいでした
でもパッケージから出すともう見分けがつかなくって、確実なところはわからないです(笑)
ちなみにNSカポProの重量は22~23gでしたw

カポって音の違いは確かにあると思うのですが、カポの特性なのか指板材の影響も受けているのか今ひとつわからないのと、違いそのものも結構微妙ということもあって、自分の中でも上手く整理できていないというのが正直なところです
ただ、構造的&物理的に考えてカポの押弦部の幅が狭いほど、指板への追従度が高いほど音程変化の度合いが小さいだろうということで、ペイジカポ、エリオットカポ、シャブファインチューンカポのような形態が望ましいのではと考えてますが、エリオットやファインチューンはよう買わずw、ペイジカポを比較的多用しています

でもNSカポも脱着しやすいく、音も変に感じたこともないので良いカポだと思います
ギターケースやポーチに入れておくには極上のカポじゃないでしょうか

返信する
もりそう

ziziさん
いつもありがとうございます。
NSカポ3つも持ってるんですか!?
実はProも試してみたいと思っていた所でした。
ただ、liteとどこまで違うのかわからず保留のままです。

正直、私もそこまで違いがわかる方ではありません。
しかし、以前エリオットを試したことあったのですがあれは他とは違うと感じました。
カポを付けているのに付けていなようなクリア感がありました。
なんとか今後手に入れたいと考えている所です。
問題は値段だけです…

ペイジカポは試したことないですね…
ネットで見ても意外と使っている人って少ないのはないでしょうか?
ziziさんが使用しているなら、これは購入してみる価値ありそうですね。
新たなネタありがとうございます(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です