【KYSER】カイザーカポ KG6 をレビュー

kyser カポタスト レビュー

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

もりそう
もりそう

今回はKYSERカポについて解説するよ。

  • KYSERの特徴を知りたい
  • 品番の選び方を知りたい
  • 使い方を知りたい


KYSERは種類やカラーバリエーションが豊富で、どの品番を購入したらいいか悩みます。

私は長年、KYSERを使用しています。

今回の記事では、KYSERの「選び方」「使い方」を解説しています。

記事を読むことで、KYSERの特徴を知ることができます。


KYSERの評価
着脱
 (5)
ピッチの安定
 (3)
価格(約2,200〜2,900円)
 (3.5)
総合評価
 (4)

メリット

  • クリップ力が絶妙で使いやすい
  • 片手で取り付けできる
  • ヘッド先端に取り付けできる
  • 演奏中に転調が可能
  • カラーのバリエーションが豊富

デメリット

  • 本体の存在感(見た目)が大きい

メーカーサイトより引用

カイザークイックチェンジカポは、カイザーミュージカルプロダクツによって専門的に設計・製造されており、耐久性に優れ、チューニングやフィンガリングを変えることなくキーを変えるというカポタストの役割をシンプルにこなすもので、信頼性の高い製品です。
カイザークイックチェンジカポを使用すれば、熟練のプロギタリストも初心者も一様に、片手で数秒の内にギターを移調させることができます。
また、見た目の美しさは、そのシンプルさから生じます。
カイザーのオリジナルデザインは模倣し得ない精度を誇ります。取って代わるような物はありません。

引用元:KYSER

KYSERの特徴は「使いやすさ」と「カラーのバリエーションが豊富」なことです。

洗濯バサミのように、握って挟むだけなので使い方は簡単です。

他のカポタストには無いほど、カラーバリエーションが豊富なので、好みのカラーが見つかります。

使用しない時は、ギターのヘッド先端に挟めることができるのも、意外と便利です。

本体が大きいので、ギターに取り付けると目立ちますが、逆に目立つカラーを使い個性を出すこともできます。

こんな人にオススメ

・使いやすさを重視する人

・沢山のカラーバリエーションから選びたい人

選び方を解説

KYSERの品番は、先頭が「K」と決まっており、その後は「対応楽器」「カラー」で管理されています。

私が所有している「KG6R」で解説します。

K:ブランドの頭文字

G:アコースティックギター

6:6弦

R:赤(カラー)

対応楽器の見分け方

品番対応楽器
Gアコースティックギター
Eエレキギター
Cクラシックギター
1212弦ギター
GDドロップD
BMウクレレ/バンジョー/マンドリン
TLアコースティックギター/エレキギター

多くは、G(アコースティックギター)かE(エレキギター)を選ぶことなります。

KG6TL(アコギ/エレキ)

「LT」はローテンションを意味します。
スプリングのテンションが従来の約75%(アコギ用カポで比較した場合)になります。
弦高が低いギターにオススメです。
弦高が低いということは、抑える力が少なくて済むことになります。
それに着目したのがこのはローテンション仕様になります。
カラーはマッドブラックで一番無難で使いやすいカラー。
アコギ・エレキ両者を弾く方にオススメです。

豊富なカラーバリエーション

カラー(一覧)
  • ブラック
  • ゴールド
  • ブルー
  • レッド
  • ピンク
  • ホワイト
  • ラベンダー(薄紫)
  • オレンジブレイズ
  • イエローブレイズ
  • エメラルドグリーン
  • メイプル
  • カモフラージュ(迷彩柄まではいかない土色)
  • タイダイ(ド派手カラー)
  • レッドバンダナ(赤に何か模様が入ってる)
  • ローズウッド(暗い赤系 虎目)
  • カッパーヴェイン(茶系?模様入り)
  • フリーダム(アメリカ国旗)
  • ディープパープル(紫系)
  • シルバーヴェイン(単色でなく…模様入り)
  • ブラッククローム(真っ黒までいかない)

とにかくカラーバリエーションが豊富です。

ギターのボディカラーに合わせて選ぶのもオススメです。

私は黒ギターに赤色のKYSERを使用しています。

他にも白、黄、緑が合いそうだなと考えるのも楽しです。

カラーによって生産終了の物もあります。

注意

実店舗では、上記のようなカラーバリエーション全てを揃えている所はほぼありません。

一番早いのは、ネットショップで購入することです。

使い方を解説

上から挟む

手のひら全体を使って握ります。

男性なら指何本かでいけますが、女性には厳しいです。

抑えたい部分(ネック)の上から挟み込みます

下から挟む

下から取り付ける人もいます。

間違いではないですが、実際にやると取り付けにくいのがわかります。

ライブ中に取り付けにモタつく可能性があるので、上からの取り付けることオススメします。

ヘッドに取り付け

曲中で転調する場合は、ヘッドに待機させておきます。

ラッカー塗装のギターに、長時間取り付ける場合は注意してください。

ラッカー塗装とは?

正式名称:ニトロセルロースラッカー

塗装が薄いので、音の「鳴り」が良いとされますが、施工に手間がかかるため、高級ギターに使われることが多いです。
とてもデリケートな塗装のため、取り扱いが難しいとされています。
温度や湿度などで白濁したり、ゴムと化学反応を起こし、ゴム焼け(黒くなる)することがあります。

KYSERカポタストをレビュー

素材はアルミニウムで出来できているので、見た目と違い軽いです。

着脱・圧力調整

洗濯バサミのように、挟むだけなので、片手で着脱することができます。

女性でも扱いやすいのが特徴です。

簡単な着脱が、曲中の転調を可能とします。

KYSERは圧力調整(締め付け具合の調整)できません。

ピッチ(サウンド)

ゴムは柔らかめで、ゴム部分に弦が食い込むような感じがあります。

弦のテンションもキツくならず、音は柔らかめの印象です。

見た目(デザイン)

本体が大きいため、派手なカラーを使うと存在が出ます。

本体の存在感が嫌な人や、ライブなどで人前に出る時に、ギター含めシルエットを気にするようであれば、他をオススメします。

もりそう
もりそう

カラーで個性を出したい人にはオススメだよ。

不満点

着脱時のバネの強さが、そこまで強くないため、抑えるコードによっては(個人的にB7)本体がズレることがあります。

他製品との比較

KYSERMaton
タイプクリップ式クリップ式
圧力調整不可不可
着脱力は不要(バネが弱い)力が必要(バネが強い)
価格約2,200〜2,900円約4,400円
評価
販売サイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
※横にスクロールできます

KYSERと近いカポタストは「Maton」です。

共にクリップ式で、使用感はほぼ同じですが、挟みこむクリップ力が大きく違います。

KYSER:バネが弱いため、女性や子供にオススメ

Maton:バネが硬く、男性でも力が必要

ちなみに圧倒的に売れているのは、KYSERです。

Matonは販売店が少ないのも、まだ広がらない理由でもあります。

まとめ

KYSERの評価
着脱
 (5)
ピッチの安定
 (3)
価格(約2,200〜2,900円)
 (3.5)
総合評価
 (4)

メリット

  • クリップ力が絶妙で使いやすい
  • 片手で取り付けできる
  • ヘッド先端に取り付けできる
  • 演奏中に転調が可能
  • カラーのバリエーションが豊富

デメリット

  • カポの存在感(見た目)が大きい

KYSERの特徴は「使いやすさ」と「カラーのバリエーションが豊富」なことです。

洗濯バサミのように、握って挟むだけなので簡単です。

他のカポタストには無いほど、カラーバリエーションが豊富なので、好みのカラーが見つかります。

カポタストを使用しない時は、ギターのヘッド先端に挟めることができるのも、意外と便利。

カポタスト自体が大きいので、ギターに取り付けると目立ちますが、逆に目立つカラーを使い個性を出すこともできます

こんな人にオススメ

・使いやすさを重視する人

・沢山のカラーバリエーションから選びたい人

オススメのカポタスト オススメのギターカポタスト(ベスト3)【選び方を解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です