【ゴム式】カポタストをレビュー(付け方を解説)

ゴムカポタスト

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

もりそう
もりそう

今回は「ゴム式カポタスト」を紹介するよ

  • ゴム式カポタストの特徴を知りたい
  • 使い方を知りたい

私はこれまで、10種類以上のカポタストを試してきました。

今回の記事では、ゴム式カポタストの「使い方」「使用感」を解説しています。

この記事を読むことで、ゴム式カポタストの特徴を知ることができます。


ゴム式カポの評価
着脱
 (1)
ピッチの安定
 (2)
価格(約800〜1,000円)
 (3)
総合評価
 (2)

メリット

  • 価格が安い

デメリット

  • ワンタッチで取り付けできない
  • 音がビビることがある
  • ゴムがヘタってくる

昔ながらのカポタストで、入門用ギターセットに付いてくることが多いです。

価格は安いですが、ゴム素材なので、長年使用するとヘタってきます。

取り付け方によって、6弦側もしくは1弦側の固定力が不安定で、音がビビることがあります。

THE ALFEEの坂崎幸之助さんが、使用しています。

こんな人にオススメ

・THE ALFEE 坂崎さんのファンの人

ゴムカポタストの概要

ゴムカポタストの特長は、布ゴム素材の中に、金属の穴があり、シャフトを挿し込むものです。

私が所有している2つのゴムカポタストは異なる仕様です。

シャフトは2パターン
  • シングルシャフト
  • ダブルシャフト
販売メーカー
  • ヤイリ
  • ダンロップ
  • タカミネ
もりそう
もりそう

現在はメーカーによって、1,000円前後まで値上がりしています。

1,000円出すのであれば、他のメーカーのカポも購入できてしまうのが現状です。

使い方を解説

ゴムを開く

ギターに取り付けるために、まずはカポタストを開く必要があります。
金属のシャフトから固定されている部分を抜きます。

ギターの取り付け

金属シャフト部分を、弦に当てた状態にします。

ゴムを戻す

カポ本体を固定しつつ、もう一方の手でゴムを引っ張り固定します。

カポタストによっては、締め付け具合が2段階ある物もあります。

取り付け完了
もりそう
もりそう

取り付け後に各弦を弾いて、音がビビらないか確認してね。

注意

ゴムカポタストは使っていくうちに、ゴムの締まりが悪くなります。
特に6弦側、もしくは1弦側の固定が甘くなり、音がビビることがあります。

ゴムカポタストをレビュー

着脱・圧力調整

一度、ゴムを伸ばす必要があるため、着脱は悪いです。

片手では取り付けできません。

ゴムカポタストによっては、圧力調整が2段階ある物もありますが、そこまで違いはないです。

ピッチ(サウンド)

ゴムの伸び縮みがあるため、ピッチが良いとは言えません。

特に、何年も使用すると影響が出てきます。

不満点

不満点と言っていいかわかりませんが、ゴムの特性上、経年劣化で割れたり、毛羽立ち、ゴムが収縮します。

他のカポタストより、耐久性は悪いです。

まとめ

ゴム式カポの評価
着脱
 (1)
ピッチの安定
 (2)
価格(約800〜1,000円)
 (3)
総合評価
 (2)

メリット

  • 価格が安い

デメリット

  • ワンタッチで取り付けできない
  • 音がビビることがある
  • ゴムがヘタってくる

昔ながらのカポタストで、入門用ギターセットに付いてくることが多いです。

価格は安いですが、ゴム素材なので、長年使用するとヘタってきます。

取り付け方によって、6弦側もしくは1弦側の固定力が不安定で、音がビビることがあります。

THE ALFEEの坂崎幸之助さんが、使用しています。

こんな人にオススメ

・THE ALFEE 坂崎さんのファンの人

オススメのカポタスト オススメのギターカポタスト(ベスト3)【選び方を解説】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です