【Maton】メイトンギターカポをレビュー

Matonカポタスト レビュー

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

もりそう
もりそう

今回は「Maton」カポタストについて解説するよ。

  • Matonカポタストの特徴を知りたい
  • 使い方を知りたい

私はこれまで、10種類以上のカポタストを試しました。

今回の記事では、Matonカポタストの「使い方」「使用感」を解説しています。

この記事を読むことで、Matonカポタストの特徴を知ることができます。


Matonの評価
着脱
 (4)
ピッチの安定
 (3)
価格(約4,400円)
 (2)
総合評価
 (3.5)

メリット

  • メイトンギターに最適
  • メイトンギター以外でも使える
  • 安定の固定

デメリット

  • クリップ力が強い
  • 女性には扱いにくい
  • 取り扱い店舗が少ない

近年、メイトンギターが人気で、知名度が一気に高くなったブランドです。

メイトン カポタストの特徴は、クリップ力がとにかく強いことです。

女性や小さな子供には扱いにくです。

逆を言えば、固定がしっかりしているので、取り付けの安心感は抜群です。

一部のショップ説明書きでは「メイトンギター専用」とありますがそれは間違いです。

他のメーカーのギターでも使用できます。

取り扱い店舗が圧倒的に少ないため、ネットで購入するのが早いです。

こんな人にオススメ

・メイトンギターを所有している人

・固定力が強いカポタストが欲しい人

Matonについて

Matonとは?

メイトンと読みます。

1946年に設立したオーストラリアのギターブランド。
ソロギタリスト「Tommy Emmauel」が使用していることで有名です。
インスト音楽によく使われています。

公式サイト:Maton Guitars Japan

「とにかく弾きやすい」ということから、楽器店によっては、入荷してもすぐ売れるなど、人気が高いブランドです。

日本ではソロギタリストに人気です。

・秦基博さん

・西山隆行さん
・井草聖二さん
・龍藏さん

使い方を解説

Maton専用という噂はウソ

一部の楽器店では、「Maton専用」と記載している所がありますが、それは間違いです。

確かに、Matonのギターネックに合わせて設計されていますが、他のメーカーのギターでも使用できます。

実際に私が所有している「Martin」「Gibson」「Yamaha」に使用しましたが、問題ありませんでした。

握って取り付けるだけ

取り付け方は簡単で、トリガー部分に力を入れて挟むだけです。

しかし、Matonカポのトリガーは重く(硬く)、結構な力を入れないといけません。

もりそう
もりそう

親指の付け根あたりを使って力を入れるといいよ。

ヘッドに取り付け

カポタストを使用しない時は、ヘッドに取り付けることができます。

ラッカー塗装のギターに、長時間取り付ける場合は注意してください。

ラッカー塗装とは?

正式名称:ニトロセルロースラッカー

塗装が薄いので、音の「鳴り」が良いとされますが、施工に手間がかかるため、高級ギターに使われることが多いです。
とてもデリケートな塗装のため、取り扱いが難しいとされています。
温度や湿度などで白濁したり、ゴムと化学反応を起こし、ゴム焼け(黒くなる)することがあります。

Matonカポタストをレビュー

着脱・圧力調整

洗濯バサミのように挟んで取り付けますが、バネが強すぎます。

親指の腹部分で押しただけでは男性でも力が必要。

女性やお子さんの力ではちょっと大変です。

クリップ式のカポタストは転調時に使用されますが、Matonは不向きです。

圧力調整はできません。

ピッチ(サウンド)

重さがあるので低音が出る印象です。

もし自分の所有するギターで、もう少し低音欲しいと感じたら使ってみるのもアリです。

音がこもる感じもありません。

他のカポと比べましたが、劇的に音が変わるとということはないです。

所有するカポタストの中でも、重量級になります。

私の場合、ローコードのB7など押さえると、どうしてもカポに触れてしまい、カポの種類によってはズレてしまうことがあります。

不満点


新品で開封したばかりなのに、カポタスト表面が汚いのがわかります。

もちろん全ての製品が、このような事象があるとは言えませんが、一応こういうこともあるようです。

もりそう
もりそう

素材がメッキだから汚れは仕方ないのかも…。

他製品との比較

MatonKYSER
タイプクリップ式クリップ式
圧力調整不可不可
着脱力が必要(バネが強い)力は不要(バネが弱い)
重量約80g約41g
価格約4,400円約2,200〜2,900円
評価
販売サイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
※横にスクロールできます

Matonと近いカポタストは「KYSER」です。

共にクリップ式で、使用感はほぼ同じですが、挟みこむクリップ力が大きく違います。

Maton:バネが硬く、男性でも力が必要

KYSER:バネが弱いため、女性や子供にオススメ

まとめ

Matonの評価
着脱
 (4)
ピッチの安定
 (3)
価格(約4,400円)
 (2)
総合評価
 (3.5)

メリット

  • メイトンギターに最適
  • メイトンギター以外でも使える
  • 安定の固定

デメリット

  • クリップ力が強い
  • 女性には扱いにくい
  • 取り扱い店舗が少ない

近年、メイトンギターが人気で、知名度が一気に高くなったブランドです。

メイトン カポタストの特徴は、クリップ力がとにかく強いことです。

女性や小さな子供には扱いにくです。

逆を言えば、固定がしっかりしているので、取り付けの安心感は抜群です。

一部のショップ説明書きでは「メイトンギター専用」とありますがそれは間違いです。

他のメーカーのギターでも使用できます。

取り扱い店舗が圧倒的に少ないため、ネットで購入するのが早いです。

こんな人にオススメ

・メイトンギターを所有している人

・固定力が強いカポタストが欲しい人

オススメのカポタスト オススメのギターカポタスト(ベスト3)【選び方を解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です