【MASTER 8 JAPAN】INFINIXピック(13種)をレビュー

マスターエイトジャパン

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

もりそう
もりそう

今回はMASTERT 8 JAPAN「INFINIX」ピックを紹介するよ。

  • MASTERT 8 JAPANの特徴を知りたい
  • INFINIXのラインナップを知りたい
  • 使い心地を知りたい

ピックは各メーカーのオリジナル品、アーティストモデルなど、無数に販売しているため、全てを把握するのは不可能に近いです。

ギター初心者は、自分に合ったピックに出会うまで時間がかかります。

まだお気に入りのピックが見つかっていない人は是非参考にしてください。

今回の記事では、MASTERT 8 JAPANの「INFINIX」について紹介しています。

記事を読むことで、新素材のピックを知ることができます。


INFINIXの特徴
  • クリアなサウンド
  • 滑り止め効果が高い
  • デザイン性が高い
  • 長時間弾いても削れにく
  • 種類が豊富

MASTER 8 JAPANは、国内最大のピック専業メーカー「IKEDA PICKS」の奥野浩一さんと、カスタムギターブランド「L’s TRUST」の吉田拓也さんが立ち上げたブランドです。

MASTER 8 JAPANの特徴は、次世代のピック新素材「INFINIX」(インフィニックス)を採用していることです。

長時間弾いても削れにくい素材で、グリップ力がある特殊素材です。

一般的な硬さより、柔らかい印象があるため、普段使用している硬さより、1つ上の硬さを選ぶことをオススメします。

もりそう
もりそう

強いグリップ力とクリアなサウンドが手に入るよ。

種類が豊富

逆を言えば、種類が多くて把握できないことがあります。

一般的に、硬さや厚みなどは、ピック本体のカラーや文字色で判別することができます。

MASTER 8 JAPANのピックは、種類が異なるのに、カラーが酷似しています。

初めて手に取る人には分かりにくいことが多いです。

INFINIXの基本情報

INFINIXの形状・厚み・種類

形状厚み

トライアングル
・0.60mm
・0.80mm
・1.00mm

ティアドロップ
・0.60mm
・0.80mm
・1.00mm

ジャズ
・0.88mm
・1.00mm
・1.20mm

サムピック
※HARD POLISHのみ
・Lサイズ
INFINIX-Uのみ0.73mm、0.88mmあり
種類特徴

INFINIX
MASTER 8 JAPANのスタンダード

INFINIX HARD GRIP
INFINIXに滑り止め(サンド)を追加

INFINIX HARD POLISH
with RUBBER GRI
INFINIX、INFINIX HARD GRIPより太いサウンドと高い滑り止め効果

INFINIX-U
INFINIXにウルテム素材を追加

今回、紹介するのは一般的に流通しているピックです。

価格は種類によって異なりますが、約110〜165円で購入することができます。

INFINIXとHARD GRIPの見分け方

「INFINIX」と「HARD GRIP」は、ほぼカラーが同じで見分けが付きません。

表面のデザインと触り心地で確認します。

「INFINIX」は片面デザインに対し、「HARD GRIP」は両面にデザイン「滑り止め(サンド)」が入っています。

もりそう
もりそう

実際に触ると、両面の滑り止め(サンド)がはっきり感じられるよ。

品質・バリ問題

画像で確認できますが、バリが残っています。

ピックを製作する上で、どうしても発生してしまうとメーカーが公言しています。

バリの位置は演奏に支障がなく、気になったらヤスリで削ればいいだけです。

耐久性について

品質に関してネット上に多数の意見があります。

・とにかく割れやすい。

・バリのある所から割れることがある。

・ネットで購入したらすでに割れていた。

もりそう
もりそう

僕はまだ割れたことはないけど、割れやすい傾向にあるみたいだね。

INFINIX をレビュー

MASTER8JAPAN独自の次世代素材「INFINIX」。柔軟性、形状記憶性、対磨耗性に優れており、従来の素材に比べピックノイズが少なく、弦への吸い付きが非常に良いのが特徴。磨耗に強く長時間の演奏でもピックが削れづらく、変わらないニュアンスでのプレイが可能。鼈甲に近い感触で指への密着性が高い。ニュースタンダードとなる新素材である。

引用元:master8japan

INFINIX の評価
握りやすさ
 (3)
クリア
 (4)
マイルド
 (3)
太さ
 (2)
総合評価
 (3)

メリット

  • 滑り止め加工がなくても、そもそもの素材が滑りにくい

デメリット

  • 全体的に柔らかいため、普段1.00mm以上を使用している人にとっては物足りない硬さ
  • 割れやすい
もりそう
もりそう

滑り止め加工が不要な人にオススメのシリーズだよ。

0.60mm

0.60mmなので、柔らかいのは当たり前ですが、想像しているよりもっと柔らか感覚です。

それはサウンドにも影響し、「ペチペチ」サウンドです。

硬さがないため、芯がない音になります。

滑り止め加工はありませんが、新素材「INFINIX」の特徴なのかそもそもが滑りにくいため、滑り止め加工が苦手な人も、違和感なく弾けます。

初心者がストローク練習するのにオススメです。

単音弾きには向きません。



0.80mm

私が普段好んで使用しているピックの厚みは、どのメーカーでも0.80mm前後です。

0.80mmと比べるとピックが柔らかいため、本当に0.80mmかと疑います。

柔らかいのはサウンドにも影響します。

通常、0.80mm前後であれば、ある程度の硬さがあり、その中に“しなり”があるようなイメージです。

しかしこれは最初弾いた時に“しなり”がきます。

サウンドは芯が通ったというよりは「ペチペチ感」が残ります。

単音弾きもできますが、もう少し硬さが欲しい所です。


1.00mm

普段0.80mm前後を使用している人は、やっとこの硬さがきたかという印象です。

芯がある硬さで“しなり”が使えます。

強いピッキングをしてもペチペチ感がなく、クリアなサウンドを全面に出すことができます。

もりそう
もりそう

弾き語り、単音弾き両方で使えるからオススメだよ。

INFINIX HARD GRIPをレビュー

ハードな演奏にも対応する滑り止め仕様。独自技術のデザインに干渉しない透明素材のサンドグリップを採用しています。

引用元:master8japan

INFINIX HARD GRIPの評価
握りやすさ
 (4)
クリア
 (4)
マイルド
 (3)
太さ
 (2)
総合評価
 (3)

メリット

  • INFINIX素材に滑り止め(サンド)を追加し、さらに滑りにくい

デメリット

  • 全体的に柔らかいため、普段1.00mm以上を使用している人にとっては物足りない硬さ
  • 滑り止め(サンド)は好みが分かれる
  • 割れやすい
  • 価格が高め

0.60mm

砂のようなザラザラした、サンド加工が施されているのが特徴です。

持った瞬間に、ピックの両面に加工されている滑り止め(サンド)が気になりました。

指先に盛り上がった感覚があるため、滑り止めピックや、滑り止めシールを使ったことない人は違和感を感じます。

用途は上記のINFINIX 0.60mmと同じです。


0.80mm

やはり柔らかい印象があります。

用途は上記のINFINIX 0.80mmと同じです。


1.00mm

グリップ力は強いですが、滑り止め(サンド)が指先に強く感じます。

用途はアコースティックギター、エレキギター両方で使えます。

エレキで単音弾きもできる硬さです。

滑りにくいのでライブで使うのがオススメです。

用途は上記のINFINIX 1.00mmと同じです。

INFINIX HARD POLISH with RUBBER GRIPをレビュー

独自の研磨方法でラウンドしたエッジ面を実現。耐摩耗・ピックノイズの少なさはそのままに、マイルドかつ骨太なサウンドメイクを狙ったモデル。新開発の仕様である滑り止め”Rubber Grip”を採用。常識を逸するグリップ力を実現しました。耐摩耗、形状記憶、研磨によるサウンドメイク、グリップ力の向上と、進化するネクストレベルのINFINIX。

ハードな演奏にも対応する滑り止め仕様。独自技術のデザインに干渉しない透明素材のラバーグリップを採用しています。

引用元:master8japan

INFINIX HARD POLISH with RUBBER GRIPの評価
握りやすさ
 (4.5)
クリア
 (3.5)
マイルド
 (4)
太さ
 (4)
総合評価
 (4)

メリット

  • 滑り止め効果が高い
  • 手に吸い付く感覚
  • 音が太い
  • マイルドなサウンド

デメリット

  • クリアなサウンドが好きな人にとっては向かない
  • 割れやすい
  • 価格が高め

0.60mm

上記で説明した「HARD GRIP」と比べると、表面の滑り止め加工に違いがあります。

「HARD GRIP」は持った瞬間に、滑り止め(サンド)が浮き出ているのを指先に感じます。

「HARD POLISH with RUBBER GRIP」はほぼ感じません。

ピック全体が滑りにく加工が施してあるからです。

HARD GRIP:サンド加工
HARD POLISH with RUBBER GRIP:表面を滑りにくいゴム性のような加工

結果、「手に吸い付く感覚」「浮き出ている”違和感”がないため使いやすい」ことになります。

0.60mmは柔らかいためストローク向きです。


0.80mm

用途は上記0.60mmと同じです。

アコースティックギターで弾き語りがオススメです。


1.00mm

INFINIXの特徴として”柔らかい”という印象がありましたが、INFINIX HARD POLISH with RUBBER GRIPの1.00mmに関しては、感覚的にもっと厚みがあるように感じます。

実際、他シリーズの1.00mmに持ち替えると、明らかに違うからです。

サウンドとして、クリアなサウンドが全面に出るというよりは、マイルドなサウンド傾向にあります。

もりそう
もりそう

他の1.00mmとはサウンドが異なるね。

INFINIX-Uをレビュー

INFINIX-Uの評価
握りやすさ
 (5)
クリア
 (5)
マイルド
 (3)
太さ
 (3)
総合評価
 (4)

メリット

  • ウルテムとINFINIXの良いとこ取り
  • クリアなサウンド
  • 手に吸い付く

デメリット

  • 価格が高め

0.73mm

INFINIXシリーズの中では、INFINIX-Uのみ0.73mmの厚みがあります。

INFINIXにウルテム素材が入ったことで、通常の0.73mmの感覚に近いです。

サウンドもINFINIX素材だけより、クリアなサウンド傾向にあります。

ウルテムとは?
本鼈甲(べっこう)や人の爪に最も違い素材とされています。
素材自体に滑りにくい効果があり、サウンドはクリアでシャープなのが特徴です。
ウルテム素材のピックのほとんどが透き通った薄い黄色のため、ピック売り場でも目に付きやすいです。
最近はINFINIX-Uのような、異なるカラーも出ています。


0.88mm

INFINIXシリーズの中では、INFINIX-Uのみ0.88mmの厚みがあります。

※ジャズを除く

0.73mm同様に、普段の厚みに近い感覚です。


1.00mm

個人的に、INFINIX HARD POLISH with RUBBER GRIPの1.00mmがデザイン的にも、サウンド的にも良かったのですが、INFINIX-U 1.00mmを試してからは、断然こっち派です。

ウルテム材が追加されたことで、よりクリアなサウンド傾向にあり、手に吸い付く感覚が良いからです。

もりそう
もりそう

これまで他のメーカーを使っていた人でも、違和感が少ないピックだよ。

THUMB(サムピック)をレビュー

サムピックの評価
付け心地
 (4)
クリア
 (4)
マイルド
 (3)
太さ
 (2)
総合評価
 (3)

メリット

  • 付け心地が良い
  • クリアなサウンド

デメリット

  • Lサイズのみ
  • 価格が高い

サムピックのカラーは3種類ですが、「HARD POLISH」のLサイズしかありません。

実際に指にはめてみましたが、人によっては大きいため使いにくいです。

もりそう
もりそう

付け心地は良いのに、Lサイズしかないのが残念…

まとめ

INFINIXの特徴
  • クリアなサウンド
  • 滑り止め効果が高い
  • デザイン性が高い
  • 長時間弾いても削れにく
  • 種類が豊富

MASTER 8 JAPANの特徴は、次世代のピック新素材「INFINIX」(インフィニックス)を採用していることです。

長時間弾いても削れにくい素材で、グリップ力がある特殊素材です。

一般的な硬さよりは、柔らかい印象があるため、普段使用している硬さより、1つ上の硬さを選ぶことをオススメします。

もりそう
もりそう

クリアなサウンドが手に入るから、是非試してみてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です