TOMBO/ハーモニカ・ハーモニカホルダーの使い方【ゆず使用】

TOMBO/ハーモニカ・ハーモニカホルダーの使い方

もりそう

今回はゆずの岩沢さんが使用するハーモニカにについて解説していくよ。

  • 岩沢さん(ゆず)が使用するハーモニカについて知りたい
  • ハーモニカホルダーの使い方を知りたい
  • ハーモニカの保管について知りたい

私はメジャーボーイ全て(計12本)を購入しました。

今回の記事ではゆず/岩沢さんが使用するハーモニカについて解説しています。

この記事を読むことでTOMBO「メジャーボーイ」「ハーモニカホルダーの使い方」を知ることが出来ます。


TOMBO/ハーモニカ(メジャーボーイ)

概要

メーカーサイトより引用

◆10穴20音
◆ 本体:樹脂製本体
◆カバー:ステンレスカバー
◆サイズ:W105 x H30 x D18mm
◆プレート厚:0.9mm
◆重量:63g
◆ポイント券対象(30P)
◆ケース付属
◆キー:メジャー15調子/マイナー12調子
メジャー:LF, LF#, G, A♭, A, B♭, B, C, D♭, D, E♭, E, F, F#, HG
マイナー:Gm, A♭m, Am, B♭m, Bm, Cm, D♭m, Dm, E♭m, Em, Fm, F#m
◆MADE IN JAPAN
特徴
有名ミュージシャンが使用する理由は品質です。
ライブでも埋もれない滑らかで輪郭のある音色と豊かな音量。
吹きやすさ、粘りあるリード、ステージで安心して使える耐久性。
樹脂本体にプレートを落とし込んだ設計は高い気密性を保ち、ベンド奏法を容易にしています。
メジャー、マイナーで27調子をラインアップ。
あらゆる音楽ジャンルに対応する本物のスタンダード10Holes。

引用元:TOMBO

Keyの種類


【メジャーボーイとマイナーボーイ】

ハーモニカには「key」という物があり、曲のkeyによって使い分けが必要です。

MAJORBOYは「メジャーボーイ」と「マイナーボーイ」があります。

名の通り「メジャーkey用」と「マイナーkey用」です。

ゆずの曲はほとんどがメジャーkeyなのでメジャーボーイを購入してください。


【全12種類のkey】

メジャーボーイの中でさらにkeyが分けられています。

G |A♭ |A |B |B♭ |C| D♭ |D |E| E♭ |F| F♭

岩沢さんが使用するメジャーボーイは1本のハーモニカに対して1つのkeyしか対応していません。

ポイント
演奏する曲のkeyが「C」であればハーモニカも「C」の物を使うことになります。

ハーモニカ1本で全ての曲が演奏できる訳ではないことを覚えておいてください。

※厳密には演奏できますが、原曲とは音程が異なってしまいます。

メジャーボーイを使うメリット


もりそう

メジャーボーイは本体が樹脂製のため重量が軽く、ハーモニカホルダーに取り付けても疲れにくいんだ。
吹口も樹脂のため口当たりが良く、スライドした時の感覚がとても良いのが特徴だよ。

MEMO
私がハーモニカを始めた時は岩沢さんがTOMBOのメジャーボーイを使用していることを知らなかったので、違うメーカーのハーモニカを購入しました。
メーカーによってはステンレスや金属で出来ている製品もあり、重量が重く吹口も冷たいことがあります。

有名アーティスト多数使用

10ホールハーモニカはスタンダードで世界中のアーティストが使用しています。

岩沢厚治(ゆず)
テレビやMVで確認できますが岩沢さんが使用しているものには「K.iwasawa」と表記なっているオリジナルモデルです。
作りは市販されている物と同じと考えられます。
使用アーティスト
・長渕剛
・いきものがかり
・19
・山崎まさよし
・桑田佳祐
・吉田拓郎
・浜田省吾

購入したい方へ

私はゆずファンだったので全てのkeyを購入しましたが、ハーモニカ1本約3000円となかなか良い値段します。

全てのkeyを購入するとけっこうな金額になりますので、少しずつ集めるのが無難です。

「C」のkeyだけ教則CD付きのセット販売があるので、これからハーモニカを始めたい方にオススメです。

注意
購入する際は自分が欲しいkeyであることを十分確認してください。

TOMBO/ハーモニカホルダー(HH-800)

MAJOR BOY専用ホルダー

ゆず・いきものがかり・19・長渕剛さんなど弾き語りスタイルをする場合はギター片手にハーモニカを吹かなければなりません。

そこで必要なのがハーモニカホルダーです。

HH-800は長渕剛さんが考案したTOMBO/MAJORBOY専用ホルダーです。

岩沢さんもこのHH-800を使用しています。

MEMO
TOMBO/MAJORBOY専用とはなっていますが10ホールズブールハープであれば取り付け可能のようです。

ハーモニカホルダー(使い方を解説)

【ハーモニカの取付け方】

金属のバーとプレートの間にハーモニカを挟みます。

挟むには左右に付いている”バネ”を下げて無理やり差し込むことになります。

この”バネ”が思っているより硬いため女性や子供には大変かもしれません。

もりそう

取り付けの「コツ」は左手でプレート左端を下に押してバネを下げて、少し下がった所に右手に持ったハーモニカ本体をに入れるんだ。
ハーモニカ本体をうまく使い、プレートを下げて押し込むと入れやすよ。

新品のハーモニカを購入したばかりの時は無理やり押し込むことでハーモニカに傷が付くのではないかという感情にもなりますが、最初だけです。

ネットでは「バネが硬すぎる」と言った書き込みもありますが、逆に言えばそれが安定した「固定」を生み出しているとも言えます。

取り外し方
取り付けと同じ要領で、片方のプレートを下げてハーモニカ本体を抜きます。

【ホルダーの角度調整】

もりそう

大事なのは口とハーモニカの距離感だよ。

首にホルダーを掛けたら口元にハーモニカがくる角度にしますが、近すぎると歌うときに邪魔だし、遠いと吹けないことがあります。

距離感は各自好みがあるため試行錯誤してベストポジションを見つけてください。

角度調整方法は自分の好みの位置に来たら左右に付いている「蝶ネジ」で固定します。

TOMBO/ハーモニカケース(HC-1012)

私が購入したのがTOMBO/10ホールズブールハープ専用セミハードケース(HC-1012)です。

岩沢さんが使用しているので同じ物を購入しました。

※現在、販売終了

以前放送していた「月光音楽団」というテレビ番組で使用しているのを確認できます。

ケース自体がコンパクトでハーモニカ12本を並ぶと圧巻です。

私はTOMBOのメジャーボーイ12本を収納していますが、他のメーカーのハーモニカでも10ホールズであれば収納できるようです。

取扱いがないため入手困難でフリマなどでも見つからないのが現状です。

現在、TOMBOでは別のハーモニカケースを販売しています。

ハーモニカの数が増えると保管が大変なのでケースがあると便利です。



TOMBO/ハーモニカのまとめ


今回は岩沢さん(ゆず)のハーモニカ関連を紹介しました。

もりそう

最後に一言!
ギターと同じでハーモニカもメンテンナンスが大事だから、演奏後は必ず水分を取ってね。
・ハーモニカを吹い後はツバが水滴になり残る
・ハーモニカホルダーを使えばプレートにも水滴が残る
・ケースに収納する時に水滴が残るとケース内の環境が悪くなる

メーカーサイトより引用

吹く前に…
ハーモニカを吹く前にうがいをしてください。
リードに異物が挟まってしまうと音が出なくなる事があります。

吹き終わったら…
吹き終わりましたらハーモニカを吹き口を下にして持ち、上から下に2~3回強く空振りしてください。これにより水気を取り除きハーモニカが長持ちします。
※この時、手で強く叩くとリードに衝撃が伝わり故障の原因となります。

カバーの汚れや口元の汚れを除去するにはホコリの出ない布を水に浸け堅く絞った後、汚れた箇所を拭いてください。次に乾いた布などでもう一度、乾拭きをします。

また弊社ではハーモニカの洗浄、除菌、消臭ができるハーモニカクリーナーを別売にてご用意しています。 こちらを使用されるとより衛生的です。

引用元:TOMBO

まとめ

  1. MAJORBOYは”メジャーボーイ”と”マイナーボーイ”がある
  2. メジャーボーイにはKeyが12種あるので購入時は注意
  3. 曲によってハーモニカのkeyを使いわけする必要がある
  4. ホルダーのバネ(プレート)はハーモニカ全体を使い下げる
  5. 演奏後はきちんとメンテンスする






ゆず/ハーモニカを演奏してみよう【Keyの一覧あり】ゆずギター上達ゆず/ギター上達方法(おすすめ練習曲10選)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です