押尾コータロー 使用ギター

Greven

押尾コータローさんのギターについて書いてみました。
押尾さんのギターが気になる方に参考になればと思います。

Greven

アメリカ オレゴン州ポートランド在住ルシアー ジョン・グレーベン制作

押尾さんの絶対的メインギター

Greven D Herringbone Custom(♯1097)

Top:Spruce
Side Back:Honduras Rosewood
Pick Up:M-Factory Dual Pick Up System
sunrise S-2
1988年購入

Greven D (New-D ♯1064)

Top:Spruce
Side Back:Honduras Rosewood
2005年購入
メインとほぼ同じ年代とスペック
作りは古いが購入したのが新しいのでNew-Dと呼んでいる
ネックヒール彫刻がなく、ピックアップを通して鳴らすと全然似てないらしい

Greven D (D3)

Top:Spruce
Side Back:Brazilian Rosewood
2006年購入
指板にバードインレイ

Greven D(D4)

Top:Lutz Spruce
Side Back:Honduras Rosewood
2009年購入
D3との見分け方は指板のインレイがあるかないか

Greven Prairie State

Top:Spruce
Side Back:Honduras Rosewood
2009年にグレーベンさん本人からプレゼントされたもの。

Greven MD

Top:Spruce
Side Back:Madagascar Rosewood
2004年購入
カッタウェイタイプ
MD=Modify=改造されたドレッドノート
テレビ番組 関ジャムで使用

Greven OM Herringbone Custom

Top:Spruce
Side Back:Madagascar Rosewood
2002年購入
オーケストラモデルで指板のインレイも美しいギター。
クラシックギターに近い感じで、生音がいい。
主にバラードで使用

Greven J

Top:Spruce
Side Back:Maple
1986年購入
高校3年生の時に中川イサトさんの教室に通っているとき、イサトさんの勧めでヒロ・コーポレーションで購入
母親に頼んで買ってもらったギター。
当時、中古価格25万円

Greven Japan Oshio-D HR

Greven Japan Oshio-DC HR

Side Back:Honduras Rosewood
Greven本人が設計、監修し日本で制作されたギター。
押尾さんいわくサウンドはオリジナルと全く遜色ないそうです。
DEPAPEKOのレコーディングで主にこの2本を使用したようです。
ラインナップとしては
ホンジュラスローズウッド、インディアンローズウッドの2種。
ノンカッタウェイ、カッタウェイの2種
価格は65万前後で購入できます。

Grevenギターに興味がある方へ

私自身Grevenギターを所有しています。
ブログの以下のページを参考にしてみてください。
GrevenGreven F(1988)
またGrevenギターについて私なりの考えをまとめた以下のページもあるので是非どうぞ。
GrevenGrevenギターについて考えてみる

海外メーカー

Martin D-28(1964)

Top:sitka Spruce
Side Back:Brazilian Rosewood
2005年に購入
レコーディングやMBSラジオで主に使用
ヴィンテージなので過保護に扱っているが、容赦なくPick Upを搭載している。
あの夏の白い雲 レコーディングで使用

Martin D-28 GE

Top:Adirondack Spruce
Side Back:Brazilian Rosewood
36歳の時にクロサワ楽器から紹介されて購入
押尾さんいわく「お姫様」で機嫌が悪いと鳴ってくれないらしい
翼〜you are the HERO〜 レコーディングで使用

Gibson LG-2 3/4

マイケル・ヘッジスのアルバムジャケットを見て知る。
リバーブを深くかけた何とも言えない音に憧れ購入
通常よりも弦長が短い
不器用な音が好きらしい

Gibson L-1(1930年代)

初めて弾いたヴィンテージギター
黄昏、Alwaysで使用

Gibson L-1(1935)

2本目
心の底から欲しいと思ったギター

Gibson CF-100(1950年代)

押尾さんいわく「完璧なギター」
IN MY LIFE 、ノスタルジア、Hangoverで使用

Collings D-2 Cutaway

現在、Dタイプのカッタウェイはオプションでも全く作っていない。
本機は1990年代にわすが10数本の制作された貴重な1本

Ovation Adamas oshio Custom

マイクシステムを押尾さんのリクエストでカスタムしたモデル

Taylor 314C

インディーズ時代に購入

Samick Greg Bennett oshio Custom

Top:Coa
韓国のギターメーカー
指板には犬の足跡マークのインレイ
市販はされていない

Rainsong A-WS1000

ジョン・デッカーJr.博士が宇宙工学の経験を生かし開発したオール・グラファイト製

Maccaferri G-40

1950年代に作られたプラスチック製のギター。
アルバムのレコーディングでも使用されている。

Albert&mueller Guitar 1310

アルバート&ミューラー社 ドイツメーカー
シリアルナンバーが1310(中川イサト)ということで購入

TACOMA BM6C THUNDERHAWAKE

BARITONE GUITAR
ワシントン州タコマ市にあるメーカー
バリトンギターは通常のギターよりも一回り大きい

スポンサーリンク

国内メーカー

YAMAHA LL86 Custom

Top:Spruce
Side Back:Brazilian
ストローク系で使用
GrevenやMartinよりもハーモニクスがキレイに出る

YAMAHA LL86 FC Moon

ベースはLL86
デザインは押尾さん本人
トップに星が散りばめられ、ネックには月のインレイ
すごく弾きやすく生音も良い

TAKAMINE KO-50

基本モデル:DSP530
Side Back:New jakaranda
Pick Up:タカミネ・TriAxマグネチックP.U+コンタクト・ピエゾP.U
Preamp:CTP-1

タカミネ 押尾コータロー シグネチャーモデル
ピエゾピックアップと真空管のプリアンプ
マグネチック型ピックアップのサウンドをブレンドさせたモデル
ラインを通すと本領発揮するギター

海外ルシアー

Nashvill Guitar Company

テネシー州ナッシュビル工房を持つMarty Lanhamのギター。
戦前のMartinスタイルだが、音色はMartinというよりGrevenに近いとのこと。
アルバム「Eternal Chain」「You&Me」のレコーディングで使用
材はローズウッドを使用しているためMartinでいうD-28スタイル。
中古市場では稀に出てくるようです。
押尾さんが使用しているメーカーと出た当初は80万前後と高額だったが、現在は50万前後で購入できる個体もあるようです。

Merril C-18

バージニア州 に工房を持つJim Merrilギター
30年代のマーティン・ゴールデン・エラ期サウンドを忠実に再現したギター
年間約15本、日本には3本ほどと言われています。
そのため市場にも数がかなり少ないようです。
品番にもよりますが中古市場価格は50〜80万ほどです。
C-18はMartinで言えばD-18に当たります。

Stevens 00 12F

ドイツのミュウヘン市に工房がある
スティーブンス・カスタム・ギターズ
日本ではあまり聞きなれないが、ドイツでは大人気ブランド
通常の14fではなく、12fの部分でネックとボディが接合されている。

Santa Cruz D

カリフォルニア州 サンタクルーズにあるRichard Hoover D-28タイプ

Melville Guitars 000-C Custom(2010)

オーストラリアのクリス・メルビル
全て受注生産のため年間約10本と少ない
そのため中古市場価格も100万を超えます。
指板に美しいバラのインレイが入っている
亡き女王のためのパヴァーヌ、月のナミダで使用

国内ルシアー

Kameoka KMD Cutaway

愛媛県に工房がある亀岡隆之さん制作
オールマイティーというよりは曲を選んで使用されている。
5.6弦の音に濁りがないのが良い
3本所有

The Fields Model D-RC

HIRO CORPORATION 冨田洋司 ギター
カッタウェイモデル

Sugita Kenji acoustic Guitars DL

富山県 SUGI CRAFT 杉田健司さん
トップの強度を増すために板を張り合わせ
チューニングダウンしても弾きやすように弦長も少し長くされてある

Sugita Kenji acoustic Guitars Carrera Baritone

杉田健司さんのバリトンギター
押尾さんのために制作されたもので、パーム奏法で当たる部分が補強されてある。
低く音、高い音ほバランスが凄く良いとのこと。

M-Factory KOTARO 10th Annivesary D

M-Factory の三好英明さんからプレゼントしてもらったギター
三好英明さんが信頼を寄せる沖田ギター工房に依頼し製作
Top:German Spruce
Side Back:Madagascar Rosewood
sunrise S-2をフローティングでマウントできる

Water Road Guitar

群馬県の増田明夫さん制作

Water Road バリトンギター

中川イサトさんから譲ってもらったギター
弦長が短くテンションが緩いので弾きやすい

ウクレレ&ミニギター

Sumi Soprano Ukulele Maple Custom

鷲見英一 制作
鮮やかなブルーのボディ

EASTMAN EU80 Antique Red

ウクレレなのにバイオリンのようなアーチドトップボディ
またウクレレなのに鉄弦仕様になっている。

SUMI S-UKMP Tenor

茜色のブランコで使用
ヤシの木のインレイが入った黄色のウクレレ

TACOMA P1 Papoose

カノン、日曜日のビール で使用

Martin Sting Mini

通常のドレッドノートの半分の大きさ
ハピネスで使用

Augastino Lo Prinzi

オーガスティノ・ロ・プロンズというメーカーのウクレレ

Maton Mini EMD 12 Diesel 12-String

Kiwi&Avocadoという曲で使用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です