【ゆず】北川悠仁の使用ギターを解説

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

もりそう
もりそう

今回は“ゆず”北川悠仁さんのギターについて解説するよ。

  • ゆず使用のギターについて知りたい
  • 北川さんのギターについて知りたい

私はゆずがキッカケでギターを始めました。

北川さんに憧れて、同じモデルを探している人は多いです。

今回の記事では北川悠仁さんの「使用ギター」を紹介しています。

記事を読むことで、北川さんと同じギターを探す上での知識を得ることができます。

※「別冊カドカワ 総力特集 ゆず 2009 カドカワムック」「アコースティックギターマガジン Vol.6」には、使用楽器が掲載されています。


もりそう
もりそう

北川さんはGibsonのJ-160E(1968年)をメインで使用しているよ。

その他、オリジナルペイントギターやYAMAHAのカスタムオーダーも使用頻度が高いです。

CD発売やツアーのコンセプトごとに新しいギターを購入するため、所有本数が多すぎて、全てを把握するのは難しいです。

J-160Eを購入したい人へ

北川さんと同じ年代(ヴィンテージ)を購入するには、かなりの金額が必要です。

現行品や近年の中古であれば、250,000〜400,000円で購入可能です。
初心者の人であれば、廉価版であるEpiphoneのEJ-160Eがオススメです。
以下にEJ-160Eについた記事があるので参考にしてください。

使用ギター/Gibson

J-160E(1968年)

トップ:スプルース

サイド・バック:マホガニー

サドル:アジャスタブル

ピックアップ:P-90

ジョンレノンに憧れて、購入したギターです。

サウンドボール周りがボロボロになっています。

デビュー当時から現在まで使用していますが、近年はライブではあまり使用されず、テレビやMVで使われています。

北川さんは、元々搭載されているピックアップ(P-90)は使用せず、後付けのピックアップを使用しています。

Gibson J-160とは?

ジョンレノンが、1962年製と1964年製を使用していたことで有名なギターです。
あえて合板にすることで、ハウリングを抑えられ、生鳴りがよくないとされます。

エレキギターのピックアップが搭載されているため、エレキ弦を張って使用します。

参考価格

中古相場:600,000〜1,000,000円

J-160E(1967年)

トップ:スプルース

サイド・バック:マホガニー

サドル:アジャスタブル

ピックアップ:P-90

上記、1968年製のサブとして購入しています。

参考価格

中古相場:600,000〜1,000,000円

J-160E 70th Anniversar John Lennon Imagine Model

ジョンレノンの記念モデルは3種類あります。

・サンバーストカラー

(世界500本、価格509,250円)

・ナチュラルフィニッシュ

(世界70本、価格1,617,000円)
・ホワイトカラー

(世界70本、価格1,155,000円)


北川さんは、「ナチュラルフィニッシュ」「ホワイトカラー」の2本を所有しています。

ナチュラルフィニッシュ

似顔絵がペイントされているギターで、オリジナルはアメリカの「ロックンロールの殿堂」に展示されています。

本機は復刻モデルということになります。

冬至の日ライブ(2015年)で使用しています。


ホワイトカラー

イマジンのイメージカラーで、オノ・ヨーコさんのリクエストよって実現しました。

NEW ZEROに出演時、紅白歌合戦(2019年)で使用しています。

参考価格

中古相場:プレミア価格

以前、サンバーストカラーを1本だけ見たことがありますが、価格は約600,000円でした。

J-45 Standard(Sunburst)

トップ:スプルース

サイド・バック:マホガニー

指板:ローズウッド

「with you」のCDジャケットと同じデザインがペイントされたギターです。

スペックとして、J-45のレギュラー仕様です。

参考価格

相場:priceless(250,000〜350,000円)

※世界に1本なので、価格は付けられませんが、オリジナルのJ-45(近年物)であれば上記価格になっています。

J-45(Black)

トップ:スプルース

サイド・バック:マホガニー

指板:ローズウッド

ボディカラーが黒で、白いピックガードが特徴のギターです。

斉藤和義さんが使用しているイメージが強いです。

冬至のライブ(2015年)、アフリカの旅で使用しています。

参考価格

相場:250,000〜350,000円

J-50(1967年)

トップ:スプルース

サイド・バック:マホガニー

指板:ハカランダ

村上隆さんのペイント(花)が入ったギターです。

かなり貴重なので、マネージャーが運んでいるようです。

「また会える日まで」のMVで使用しています。

参考価格

相場:priceless(700,000〜800,000円)

※世界に1本なので、価格は付けられませんが、オリジナルのJ-50(1967年製)であれば上記価格になっています。

Southern Jumbo(年代不明)

村上隆さんのペイント(目)が入ったギターです。

参考価格

相場:priceless(300,000〜1,500,000円)

※世界に1本なので、価格は付けられませんが、Southern Jumboであれば上記価格になっています。

現行品とヴィンテージで価格が大きく異なります。

Humming Bird(1964年)

トップ:スプルース

サイド・バック:マホガニー

指板:ローズウッド

ナチュラルカラー仕様で、ピックアップが搭載されていないため、ライブで見ることはできません。

主に自宅で弾いたり、レコーディングで使用しています。

「歩行者優先」「今夜君を迎えに行くよ」のMVやYou(Jin)Tubu LIVE、AIさんとのコラボ「栄光の架橋」で使用しています。

参考価格

中古相場:900,000〜1,500,000円

※1960年代のHumming Birdは個体数が少ないため、かなり貴重です。

Dove(年式不明)

トップ:スプルース

サイド・バック:メイプル

指板:ローズウッド

ピックガードに「鳩」が描かれているギターです。

20周年突入記念弾き語りライブで使用しています。

参考価格

中古相場:500,000〜1,500,000円

使用ギター/その他海外メーカー

Epiphone Texan(1966年)

トップ:スプルース

サイド・バック:マホガニー

指板:ローズウッド

Epiphone(エピフォン) のTexan(テキサン)というギターです。

Epiphoneと聞くと、廉価版と思うかもしれませんが、本機は当時のGibsonと同じ工場で作られたギターです。

音が良いことから、一時期はライブのメインギターでしたが、近年は見ることがなくなりました。

現在はレコーディングで使用されているようです。

「3カウント」「ストーリー」などのMVで使用されています。

参考価格

中古相場:500,000〜1,000,000円

Epiphone Texan RED(年代不明)

真っ赤なボディーカラーが特徴のTexanです。

新品に見間違うほど、状態が良いヴィンテージギターになります。

参考価格

中古相場:1,000,000円

補足

私は、日課で楽器店の在庫を見ているのでが、おそらくこれであろう個体が入荷した時を覚えています。

まず、Texanのレッドカラーがかなり貴重であること、状態が良すぎること、価格がちょうど1,000,000円だったことから記憶しています。

以前、北川さんが入手した経緯を話していましたが、「楽器店の人からこんなの出たよ」と送ってもらって決断したようです。

Epiphone Texan RED SA(年代不明)

東京ドームライブ(2002年)の「3カウント」、ゆず デビュー25周年突入記念ライブ『YUZU TOUR 2021 謳おう×FUTARI in 日本武道館の「ワンダフルワールド」で使用されています。

使用頻度は高くないため、見かけることがほとんどありません。

参考価格

中古相場:500,000〜1,000,000円

Cole Clark FL2AC

FL2ACは、トップ材に「ブンヤ」もしくは「シトカスプルース」が使われています。

使用材が異なるモデルであるため、北川さんがどちらのモデルを所有しているか断定できません。

コールクラークはオーストラリア発祥で、ブンヤをメインに使用しているメーカーです。

おそらく、トップ材にブンヤを使用したモデルだと思われます。

冬至の日ライブ(2006年)で使用されています。

参考価格

中古相場:150,000〜250,000円

Guild D-55

トップ:スプルース

サイド・バック:ローズウッド

指板:ローズウッド

2008年「YUZU ARENA TOUR WONDERFUL WORLD」で使用しています。

参考価格

中古相場:350,000〜500,000円

使用ギター/YAMAHA

YAMAHA LL-66 Custom

通称「DOKI宗(どきむね)」と言われるサンバーストカラーのギターです。

L-54を参考に制作され、ボディバックには「DOKI宗」のインレイが入っています。

名称は自身がやっていたラジオの応募で決まりました。

参考価格

相場:priceless(1,000,000〜2,000,000円)

※世界に1本なので、価格は付けられませんが、通常のLL-66 Customであれば、上記価格になっています。

販売終了していること、価格が高額なことから一般的に出回ることがないです。

YAMAHA LL-36

トップ:イングルマンスプルース

サイド・バック:インディアンローズウッド

指板:エボニー

ボディトップに、虹がペイントされたギターです。

デザインは、北川さん本人が描いています。

参考価格

相場:priceless(250,000〜400,000円)

※世界に1本なので、価格は付けられませんが、通常のLL-36であれば、上記価格になっています。

YAMAHA CJ-Dragonギター

ジョンレノン・ミュージアムにあったのを見て、YAMAHAにオーダーして作ってもらったギターです。

MVに登場することはなく、一部のライブで使用されました。

参考価格

相場:priceless

YAMAHA プロトギター(仮)

2008年、冬至の日ライブで使用された、赤色のギター。

使用ギター/その他国産メーカー

TAKAMINE PT-108

ゆずの初期に使っていたギターで、岩沢さんに選んでもらったギターです。

Gibson J-160Eを手に入れてからは、ほとんど見ることはできなかったのですが、冬至の日ライブや記念ライブで使われることが多いです。

冬至の日ライブ(2016年、2017年)で使用しています。

近年は「公園通り」のMVで使用されました。

参考価格

中古相場:20,000〜50,000円

K.yairi

FURUSATOツアー中で「健太郎のお姉ちゃん」で使用したものです。

詳細不明のため調査中

まとめ

まとめ
もりそう
もりそう

北川さんはGibsonのJ-160E(1968年)をメインで使用しているよ。

その他、オリジナルペイントギターやYAMAHAのカスタムオーダーも使用頻度が高いです。

CD発売やツアーのコンセプトごとに新しいギターを購入するため、所有本数が多すぎて、全てを把握するのは難しいです。

J-160Eを購入したい人へ

北川さんと同じ年代(ヴィンテージ)を購入するには、かなりの金額が必要です。

現行品や近年の中古であれば、250,000〜400,000円で購入可能です。
初心者の人であれば、廉価版であるEpiphoneのEJ-160Eがオススメです。
以下にEJ-160Eについた記事があるので参考にしてください。

EJ-160E ジョンレノン Epiphone John Lennon EJ-160E(ジョン・レノン)をレビュー 【ゆず】岩沢厚治の使用ギターを解説 【ゆず使用】TOMBO ハーモニカ・ホルダーの使い方 ゆず ハーモニカを演奏してみよう【Keyの一覧あり】 ゆずギター上達 【10選】ゆずの簡単なギター曲を紹介(上達方法あり)

2 COMMENTS

ゆずっこ5年目

最近は赤色のチェリーサンバーストのGibson J-165Eも使用しています。多分、元は茶色のチェリーサンバーストのGibson J-165Eを購入して、赤色のチェリーサンバーストに塗装されたと思う。

返信する
もりそう

ゆずっこ5年目さん
コメントありがとうございます。
私も北川さんが、赤色のチェリーサンバーストを使用しているのは見ていたのですが、あのカラーは通常存在しないのでわからずにいました。
再塗装した可能性があるんですね。
情報ありがとうございます。
北川さんは所有本数が多すぎて、全数把握するのが難しいですよね…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です