【ナットソース 潤滑剤】チューニングが安定しない時に便利なBIGBENDをレビュー(使い方を解説)

BIG BENDS ナットソース

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

もりそう
もりそう

今回はナットの潤滑剤「BIG BENDS」を紹介するよ。

  • ナット潤滑剤の使い方を知りたい
  • Nut Sauce Lil-Luber について知りたい

ギターのチューニンングを行う際に「ピキッ」と音が鳴ることがあります。

原因はナットと弦の摩擦によって発生する音で、「チューニングが安定していない」ことを意味します。

今回の記事では、上記問題を解決してくれる「Nut Sauce Lil-Luber 」を紹介しています。

記事を読むことで、BIG BENDSのNut Sauce Lil-Luber の「使い方」「使用感」を知ることができます。

要確認

潤滑剤を使う大前提として、ナット自体が適正な状態であることが必要です。

悪い状態で使用しても“その場しのぎ”にしかなりません。

一度、楽器店でナットの状態を確認し、適正な状態にしてから使用してください。


Nut Sauce Lil-Luber の評価
使いやすさ
 (5)
効果
 (4)
価格(約1,300〜2,000円)
 (3)
総合評価
 (4)

メリット

  • 弦交換後のチューニングが安定する
  • 使い方が簡単

デメリット

  • 価格が高い

弦とナットが接触する部分に付けることで、摩擦が軽減されチューニングが安定します。

弦のゲージ(太さ)を変えた時に、弦とナットの溝が合っていない場合に発生することもあります。

近年はソロギタースタイルが人気で、変則チューニングを使う人が多いですが、チューニングを頻繁に変えることで、ナットへの負担は増します。

ちなみに、押尾コータローさんも本製品を使用しているようです。

ナット以外にも、トレモロアーム付きのギターやストリングガイドなど金属部品にも使うことができます。

エレキギターの場合はアコギよりアーミング・チョーキングを多用するので、潤滑剤を使うことで安定したチューニング・演奏が可能になります。

こんな人にオススメ

・チューニングを安定させたい人

Nut Sauce Lil-Luberの概要

効果:ナット潤滑
主原料:グラファイト&テフロン
容量:0.5cc
価格:約1,300〜2,000円
原産国:アメリカ

【容量】

容量は「0.5cc」で、数字だけ見るとすごく少ないですが、実際に塗るのはかなり微量です。

すぐに無くなる事はありません。

製品ラインナップとして、「1.5cc」と「6cc」の容量も販売していますが、その分価格も高くなります。

まずは一番少ない「0.5cc」で十分です。

Nut Sauce Lil-Luberの使い方

注意

潤滑剤を使用する時に、ヘッドや指板に付着しない様にしてください。

塗装面や指板を傷める原因になります。

準備(弦を外す)

弦を全て外した状態にします。

弦交換のタイミングで行うのがオススメです。

使用頻度は3回に1回の弦交換で十分効果を得られます。

潤滑剤を付ける

赤いキャップを外します。

キャップは小さいので、紛失しないように注意してください。

ナットの溝に先端を置きます。

注射器を使う時のように押し出します。

潤滑剤は液体ではないので、ゆっくり押せば出しすぎることはありません。

上の画像は出し過ぎです。

画像を見ると6弦、5弦の溝にグリスが乗っていますが、6弦の溝に微量で十分です。

もりそう
もりそう

とにかく出し過ぎには注意だよ。

潤滑剤を各溝に振り分ける

付属している棒の先端には、フワフワした毛のようか物が付いています。

これを使い、6弦の溝に置いた、潤滑剤を各弦の溝に振り分け塗っていきます。

出す量が心配だという人は、ナットに直接出さずに、潤滑剤を棒に少しだけ出して塗る方法もアリです。

完成
補足

ギターのナット幅によっては、棒の先端が入りません。
ちなみに今回試した私のギター(Martin D-28)では2弦と1弦が入りませんでした。

良いアイディアをお持ちの人は是非教えてください。

Nut Sauce Lil-Luberをレビュー

効果について

使用後は「ピキッ」という嫌な音が消えます。

確実に効果はありますが、どれくらいの期間、効果が維持するとは言えません。

弾く頻度、チューニングする回数によっても異なるからです。

目安は、3回に1回の弦交換で十分効果を得られと言われています。

チューニングをさらに安定させる

弦を交換した後は、チューニングが不安定になります。

The String Stretchaを使うことで、弦を引っ張り、安定したチューニングが行えます。

潤滑剤と合わせて使用してみてください。

不満点

価格が高いことです。

購入時は高いですが、微量を長期で使うので、実はお得という考えもできます。

要は考え様です。

他製品との比較

他メーカーのナット潤滑剤

ナット潤滑剤と呼ばれる製品は、それほど多くはありません。

今後、他の潤滑剤も試してみますが、どれを使用してもそこまで効果に大きな違いはないはずです。

もりそう
もりそう

迷ったら「BIG BENDS」を選べば間違いないよ。

一番有名で愛用者も多いからね。

まとめ

Nut Sauce Lil-Luber の評価
使いやすさ
 (5)
効果
 (4)
価格(約1,300〜2,000円)
 (3)
総合評価
 (4)

メリット

  • 弦交換後のチューニングが安定する
  • 使い方が簡単

デメリット

  • 価格が高い

弦とナットが接触する部分に付けることで、摩擦が軽減されチューニングが安定します。

弦のゲージ(太さ)を変えた時に、弦とナットの溝が合っていない場合に発生することもあります。

近年はソロギタースタイルが人気で、変則チューニングを使う人が多いですが、チューニングを頻繁に変えることで、ナットへの負担は増します。

ちなみに、押尾コータローさんも本製品を使用しているようです。

ナット以外にも、トレモロアーム付きのギターやストリングガイドなど金属部品にも使うことができます。

エレキギターの場合はアコギよりアーミング・チョーキングを多用するので、潤滑剤を使うことで安定したチューニング・演奏が可能になります。

こんな人にオススメ

・チューニングを安定させたい人

ストリング ストレッチャー  【チューニングが早く安定】The String Stretchaをレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です