ギター初心者にオススメのメンテナンス用品【5選】

ギターのメンテナンス道具

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

もりそう
もりそう

今回はギター初心者にオススメのメンテナンス用品を紹介するよ。

  • 初心者にオススメのメンテナンス用品を知りたい
  • メンテナンスに必要な物を知りたい


楽器店に行くと沢山のメンテナンス用品があり、初心者はどれを買えばいいか悩みます。

私は様々な製品を購入し試してきました。

今回の記事では、ギター初心者にオススメの「メンテナンス用品」5選を紹介しています。

記事を読むことで、「必要なメンテナンス用品」を知ることができ、初心者でもギターのお手入れをすることができます。


メンテナンスを行う理由
  • 自分が所有するギターを大切にすることで愛着が増す。
  • 普段からギターの状態を確認することで、異変にすぐに気が付くことがでる。
  • 演奏性を高めることができる。

良い演奏をするにはメンテナンスが欠かせません。

トラブルが発生したギターは演奏性が悪く、ギター初心者であれば挫折の原因になります。

もりそう
もりそう

メンテナンスを難しく考える必要はないよ。

ギタークロス

ギタークロス

ギタークロスを使う理由

効果
  • ギターの弦が長持ちする。
  • ボディや指板の汗・指紋を拭き取れる。
  • ボディを磨きキレイに保てる。

ギタークロスはメンテナンスを行う上で必須アイテムです。

メンテナンスを行う上でギタークロスに始まり、ギタークロスで終わると言っても過言ではありません。

安価なクロスは繊維が粗く、ボディにキズを付ける可能性があります。

できるだけ繊維が細かいクロスを使うのがオススメです。

繊維の細かさと価格は比例しています。

注意
もりそう
もりそう

汗を拭き取ったギタークロスを、同じギターケース内に入れるのはダメだよ。

拭き取った水分を、再び戻すことになります。

ギターケースに一緒に入れる場合は、めんどくさいですが、ジップロックなど密閉できる袋に入れると安心です。

オススメのギタークロス

MORRIS MCC-2の評価
繊維の細かさ
 (4)
汚れ落とし効果
 (4)
耐久性
 (5)
価格(約1,000円)
 (5)
総合評価
 (4.5)

メリット

  • 超極細の素材でポリッシュが無くても汚れが落ちる
  • どんな塗装にも使用できる
  • 何度も洗えて繰り返し使える
  • コスパ最強

デメリット

  • 生地がやや薄い
  • 色が濃いため、汚れが見えにくい

MCC-2の特徴は、2〜5ミクロン(人と髪の1/200の細さ)の超極細マイクロファイバーを使用している所です。

繊維が細かいことで、ギターに傷が付きにくく、小さな汚れも落とすことができます。

ラッカー・ポリエステル・オイルフィニッシュ塗装どれにでも使えます。

ポリッシュ・オイル類のノリも良いので、まさに万能ギタークロスです。

ギタークロスで迷ったら、MCC-2の一択でOKです。

ギタークロスの代用品

100均のメガネ拭きで代用できますが、サイズに注意してください。

サイズが小さと単純に作業効率が悪くなります。

指板オイル(オレンジオイル・レモンオイル)

指板オイルを使う理由

効果
  • 指板の割れ防止
  • ネックの反り防止
  • フレットの飛び出し防止
  • 演奏性の向上
  • 指板の汚れを落とし

アコースティックギターの指板は、塗装されていない製品がほとんどです。

湿度の影響を受けやすい箇所になります。

冬場は乾燥することで、「割れ」「ネック反り」「フレット飛び出し」などのトラブルが発生します。

トラブルが発生すると、弾きにくいため、挫折するリスクが高くなります。

指板オイルを使うことで防止することができます。

オススメの指板オイル

オレンジオイルの評価
汚れ落とし
 (3.5)
保湿効果
 (3.5)
使いやすさ
 (5)
価格(約1,200円)
 (4)
総合評価
 (4)

メリット

  • 天然のオレンジ成分とミネラル配合
  • 指板の汚れを落とし、保湿できる
  • ローズとエボニー指板に使用できる
  • レモンオイルより保湿効果が期待できる
  • 家具に使用できる

デメリット

  • メイプル指板には使用できない

指板オイルは沢山の種類がありますが、ハワードの「オレンジオイル」を選べば間違いありません。

元々、ギター専用オイルではありませんが、ベタ付きが少ないです。

家にある木工製品(テーブルやキャビネット)にも使用できるため、1本持っておくと便利です。

1本購入しておけば何年も使えます

レモンオイルとの違い
特徴

オレンジオイル
汚れ落とし効果(中)保湿効果(中)

レモンオイル
汚れ落とし効果(高)保湿効果(低)

オレンジオイルとよく比較されるのがレモンオイルです。

レモンオイルは保湿効果が低いとされているため、「レモンオイル+保湿オイル」の組み合わせで使うことが多いです。

製品によっては蜜蝋成分を含み、保湿効果が高い物もあります。

選ぶレモンオイルによって成分が異なるので注意してください。

ストリングワインダー

ストリングワインダーを使う理由

効果
  • 弦交換の時間を短縮できる。

ストリングワインダーは、ペグ回しとも呼ばれ、弦交換の時にペグを回す道具になります。

ギター初心者は弦交換が苦手な人が多く、「めんどくさいなぁ」と感じます。

ペグを手で回すより、圧倒的に早いため、少しでも弦交換を楽にできる製品です。

注意

便利な道具ですが、多少の傷(回し跡)が付く可能性があることを覚えておいてください。

オススメのストリングワインダー

ブリッジピン抜き
PWPW1 PEG WINDERの評価
使いやすさ
 (5)
価格(コスパ)約980円
 (5)
総合評価
 (5)

メリット

  • 回しやすい
  • ギターにキズが付きにくい
  • 価格が手頃

デメリット

  • 回した際に若干カチャカチャ音がする

PWPW1 PEG WINDERの特徴は「価格」と「品質」のバランスが絶妙な所です。

私自身、数百円のプラスチック製ワインダーを使ってきましたが、早くこちらに切り替えればよかったと感じています。

ブリッジピン抜き

ブリッジピン抜きを使う理由

効果
  • ブリッジピンを楽に抜ける。

ブリッジピンが抜けない時に便利なのが、ブリッジピン抜きです。

ほとんどの製品は「デコの原理」を使った物で、力がない女性や子供でも簡単に抜くことができます。

道具を使わない

傷が付かないのは、道具を使わないことです。

サウンドホールから手を入れて、ピンを下から押し、上でピンを同じくらいの力で引っ張ると外れやすいです。

それでも外れない場合にピン抜きを使ってみてください。

オススメのブリッジピン抜き

MN219の評価
使いやすさ
 (5)
傷付きにくさ
 (4)
価格(約1,100円)
 (4)
総合評価
 (5)

メリット

  • 傷が付きにくい素材
  • 2パターンの抜き方ができる
  • テコの原理を使えば力はいらない

デメリット

  • 価格がやや高い
  • ストラップ穴がない

MN219の特徴は、大部分がラバー素材で保護されているため、ギターに傷が付きにくいことです。

満足度が高いです。

補足

「ミュージックノマド」と「マーチン」がコラボした製品も販売されています。

カラーが異なるだけで、製品自体は同じですが、価格が少し高くなります。

参考価格:約1,650円

ギターポリッシュ

ギターポリッシュを使う理由

効果
  • ボディをキレイにできる。
  • ギタークロスだけでは落ちない汚れを落とせる。

ギターをキレイに保つことは、モチベーションにもつながります。

自分のギターがピカピカだとテンションが上がります。

少しでも気分を上げることで、挫折のリスクを下げることができます。

オススメのギターポリッシュ

Pro Formula Polishはプッシュ式(スプレー式)なので、手が汚れず、ベタつかないの特徴です。

演奏後に、サッと出して使えるので重宝します。

ポリッシュの中では定番中の定番で、ギタリスト、楽器店、工房の多くで使われています。

ポリッシュを使うには難しいイメージがありますが、ポイントさえ分かっていれば誰でも使えるのがPro Formula Polishです。

まとめ

メンテナンスを行う理由
  • 自分が所有するギターを大切にすることで愛着が増す。
  • 普段からギターの状態を確認することで、トラブル時にすぐに気が付くことがでる。
  • 演奏性を高めることができる。

良い演奏をするにはメンテナンスが欠かせません。

トラブルが発生したギターは演奏性が悪く、ギター初心者であれば挫折の原因になります。

もりそう
もりそう

メンテナンスは難しいように感じるけど、やってみるとそうでもないよ。

オススメのギタークロス オススメのギタークロス(ベスト3)【種類と選び方を解説】 ストリングワインダー 【ギターペグ回し】オススメのストリングワインダー(ベスト3) オススメのブリッジピン抜き ギター オススメのブリッジピン抜き(ベスト3)【抜けない時に便利】 演奏後のメンテナンス 【初心者必見】1分で出来る/アコギのメンテナンス方法を解説 オレンジオイル 【塗り方を解説】HOWARD オレンジオイルをレビュー(ギター指板の保湿と汚れ落とし) Ken Smithポリッシュ Ken Smith(ケンスミス) Pro Formula Polishをレビュー【使い方を解説】

2 COMMENTS

zizi

おはようございます!
思えばはじめて買ったメンテグッズがオレンジオイル、次がポリッシュ
そして、ティッシュやタオルでフキフキしてたのをやめてクロスを購入・・・
もう8年も前になるでしょうか、懐かしいziziヒストリーw
オレンジオイル、もう何本目かなあ
なかなか無くならないので、新しいオイルの封を切るのが妙に嬉しかったりしたなあ
読んでて、とても懐かしい気持ちになれました!!

返信する
もりそう

ziziさん
おはようございます。
ziziさんと全く同じです。
私は今でもティッシュ使ってしまうこともあります…
キレイなクロスがない…
ティッシュでいいや!みたいな(笑)
オレンジオイルも何年物か分からないくらい使ってます。
次から次へお新しいオイル系を購入してしまうので「使い切る」ということがないです(苦笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です