アコギの良い音とは?【価格の違い/国産と海外製の違い】

アコギのいい音

アコギの良い音とは?

アコギの良い音について考えてみよう

アコースティックギター
アコギの良い音ってなんだろ?

一度は考えたことないでしょうか!

結論
良い音=万人受けする音
良い音=自分の好みの音

初心者の方が勘違いしやすいのが以下になります。

高いギター=良い音
安いギター=悪い音

これは正解であり間違いです。

なぜか?

高いギターは良い材質を使い、作りが良いとされますが、良い音が出るとは限らないからです。

音の専門家は音の周波数を分析し、音が良いとされるデータを持っています。

しかし音の周波数が良くてもそれが多くの人を引きつけるとは限りません。

この記事でわかること

  • 価格で変わる音の違い
  • メーカーで変わる音の違い
記事を読む前に
正直、このテーマに「正解」「不正解」はありません。
あくまで私個人の考えです。
「こんな考えもあるのか!」程度に読んで頂き参考にしてみて下さい。

価格で変わる音の違い


わかりやすく以下で説明していきます。

・1万円のギター
・30万円のギター
・100万円のギター

1万円と30万円のギターの違い

違いはわかりやすいです。

いかに「材料費」「人件費」「広告費」を抑えたかの違いです。

例えば

  • ボディに使われる木は十分に乾燥していない物を使用している。
  • 通常は天然素材を加工して作る部品をプラスチックにして大量生産。
  • 部品の取り付けは流れ作業の中で取り付けるだけで微調整なし。
  • ベテラン職人とパートさんのレベルの違い。


5万円、15万円、30万となっても基本はギターを作るためのコストが大きく関係しています。

以上を考えれば価格と「音の鳴り」「ギターの価値」は比例すると考えるのが普通です。

30万円と100万円のギターの違い

ぶっちゃけ音に関してそこまで違いはない!

ポイント
そもそも音の違いを聞き比べられるだけの本数を弾いてないとわからない。

あとは人それぞれ好みの問題です。

30万円と100万円のギターはなぜこんなにも金額差が発生するのか?

音の違いとはちょっとズレますが確認してみましょう。

30万円と100万円の違い
30万円のギター100万円のギター
製作過程

量産モデル

量産モデルのため、メーカーによっては作業工程の中にアルバイト・パートさんが加わっているとか…
※あくまで噂です。

職人の手作り

個人ルシアーやメーカーの中でも選ばれた職人が1つ1つ手作りしている。
製作時間はかかるが、楽器のクオリティは高い。

材質

多く普及している天然素材

アコギに使われる材として多いのがマホガニーやローズウッドです。
材はどこで国・地域で取られたかによって価格が異なります。
30万前後のギターは流通の規制が緩いものが多いです。

希少価値が高い天然素材

30万円前後と同じマホガニー・ローズウッド系でも希少価値が高い物が多く、そこからさらに厳選された物を使います。
有名なのがブラジリアン・ローズウッドです。
ワシントン条約で規制されているため価格が高騰しています。

価格が高いギターはなぜ良い音がするのか?

各メーカーは木材にグレードを付けています。

マーチン(Martin)ではセンサーで判別して管理しているそうです。

判断基準は公開されていませんが、おそらく木材の「密度」「木目」などから分類していると考えられます。

グレードが高いものはマーチンの中で最高級「45シリーズ」に使われます。

作り手によっても大きく音は異なります。

マーチンのカスタムショップは一部の精鋭部隊が作っているためレギュラー品と比べて別格と言われます。

生産本数を増やすために効率を求めるのではなく、音の鳴りを追求するために手間のかかる製法をとっていることが多いです。

  • トップの厚みを薄くする。
  • 塗装の厚みを薄くする。
  • 天然素材のニカワで各部を接着する。

ポイント
価格が高いから良い音がするわけではありません。

希少価値の高い材を使い、メーカー、ルシアーがこだわって制作(手間をかけて)しているため価格が高くなっています。
結果、「素材」「作り」が良いので弾き込むことで良い音のギターになる可能性が高くなると言うことです。

MEMO
以前、マーチンからD-200 Deluxeというギターが販売されました。

50本のみ生産された限定品です。

価格は日本円で1700万円…

誰が買うんでしょう…

ではこのギターの音はいいのか?

この価格帯になると音どうのこうの言うより完全に「希少価値」の問題です。

参考 D-200 DeluxeGUITARS - Martin Club Japan

メーカーで変わる音の違い

比較

ギターを演奏する人にとって海外メーカーのギターは憧れます。

・マーチン(Martin)
・ギブソン(Gibson)
・テイラー(Taylor)
・コリングス(Collings)
・メイトン(Maton)
など

国産と海外メーカーの違い

国産と海外メーカー
国産海外
製品の品質

品質の高い製品

精度の高い技術で妥協を許さない日本人はキッチリしたギターを作ります。
そのため同じギターでも品質にバラツキがなく安心して購入できます。

バラツキがある製品

昔は国産と海外製で品質が全然違うとありました。
現在はそこまで差はないようですが、それでも国産より品質にバラツキがあるのも事実。

サウンド

キレイなサウンド

全てキッチリしているためサウンドも似たようなものになる傾向があります。
キレイな音は出ますが、言い方を変えると面白みがないサウンド。

良い意味でバラつくサウンド

国産のようにキレイな音を出す物もあれば、あれ?と思うような物まで個体差が激しいです。
“完璧な作りではない”からこそ生まれるサウンドもあります。

ぶっちゃけ国産ギターの方が「品質」は良いです。

※上記は純国産の場合で、国産メーカーでも制作拠点が海外だと話は別です。

ギターに限らず日本人の真面目で職人気質が作る“製品”は素晴らしい!

「国産メーカーでいいじゃん!」
って話になるわけですがギター好きの方は「品質」はそこまで求めません。

どちらかと言うと「自分好みの音」「他にはない独特の音」を優先します。

それが国産ギターなのか、海外のギターなのかは人それぞれです。

海外のギターを購入して品質が悪いギターに当たったら直せば良いだけですからね。

ポイント
究極を言えばアコースティックギターは大部分が「木」で出来ているため呼吸しています。
温度・湿度に影響されやすく、どんなに精巧に作ってもトラブルを起こす楽器です。

そして何より日本人は輸入品に弱いので海外ギターを買うのです(笑)

品質が悪いのに魅力あるギター

実例
メーカーではなく個人制作家の話です。

アメリカのギター個人製作家にジョン・グレーベンという方がいます。

日本のギタリスト押尾コータローさんがメインに使っているギターで有名です。

このメーカーは“作りが良くない”ことで有名です。

アメリカから日本に輸入されると「ギター内部のブレイシングが外れていた」というのはもはや当たりまえと言っていいほどあります。

※日本とアメリカでは気候が違うためトラブルが起きる原因でもあります。

そんなグレーベンギターは人気の物は100万円します。

ではなぜそんなトラブルが多いギターが人気なのか?

押尾コータローさんが使っていることで、同じギター・同じ音が欲しいというファンが多いこともあります。

実際、私もその一人です。

しかし、購入して1発目に弾いた音というのは今までに感じたことない衝撃を受けました。

言葉では表現できないですが…

低音から高音までバランスが良いかと言われるとそうとは言えない。

きっちり正しく、完璧に作られたギターが良い音を出すかは別の話です。

バランスは悪くても良い音と感じる人は沢山います。

そのため私と同じように何十万、何百万を払ってでも「あの人が作ったギターが欲しい」と言って多くの方が購入するわけです。

メーカーの順位付けは無意味


マーチン(Martin)は誰もが知るメーカーで、「キング・オブ・アコースティック・ギター」と呼ばれることがあります。

人はどうしてもなんでも順位付けしてしまう…

「このメーカーよりあのメーカーの方が音が良い」ということも多々あります。

実際、私がそうでした。

しかしギターを10何本も購入していくうちに考えが変わりました。

・安価なメーカーだから音が悪い
・高級メーカーだから音が良い

そんなことはない!
※極端に安いギターは除きます。

私が所有しているギターの中で一番高いのはマーチンのD-28カスタム(ハカランダ)

現在購入すると100万を超えるような仕様です。

逆に安いのはオークションで落とした5000円のギター

今ではそのバランスが悪いギターも「一つの個性」とし考えるようになりました。

これらがあって「良い音」が欲しいというより「色々な音のギター」が欲しいに変わりました。

結果、所有本数が10本を超えることに…

最後に

入門セットは挫折する理由

私が考える良い音とはそのギターのポテンシャルを最大に出した時の音

同じメーカー・同じモデル・同じ生産時期でも鳴りが全く異なります。

もちろん近いものもありますが、人と同じで同じ物はありません。

そのギターが本来持っている音を出すべく、セッティングしたり、自分の腕を磨くことが大事です。

とにかく色々なギターを弾いてみること!

MEMO
ブルースなどではよく「泥臭い音」が似合うと言われ、ギブソンの小型ギターなどが多く使われます。

一般的には偏った音ですが、ブルースを演奏するには「良い音」とされます。

このようにジャンルによっては「偏った音」=「良い音」とも言えます。

まとめ

  1. 良い音=万人受けする音
  2. 良い音=自分の好みの音
  3. 良い音=作りが良いとは限らない
  4. 価格と音は比例するが絶対ではない
  5. 良い音を出すにはギターを弾くこと



ギターが増える理由ギターを何本も買う理由価格と品質価格と品質は比例するのか?ブラジリアンローズウッド(ハカランダ)の魅力を語るGrevenGrevenギターについて考えてみる

2 COMMENTS

zizi

おはようございます!
このややこしいテーマに果敢に取り組まれた意気込みと、
かつここまでわかりやすくそして的確にまとめられた内容に、久々感動を覚えます
もう3度も読み返してしまいましたよ
もりそうさんのお考えも十分理解できましたし、大いに賛同もしています
心からの拍手を贈りたい、そんな気持ちです!

「良い音、良いギター」の見極めを曖昧に、困難にしていることには
いくつかの理由があると思います
しかし、それゆえに万人に共通した唯一無二の価値基準「価格」が
ギターの価値にすり替わってしまうことは、ある意味仕方が無く、
また一定の合理性もあることから否定も仕切れません
一切のしがらみなく「良いギター」を見極めるには
もりそうさんのおっしゃるとおり、「とにかく色々なギターを弾いてみること」で
自分の好み、演奏の方向性、プレイアビリティ等々の知見を積み重ね
確固たる「モノサシ」を自分の中に作り上げるしか手がないのです
しかし、いろんな環境面から、それが可能な人はほんの一握りなのもまた事実で
ネット情報、知人のお話、書籍、等々外部情報に頼らざるを得ないこともあるのですが
ギターという楽器に興味を持ち、目線が少しでも斜め上を向いたなら
今回のこの記事はそんな人への良き道しるべとなると思います!

さて、「良い音、良いギター」の見極めを曖昧にする要因は
プレイヤーの段階に応じて考えた方がわかりやすいかも知れません

■モノサシがはっきりしていない段階
①「ギターを悪く言うショップや売り手は存在しない」
 激鳴り、オールマイティ、ピアノサウンド、フィンガーピッカーに最適
 ・・・ギターのサウンドの表現は書き手によって様々ですが
 共通するのは「褒め言葉」であることです
 どんなギターも同様に褒めちぎられていたのでは何が本当に良いのか
 分かるはずも無し、ですね
②動画や音源で聴くギターの音はギターの性能より奏者の技量の影響が大きい
 ギターの紹介動画等で「おお~この音好きだわー」というのは
 とても重要な耳の肥やしですが、奏者の技量によっては
 どんなギターも良い音になってしまうことは、少しやっかいですw
 もちろん録音機材やエフェクトの有無も影響する・・・
 そんな諸々を踏まえて聴くのは、ギターに興味を持ったばかりの段階では
 難しいかも知れません
③情報過多&人によって価値観や表現が異なることに振り回される
 「すっげ~のよこのギター!」・・・でもモノサシは人の数だけ存在します
 その雑多な情報を処理しきれずに迷路に、というのもよくあることです

■モノサシがある程度出来上がった段階
①弾くときと聴くときの違いに戸惑う
 プレイヤーのモノサシは、音の立ち上がりやボディから伝わる振動、
 また、弦による音の異なりなど弾き手にしか分からない情報も含めて
 そして、何より弾き手に届く音に基づいて出来上がっていきます
 しかしそれら全部が聞き手に伝わるわけではなく
 「この音良いだろ~」って意気込んで聴いてもらっても
 聞き手は置いてけぼり・・・ってこともよくあることですが
 これは、自分のモノサシへの信頼が揺らぐ瞬間ですね
②「好み」もまたうつろう・・・
 自分のモノサシは「好み」の産物、でも、
 好みが一生変わらないって保証もない、演奏のジャンルも変わるかも知れない
 良い音、良いギターの基準もそのたびに微修正され続けていく・・・
 そして良い音、良いギターを一言で言い表すのが難しくなる・・んですね
③環境で変わるギターの音
 まあ一番は湿度でしょうけど、同じギターでもずっと同じ音ではないことも
 「良いギター」の判断が曖昧になる一因かも知れません
 もちろん「いつも変わらない音」が良いギターとも言い切れず
 「調子良いときはなんとも言えない良い響きが出る」というのを
 最高って感じるかもしれません
④弾き込みとセッティングで変わるギターの音
 もりそうさんも書いておられますが「良い音を出すにはギターを弾くこと」
 その通りだと思います、そしてそれも、
 「たった1本のギターであってもその善し悪しを一言では言えない」ことの
 一つの要因なのでしょう

お話が長くなりましたが
これも今回の記事に大いに触発されたということでお許しいただければと(笑)
ちなみに、私の手持ちで感動するほどの音というのを
ソロギター目線で一つあげるとすれば、それはグレーベンです
どこが?というのはそれこそ一言では・・(笑)
しかし、単音だけで自分をしあわせにしてくれるギターです

長文失礼いたしました!!!!

返信する
もりそう

ziziさん
一つの記事ができるボリュームのコメントで、ziziさんからのお褒めの言葉はとても嬉しいものがあります。(^_^)
ありがとございます!

さて内容ですが、以前、弦を緩める、緩めない記事を書いた時同様に正解の無いテーマは本当に難しいものがありました。
文字だけでどこまで伝えられるか不安でしたが、なんとかまとまったと思います。

自分の中での「モノサシ」を作る

まさにその通りですね!
その表現は自分にはできなかったです。
とてもわかりやすい(^^)

私の記事に不足している部分を補ってくれる内容感謝です。
この記事・コメントを読んで頂き誰かの役に立てばいいなぉと思っています。

最後に…
やっぱりグレーベンなんですね(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です