ギター選び方のポイントとは?

ギターの選び方

ギターの選び方

はじめに

ギターって難しい!
と諦めてる人も多々いるかと思います。

これからギターを始めたい方や初心者の方に少しでも参考になればと思います。

今回はアコースティックギターのみ書きます。
エレキはあまり詳しくないので…

デザイン


私が最初に購入したのはYAMAHAのFG-522SJ(約3万5000円)でした。

ゆずが好きだったので価格というよりは同じデザインの物が欲しくて買いました。

このギターが10万だとしてもこれを買っていたと思います。

ポイント
ギターを始めたいという人は必ず好きなアーティストがいるはずです。

その人と同じモデルを購入すればやる気が上がり、挫折する確率はグッと減ると思います。

やはり見た目はとても大事です!

予算


安いものだと1万円以下で買えますがオススメしません!

やはり安物は作りが雑だったりします。

個人的には3万〜6万円代だとある程度しっかりした作りで音もキレイな物が手に入るかと思います。

新品or中古


どっちがいいとかはないです。

中古でも良い物はたくさんあります。

メリット

新品では買えないけど、中古ならワンランク上のギターが選択できます。

デメリット

中古を買うにあたっては注意が必要です。

それは消耗部品が交換間近であること。

またいわゆるヴィンテージと呼ばれるものは状態がよくても、必ずどこ不具合がある場合があると考えてください。

できればギターに詳しい方に相談してからの方がいいでしょう!

メーカー


アコギにはたくさんのメーカーがあります。

主なもの
・Martin
・Gibson
・Tylar
・Guild
・Ovation
・Epiphone
・YAMAHA
・Morris
・K.yairi
・S.yairi

一度は聞いたことあるのではないでしょうか?

他にも個人ルシアーなど様々あります。

では、どのメーカーがいいのでしょうか?

人それぞれです。
いわゆる高級ギターと呼ばれるギターよりは低価格で作りがしっかりしているメーカーが良いかと思います。

この中でいうとYAMAHA、K.yairi あたりです。
YAMAHAは国産メーカーですが、低価格モデルは海外生産となっています。

タイ、台湾あたりが多いかと思いますが、それでも作りは丁寧です。

K.yairiは純国産製で作りの良さにはかなりの定評があります。

ボディの作り

Dタイプ

ドレッドノートと呼ばるもの。

ボディが厚く、大きいので低音から高音までバランスがよく音量もあります。

しかしボディサイズが大きいのでお子さんや女性には扱いにくいかもしれません。

有名人だとmiwaさんやAKB48.NMB48の山本彩さんなども使用しているのでダメではないです。

OOOタイプ

有名なのはエリック・クラプンですね!

ボディが小さく、薄いので抱えやすいです!
ネックのスケールが短いので弦の張りもDタイプから比べると緩いです。
お子さんや女性は弾きやすいと思います。

OM サイズ

DタイプとOOOサイズの中間です。

ボディは小さいですが、ネックスケールはDタイプと同じなので張りがある音がでます。

合板・単板


安いギターはほぼ合板です。

合板とはその名と通り数枚の板を重ね合わせて作られています。

頑丈だが音の伝わりはイマイチとされます。

逆に単板は一枚板で出来ています。
単板の方が振動が伝わりやすく、いい音がするとされていますが、耐久性は合板よりないです。

最近はトップだけ単板でサイド・バックだけ合板というギターも増えています。
初心者の方はあまり気にしない方がいいでしょう!

材質


アコースティックギターは特にギターの材によってかなり音に違いがでます。

しかし、初心者の方はまずは気にしない方がいいです。

おそらく音の違いがわからないと思います。

まずは材質は無視しましょう!

エレアコは必要か?

今後ライブしたいと言う方は最初から付いているモデルをオススメします。

途中から取り付けると、部品代、ギター加工代がかかるからです。

現在は低価格モデルでも初期搭載している物もあるのでチェックしてみてください。
YAMAHA、TAKAMINE など

結論

ポイント
自分が一番欲しいギターを買うこと!
多少高くても自分が気に入った物であれば飽きずに続くはずです。
私の友達は1万円のセットを購入してすぐ辞めてしまいました。

あまりに安い物を買うとこういう結果になりやすいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です