Ken Smith(ケンスミス)CLASSIC WAX POLISHをレビュー【使い方を解説】

Ken Smithポリッシュ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

もりそう
もりそう

今回はKen Smith「CLASSIC WAX POLISH」を紹介するよ。

  • CLASSIC WAX POLISHの使い方を知りたい
  • CLASSIC WAX POLISHの効果を知りたい

ギターの指板は、乾燥すると割れることがあるため、定期的に保湿することが大切です。

私はこれまで、オレンジオイル・レモンオイルなど10種類以上のオイルを試しました。

今回の記事では、CLASSIC WAX POLISHを紹介しています。

記事を読むことで、CLASSIC WAX POLISHの特徴を知ることができ、初心者でも安心して使えるようになります。


CLASSIC WAX POLISHの評価
汚れ落とし
 (5)
保湿効果
 (5)
使いやすさ
 (5)
価格(約1,000〜2,000円)
 (3)
総合評価
 (4.5)

メリット

  • 蜜蝋、レモンオイル、数種類の天然オイルを配合
  • ボディの艶出し
  • 指板の汚れを落とし、保湿できる
  • ローズとエボニー指板に使用できる
  • ベタつかない

デメリット

  • メイプル指板には使用できない

Ken Smithの大人気ポリッシュです。

製品名はポリッシュとなっていますが、レモンオイルと思ってください。

レモンオイル系は、汚れ落とし効果が高く、保湿効果が低いとされています。

CLASSIC WAX POLISHは蜜蝋成分が入っているため、保湿効果が高いのが特徴です。

中身はドロッとしたオイルですが、ベタつきもなく、サラッとした仕上がるのも人気の理由です。

こんな人にオススメ

・指板とボディのメンテナンスをしたい人

・「汚れ落とし」と「保湿」を同時に行いたい人

CLASSIC WAX POLISHの使い方

使用前の確認

使える場所(指板):ローズウッド、エボニー

使える場所(ボディ):オイルフィニッシュ、ナチュラルフィニッシュ

使えない場所:メイプル指板

クロスの準備

ギタークロスは「オイルで拭く用」「拭き取り用」2枚準備してください。

1枚のクロスで行うと、オイルが付いた面で、乾拭きしてしまう可能性があるからです。

今回は以下のギタークロスを使用しています。

オイルで拭く用「PLAYTECH PTC30

拭き取り用「MORRIS MCC-2

もりそう
もりそう

PLAYTECHのPTC30は約220円で購入できるから、かなりコスパが良いよ。

MEMO

ギタークロスを2枚持っていない場合は、ティッシュでも代用できます。

ギターの準備

CLASSIC WAX POLISHを使う時は、弦を外した状態にしてください。

ネックスタンドを使うと、ギターが安定するのでオススメです。

今回は「HERCULES HA206」使用しています。

乾拭き

オイルを使う前に、軽くでいいので指板を乾拭きします。

クロスにオイルを出す

CLASSIC WAX POLISHはドロッと大量に出てくることがあります。

出し過ぎ注意です。

オイルをクロスに出さずに、直接指板に落とす人もいますが、やめてください。

指板が水分を含みすぎてしまい、「ネックが反る」「フレット浮き」の原因になります。

必ずクロスに落として使用してください。

本番

オイルを塗る場合は、いくつかのブロックに分け、クロスの面を変えて拭いていくのがオススメです。

理由は、同じ面で拭き続けると、蓄積した汚れを、引きずっていくことになるからです。

明確な決まりはないので、自分の中でブロック分けしてみてください。

前工程で決めたブロック内を拭いていきます。

オイルが足りない時は、追加して拭いていきます。

指板の色が変わっているのがわかります。

ブリッジも塗装されていない場合が多いので、拭いていきます。

染み込ませる

1フレットから最後のフレットまで、拭き終わったら15分程度待って、オイルを浸透させます。

余分なオイルを拭き取る
完成

CLASSIC WAX POLISHをレビュー

効果

指板にオイルが染み込んで潤うと言うよりは、表面に膜を張るコーティング剤です。

レモンオイルはすぐに乾きやすい印象がありますが、蜜蝋成分が入っていることで、長い保湿効果が得られます。

オレンジオイルと合わせて使う人も多いです。

オレンジオイルを浸透させ、CLASSIC WAX POLISHで蓋をするイメージです。

使いやすさ

中身のドロッとした見た目とは違い、仕上がりがとてもサラサラで良いです。

浸透させるために時間を置き、拭き取る作業の時点でベタつきが少ないです。

レモンオイルの中には、香りが強すぎる製品もありますが、CLASSIC WAX POLISHは嫌な香りはしません。

以上を考えると、非常に使いやすい製品だと言えます。

不満点

長期間、使用しないと中身が半固形になることがあります。

綿棒などを使い、かき回すことが必要です。

他製品との比較

Ken Smith製品の比較

CLASSIC WAX POLISHPRO FORMULA POLISH 
汚れ落としありあり
保湿効果ありなし
使用箇所指板とボディボディ
価格
(コスパ)
1,000〜2,000円約1,000円
販売サイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
※横にスクロールできます

使える箇所が異なるので注意してください。


他のレモンオイルと比較

1位2位3位

F.C.G.R

Ken Smith

D’Addario
汚れ落とし
保湿効果
内容量60ml60ml59ml
価格
(コスパ)
1,000
(1mlあたり約17円)
※約1,000円
(1mlあたり約17円)
約1,000円
(1mlあたり約17円)
評価
販売サイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
※横にスクロールできます
注意

※Ken Smithは最安値の価格を表示しています。

ショップによって価格差(1,000〜2,000円)があります。

レモンオイル系は、汚れ落とし効果が高く、保湿効果が低いとされています。

F.C.G.RとKen Smithの製品は蜜蝋成分が入っていることで、高い保湿効果を得られます。

両方使った感想としては、ほぼ同じです。

F.C.G.Rは日本製で、生産が追いついていないのか、品切れしていることが多いように見受けられます。

Ken Smithの方が安定して供給されているため、手に入れやすいです。

まとめ

CLASSIC WAX POLISHの評価
汚れ落とし
 (5)
保湿効果
 (5)
使いやすさ
 (5)
価格(約1,000〜2,000円)
 (3)
総合評価
 (4.5)

メリット

  • 蜜蝋、レモンオイル、数種類の天然オイルを配合
  • 指板の汚れを落とし、保湿できる
  • 艶出し効果がある
  • ローズとエボニー指板に使用できる
  • ベタつかない

デメリット

  • メイプル指板には使用できない

Ken Smithの大人気ポリッシュです。

製品名はポリッシュとなっていますが、レモンオイルと思ってください。

レモンオイル系は、汚れ落とし効果が高く、保湿効果が低いとされています。

CLASSIC WAX POLISHは蜜蝋成分が入っているため、保湿効果が高いのが特徴です。

中身はドロッとしたオイルですが、ベタつきもなく、サラッとした仕上がるのも人気の理由です。

こんな人にオススメ

・指板とボディのメンテナンスをしたい人

・「汚れ落とし」と「保湿」を同時に行いたい人

オススメのレモンオイル オススメのレモンオイル ベスト3【使い方と各メーカー比較】 Ken Smithポリッシュ Ken Smith(ケンスミス) Pro Formula Polishをレビュー【使い方を解説】 オススメのギタークロス オススメのギタークロス(ベスト3)【種類と選び方を解説】 オススメのギターネックスタンド【ベスト3】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です