ギター弦の張替え【ダダリオ/ヘッドスタンド」をレビュー

ネックスタンド

ダダリオ/ヘッドスタンドをレビュー【弦の張替え時に活躍】

ダダリオ/ヘッドスタンド


今回はギター弦の張替え時に役に立つ便利アイテム「ダダリオのヘッドスタンド(HEADSTAND)」を紹介します。

※ネックスタンドとも言ったりします。

ギターの弦交換を行う際にヘッド部・ネック部を支えることができる便利アイテムです。

このアイテムを知ったきっかけがDEPAPEPEの徳岡さんでした。

徳岡さんのTwitterを見ているとたまに弦交換の写真がアップされるのですが、その際にこのアイテムを使っていました。

プロの方も使用しているアイテムです。

この記事でわかること

  • ダダリオ/ネックスタンドの特徴
  • ダダリオ/ネックスタンドのレビュー

ダダリオ/ヘッドスタンドの基本情報



素材:プラスチック
形状:折りたたみ式
重さ:43g
価格:1000〜1800円

作りは単純で安っぽさを感じます。

内側が空で軽量化してあるため凄く軽いです。

※重さの目安としてチューブ式の「わさび」「からし」が約40gのようです。
それくらい軽い!

ネットショップと実店舗ではだいぶ価格差があります。

実店舗は1800円前後で売っている所が多いので、この単純なプラスチック製品にそこまで出すかと少し悩みます。

購入するのであれば「サウンドハウス」がオススメです。

ネットショップの中ではかなり安く販売しています。

ダダリオ/ヘッドスタンドの使用感を語る

持ち運び

ダダリオ/ヘッドスタンドの最大の魅力は重量が軽く、折りたたみできるので持ち運びに最適なこと。

外出先で弦を張替えするときのためにバックに入れておくと役に立ちます。

持ち運び性はパーフェクト!

安価なアイテムなので壊れたり、無くしてもそこまで損失感はないです。

安定感

構造は3点で支えられているので自立します。

各接地部分には滑り止めが付いているため多少のグリップ力が働きます。

ギターを乗せてみます。

ボディの浮き上がりはそれほどありません。

作業しやすい高さです。

ネックスタンドと呼ばれるアイテムは他のメーカーから販売されていますが、高さを調整できる物が多いです。

今回紹介しているダダリオ/ヘッドスタンドに関しては高さ調整ができません。

あくまで“簡易アイテム”として考えてください。


素材が軽いヘッドスタンドに重いギターを乗せると倒れないの?

意外と倒れない
滑り止め付きの効果は高いです。
しかし使用する場合はギターネックやフレットあたりを軽く押さえる事をオススメします。


ギター接触部

ネックをのせる部分はギターと完全にフィットするわけではありません。

とりあえず“乗ってる”と言った感じです。

ネックに触れる滑り止めは素材がゴムになるため長時間触れると塗装を傷めます。

ラッカー塗装とは?
正式名称:ニトロセルロースラッカー
特徴として塗装が薄いので音の鳴りが良いとされます。
手間がかかるためいわゆる高級ギターに使われることが多いです。
経年変化で塗装に割れが入るウェザーチェックが良い味を出します。
しかしとてもデリケートな塗装のため取り扱いが難しいとされます。
温度・湿度などで白濁したり、ゴムと化学反応を起こしゴム焼け(黒くなる)することがあります。

低度ならヤスリで削って磨けば対処できますが、重度になると素人では手が出せなくなります。

以上のことを考えると同じ現象がヘッドスタンドを使用した場合起こると考えられます。

自己責任
メーカーサイトや販売サイトには注意書きは無かったので化学反応が起こるかは不明ですが、頭の片隅に覚えておいてください。
そもそもヘッドスタンドに長時間置くことはないのでそこまで考えることもありません。

使用者の声(口コミ)


良い口コミ
・この価格でこの便利さなら十分
・確実に作業性は向上する
・コンパクトで使いやすい
悪い口コミ
・フレットを磨く場合など力を入れると不安定

力を入れて作業するには不向きなのは確かです。

私はダダリオのヘッドスタンド以外に「ミュージック・ノマド」「ハーキュレス」の物も使用しています。

こちらのアイテムは力を入れても安定する強度があります。

※レビュー記事もあるので参考にしてください。

最後に

今回は「ダダリオのヘッドスタンド(HEADSTAND)」を紹介しました。

ポイント
ギターを続けていく上で避けては通れないのが弦交換です。

弦交換がめんどくさいと感じる方は多いです。

ヘッドスタンドを使うことで“めんどくさい”を緩和できるため使う価値はあります。

ヘッドスタンド/ネックスタンドは各メーカー特徴があるため“絶対コレが良い”というのはありません。

自分にあったネックスタンドを使って快適に弦交換してみてください。

まとめ

  1. とにかく軽いので持ち運びに便利
  2. 外出先で弦交換が快適に行える
  3. プロのギタリストも愛用するアイテム
  4. フレット磨きなど力を入れる作業は不向き
  5. ラッカー塗装のギターは注意




ネックスタンドミュージックノマド(MUSIC NOMAD)/ネックサポート(MN206)をレビューハーキュレスハーキュレス/ネックスタンドをレビュー【HERCULES】ミュージック・ノマド/ワークマットミュージック・ノマド/ワークマット(MUSIC NOMAD)

2 COMMENTS

zizi

こんばんは~

弦交換の省力化は永遠のテーマですねw
僕は弦外しからネック&ボディのお手入れ、ブリッジに新弦装着までは、いすに腰掛けた状態の「お膝の上」で、
それ以降、ペグポストへのまき付けと巻き上げはギタースタンドに立てた状態でやってしまいます
なので、弦交換に関しては、このヘッドスタンドは不要なんですが、ピックアップの脱着とかの作業になると、ギターを安定させるために欲しいなあとずっと昔から思ってた商品でもあります
最近はもう下にタオル敷くくらいで作業することもおおいですが、今でも興味あります

返信する
もりそう

ziziさん
こんばんは!
確かに永遠のテーマですね(笑)
ziziさんの「ギタースタンドに立てかけて交換」というのは個人的に新しいです!
面白い…
今度やってみようと思います(^_^)
何か敷いて交換するというのは実はもっとも一般的で一番準備が楽でいいのかもしれませんね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です