【ミュージックノマド/MN219】ブリッジピン抜きをレビュー

ゆかめろ
ゆかめろ

弦交換時に弦を留めているピンが抜けなくて困ってるんだけど?

もりそう
もりそう

そんな時はブリッジピン抜きを使うといいよ。
ミュージックノマドの「MN219」がオススメ。

  • 弦交換時にピンを楽に抜きたい
  • 使いやすいピン抜きを知りたい
  • MN219の特徴を知りたい

弦交換時にブリッジピンが抜けなくて、困ることが多々あります。

私はこれまで5種類の製品を試しました。

今回の記事では実際に使用したミュージックノマド「MN219」を紹介しています。

記事を読むことで、「MN219」の特徴・使い方を知ることができます。


MN219の評価
使いやすさ
 (5)
傷付きにくさ
 (4)
価格(約1100円)
 (4)
総合評価
 (5)

メリット

  • 傷が付きにくい素材
  • 2パターンの抜き方ができる
  • テコの原理を使えば力はいらない

デメリット

  • 価格がやや高い
  • ストラップ穴がない

MN219の特徴は、大部分がラバー素材で保護されているため、ギターに傷が付きにくいことです。

注意

他のブリッジピン抜きと同様に、ブリッジピンが接触する部分は「プラスチック製」です。

100%傷が付かないということはありません。
他の部分が「ラバー素材」ということで、テコの原理を使用した時に、ギター本体に傷が付きにくいということになります。

ブリッジピン抜きは、2種類に分けられます。

・力で抜くタイプ
・テコの原理で抜くタイプ

現在、販売されているブリッジピン抜きの中で、「MN219」だけが両方の抜き方ができます。

特にテコの原理を使えば、力入らず簡単にピンが抜けます。

感動するレベルです。

こんな人にオススメ

・ピン抜きを購入検討している全ての人

・ギターに傷が付くのが心配で、これまでピン抜きを敬遠していた人

・ギター好きへのプレゼントを考えている人

補足

「ミュージックノマド」と「マーチン」がコラボした製品も販売されています。

カラーが異なるだけで、製品自体は同じですが、価格が少し高くなります。

参考価格:約1650円

MN219の概要

メーカーサイトより引用

革新的デザインのブリッジピン抜き
革新的なデザインの簡単に、安全にブリッジピンを抜くことができるブリッジピン抜きです。
ピンに差し込み、スライドさせて固定し、まっすぐ引き上げる、もしくはカーブを利用して手前に傾けることで、簡単にピンを抜けます。
人間工学に基づく、ラバーコートされたグリップデザインは片手で使用可能。
ラバーコート、金属パーツ不使用で、本体やブリッジピンを傷つけにくい構造です。

主な特徴
◆ 革新的なアコースティックギター用ブリッジピン抜き。

◆ 固定し引き上げるだけでなく、カーブを利用して傾けることでもピン抜きが可能。

◆ 人間工学に基づく設計で、片手で使用可能。

◆ ラバーコート、金属パーツ不使用で、本体やブリッジピンを傷つけにくい

引用元:MN219

メーカー:ミュージックノマド
用途:ブリッジピン抜き
対応楽器:アコースティックギター
重さ:19g

MN219の使い方

持ち方(持つ向き)

画像にあるように「MUSIC NOMAD」が、左から読める向きで持ちます。

MN219の溝にピンを入れる

溝の先から入れてやります。

ブリッジピンが溝に入っているのが確認できます。

抜く準備

MN219を見るとハート型のような形状になっています。

この部分を「人差し指」と「中指」で挟みます。

抜き方

メーカーでは2パターンの抜き方を紹介しています。

①力で抜く方法

力を入れて、真上に抜くだけです。

もりそう
もりそう

①の方法は女性や子供によっては、抜きにくいことがあるよ。

②テコの原理で抜く方法(オススメ)

本体形状のカーブを利用したやり方(テコの原理)は、力を必要としないのでオススメです。

画像にある矢印の方向へ動かします。

すると「MN219」の一部突起している部分が、ブリッジに接触してテコの原理が働きます。

抜き取り完了

MN219をレビュー

使いやすさ

「MN219」は2パターンの抜き方があるため、好みによって使い分けできるのが良いです。

ハート型の形状が指にフィットするため、とにかく持ちやすいです。

テコの原理は「感動するレベル」で、簡単にブリッジピンが抜けます。

ブリッジピンに傷が付く理由

※上記画像「MN219」の黒部分はプラスチック製です。

MN219に限らず、ブリッジピン抜きは便利な反面、ギターに傷が付きやすいことから敬遠している人も多いです。

なぜ傷が付くかというと、ブリッジピン抜きの素材にあります。

多くのブリッジピン抜きは、ブリッジピンと接触する部分がプラスチック製で硬いです。

特にブリッジピンが天然素材(柔らかい)の場合は、傷が付きやすいことになります。

代表的なのが「エボニー」です。

傷が付くというより、削れます。

不満点

使用上の不満点はありません。

小さなことを言えば、キーホルダーやストラップを付ける穴がないため、持ち出す際に紛失する可能性が高いことです。

他製品との比較

MN219

KH-30

素材の違い

ラバー素材

ブリッジピンが触れる部分はプラスチック製ですが、他の部分がラバーで覆われています。
テコの原理が働く時にギターに傷が付きにくいです。

プラスチック素材

全てがプラスチック製なので、テコの原理が働く時にブリッジに傷が付きやすいです。

価格の違い

高い

参考価格
約1100円
ブリッジピン抜きの中では高め

安い

参考価格
約550円

テコの原理を利用するブリッジピン抜きは、他にピックボーイ/KH-30があります。

私は以前まで、ピックボーイ「KH-30」を使用していましたが、ミュージックノマド「MN219」を使用してからは「KH-30」には戻れません。

それほど「MN219」はよく考えられた良い製品です。

まとめ

MN219の評価
使いやすさ
 (5)
傷付きにくさ
 (4)
価格(約1100円)
 (4)
総合評価
 (5)

メリット

  • 傷が付きにくい素材
  • 2パターンの抜き方ができる
  • テコの原理を使えば力はいらない

デメリット

  • 価格がやや高い
  • ストラップ穴がない

今回はミュージックノマドのブリッジピン抜き「MN219」を紹介しました。

ギターの弦交換が苦手という初心者は多いです。

「巻き方がわからない」というのはもちろんですが、「ブリッジピンが抜けない」という悩みも多いです。

「MN219」のテコの原理を使うことで、力いらずで簡単に抜けます。

こんな人にオススメ

・ピン抜きを購入検討している全ての人

・ギターに傷が付くのが心配で、これまでピン抜きを敬遠していた人

・ギター好きへのプレゼントを考えている人

もりそう
もりそう

ピン抜きはミュージックノマドの「MN219」一択でOK。
他のブリッジピン抜きより価格は高いけど、傷は付きにくいし、弦交換が楽になるよ。

補足

「ミュージックノマド」と「マーチン」がコラボした製品も販売されています。

カラーが異なるだけで、製品自体は同じですが、価格が少し高くなります。

参考価格:約1650円

ギター/オススメのブリッジピン抜き(ベスト3)【抜けない時に便利】

2 COMMENTS

zizi

もりそうさん、こんにちは

いや~~やられました(笑)
なんと僕の方も次回記事なんです
でも使いやすいていう点では一致でございます

返信する
もりそう

ziziさん

こんにちは!
そうなんですね(笑)
ziziさん目線の記事も読んでみたいです。
楽しみにしています^ ^

返信する

もりそう へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です